コミュニケーション

海外旅行での英語力(トラベル英会話)はどのくらい必要ですか?:海外旅行において英会話のフレーズを考える

海外旅行での英語力(トラベル英会話)

海外旅行での英語力(トラベル英会話)はどのくらい必要ですか?



海外旅行の種類(バックパッカー系、ツアー系など)にもよりますが、正直に言ってしまうと英語力ゼロの状態であっても海外旅行は出来ると思いますし、それなりの経験も出来ると思います。

しかし、英会話が出来ない状態で海外に行った場合、本来ならもっと楽しめるはずである、旅行の面白さや、特別な経験をする機会を逃してしまうでしょう。


海外旅行で英会話をする際、ベーシックな英語フレーズが言えて理解できれば、旅行はとてもスムーズになり、楽しい経験が沢山出来ると思います。

海外旅行の楽しさは、何も観光名所などを回った観光スポットめぐりだけではなく、実際に地元のネイティブスピーカーの人達と話したり、または友達を作ったり、地元のカルチャーに参加したりする事だと思います。


海外旅行での英語力(トラベル英会話)海外旅行での英語力(トラベル英会話)




海外旅行の簡単英会話フレーズ紹介



あなたが、もし海外旅行先で友人を作りたくないと思った場合でも、海外旅行に行った際には、地元の人達とコミュニケーションしなければならないシチュエーションで出てきます。

空港でイミグレーションの人と話さなくてはなりませんし、ホテルの受付の人と話す必要がありますし、レストランのウェーターとも話す必要が出てくるでしょう。買い物に行けばコンビニのレジの人とも話す必要が出てくるでしょう。

海外で、日本語の話す外国人は、とても珍しいので、日本語は絶対に通じないと考えてた方がいいでしょう。
(海外でも、日系のショップやレストランなどでは日本語も通じると思います。)



シチュエーション別・海外旅行英会話フレーズ



とりあえず、英会話を行うシーンとして以下のシチュエーションで考えてみましょう。


  • 空港のイミグレーション
  • タクシー
  • ホテル
  • レストラン・バー
  • 買い物
  • 道迷う時
  • 交通(バス・電車)
  • トラブルの時(忘れ物、物が盗まれるなど)


上記のシチュエーションさえマスターしてしまえば、一週間の海外旅行で使う英語としては十分だと思います。そして、フレーズが覚えられなかったとしても、上記のシチュエーションで使われる関係の単語が理解出来ていれば、片言の英語でもベーシックなコミュニケーションが出来るでしょう。






当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。