コミュニケーション

ネイティブとの英会話でさらにスピーキングを上達させるコツ

ネイティブとの英会話でさらにスピーキングを上達させるコツ

スピーキングを学習する方法を考える:ネイティブとの英会話でさらにスピーキングを上達させるコツ


私の知り合いの英会話講師をしているネイティブの友人が言っていた事なんですが
英会話レッスンに来ている、日本人生徒は、講師が生徒に何か質問した場合

1単語で答えたり、YesやNoなどの単調な答えだけで、返答する事が多いと言っていました。



ネイティブとの英会話でさらにスピーキングを上達させるコツネイティブとの英会話でさらにスピーキングを上達させるコツ


ネイティブとの英会話の時間を有効に使う方法



例えば、講師が以下のような質問をします。

・What did you eat this morning?(今朝何を食べましたか?)


英会話スクールの生徒は。

・Rice and soup. や、Coffee and bread.

このように単語だけで答えたりする事がとても多いようです。

その後は、ネイティブからの質問がくるのをジッと待っていて、自分から相手に質問したり
それ以上に、自分から話そうとせずに、固まってしまう人が多いようです。

しかし、英語の上達を考えた時、このような場面では、以下のような事が大切になります。



ネイティブとの会話を単調にさせないコツ



英会話を上達させるコツとして、1つ上げられるポイントとしてあげらるのが

”ネイティブとの会話で話を単調に終わらせないように心がける”
この事を意識しながら、スピーキングの練習に取り組む必要があると思います。

具体的には、上記のように、今朝の朝食は何を食べたの?

と聞かれたら、1単語だけで答えるのではなく、あなたは何を食べたの?など
質問された相手に、聞き返すような流れも、覚えておくと便利ですし、会話が単調にならずに済みます。

ネイティブとの会話では、積極的に自分から会話の主導権を握ったり
あなたが質問された場合は、さらにその話の内容を追求して、答えていくような会話をしていってもいいと思います。

そもそも、日本語の会話においてもそうですが、会話において相手に質問されて
単調な単語のみの答えしか、返ってこないようなコミュニケーションは成立しませんよね。

ネイティブからしても、単調な単語のみの、答えしか返ってこない人との会話は
この人は自分との会話に興味があるのだろうか? 機嫌が悪いのかな? 
と思ってしまう人も多いと思います。


ですので、スピーキングの上達を考える上でも、とにかくコミュニケーションとしての会話を盛り立てるように
できるだけ会話をつなげて話していく事に集中していくとよいでしょう。







当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。