カルチャー

シンガポール英語(シングリッシュ)の特徴について・シンガポール人が話す英語はどんな英語なのでしょうか?

シンガポール英語(シングリッシュ)の特徴について

シンガポール英語(シングリッシュ)の特徴と訛りについて・シンガポール人が話す英語について



今回は語学留学に行く人も多い国の一つ、シンガポールの英語事情について紹介してみたいと思います。
シンガポールはとても国際的な国です。シンガポール国民の中には、中国系シンガポール人、マレーシア系シンガポール人、インド系シンガポール人がいます。以上の事から、英語はシンガポールの共通語になりました。


シンガポールでは、主に二つの種類の英語が話されています。一つは「スタンダード・シンガポール・イングリッシュ」(SSE)、そしてもう一つは「シンガポール・コロキュアル・イングリッシュ」(SCE)と言う英語です。SCEは別名「シングリッシュ」とも呼ばれています。


シンガポール英語(シングリッシュ)の特徴についてシンガポール英語(シングリッシュ)の特徴について





スタンダード・シンガポール・イングリッシュとは?



スタンダード・シンガポール・イングリッシュ(SSE)は、シンガポールの政府やビジネスマンに使われている英語です。このSSEは、イギリス英語の文法とスペルに基づいている英語です。例えば「ショピング・モール」という英語は、SSEでは「shopping centre」になります。「centre」のスペルはイギリス英語のスペルですね。


SSEの発音は、個人の教育レベルにもよりますが、イギリスの「RP」というアクセントに比較的近いです。しかしここ最近(10年以内)、ユニークなシンガポール英語の発音が使われるようになっています。これらの発音は、現段階(2013年)ではまだイギリス英語に近いですが、今後少しずつ変わっていく可能性があります。


シンガポールでは、多くのフィリピン人が働いていますので、フィリピン英語も使われています。フィリピン人の使う英語のベースはアメリカ英語です。そして、インド系シンガポール人は、インド英語のアクセントを使って話しています。




シンガポール・コロキュアル・イングリッシュとは?



シンガポール・コロキュアル・イングリッシュ(SCE)は、英語を基にしたクリオールの言語です。
SCEは、シンガポールのローカルの人達に日常会話として使われている言語です。英語に基づいている言語ですが、マレーシア語や中国語などの外来語や表現が多く混ざった言語です。この「シングリッシュ」と呼ばれている言語は、外国人にとっては、とても分かりづらい言語かもしれません。

実際に私もシンガポールに行った際、シングリッシュを聞きましたが、事実として時々話している内容が聞き取りにくい時がありました。また英語ネイティブの私が話している英語が通じなかったりする事もありましたね。私達(英語圏ネイティブ)の話す英語に慣れていないシンガポール人には聞き取りにくいようです。


シンガポールの政府は、シンガポール内でシングリッシュが使われないようにしているようですが、元々ローカルの言語ですし、かなり土地に染み付いた言語という事もあって、中々難しいでしょう。2000年から、「Speak Good English Movement」(正しい英語を使いましょう)という運動が行われてきました。




シンガポール英語を理解する為のシングリッシュガイドブック













当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。