スピーキング

英文法を学習する際の最も効率の良い勉強方法を紹介

英文法を学習する際の最も効率の良い勉強方法を紹介

英文法を習得する際に効率の良い勉強方法とは


私たち日本人は、義務教育期間の中で、英語学習にかなりの時間を充てています。
一般的に、日本人のリーディングと文法に関する知識は、かなり高いと思います。

学校で行われている英語の学習は、教科書主体のリーディングと、文法が主な重要点として扱われていて
成績を決めるテストでは、単語力、文法力、英文の読解力が高得点を取る鍵になっていると思います。

しかし、逆に、このような学習スタイルに慣れてしまっている日本人は
英語を学習する際にも、まず文法と単語を教科書で、暗記して学習しようとする傾向があります。




英文法を学習する際の最も効率の良い勉強方法を紹介英文法を学習する際の最も効率の良い勉強方法を紹介



体に残す英文法の学習方法



英語力は、自分の知識・記憶に残しておくだけでは、当然意味がありません。
特に、TOEIC向きのテスト対策として、覚えた英語では、テストが終了したら忘れてしまう可能性もあるでしょう。

英語習得の中で、一番の目標は、自分の中に蓄えた、英語の知識が、”英語というツールとして、どのくらい使えるのか?”
これが最も重要な目標ではないでしょうか。

その為には、英文法を勉強する際にも、実際の文章でスピーキングしながら覚えると効果的です。
英語は、テクニックのようなものですから、スポーツと同様で使う事によって磨かれていきます。

それには、とにかく繰り返して、無理やりにでも同じ文章を使って練習する必要があるでしょう。
特に、日常会話に出てくるような、例文から文法を習得したり、自分が使いそうな文章に自分が覚えたい文法を入れて
何度も、話してみることも効果的だと思います。その際には、その文章が、セリフとしてインプットされるくらいに、繰り返して練習して下さい。

※ポイントとしては、自分が繰りかえして練習する回数を10回と決めているなら、この5倍以上の50回以上を目安に練習して下さい。
 繰り返せば、繰り返すほどに、そのフレーズや文章が自然と口から出て、ネイティブとの会話の際にも、スムーズに出てくると思います






当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。