ライティング

独学で英語の前置詞の使い方をマスターする勉強方法を紹介

英語の前置詞の使い方をマスターする勉強方法

英語の前置詞の使い方を勉強するには



日本人の英語学習者にとって、英語の前置詞の使い方はとても難しい課題になると思います。
前置詞は具体的に、小さく短い単語(on, in, to)などの事を指しますが、英会話において前置詞の使い方をしっかりと理解していなければ、ネイティブスピーカーのような英語を話せるようになる事は難しいでしょう。

それでは何故、日本人の英語学習者にとって、英語の前置詞はやっかいな問題に感じるのでしょうか?


  1.  日本語では、「前置詞」の代わりに後置詞があります。ですから、「英語脳」の考え方を持たないと、前置詞の使い方が不自然に感じると思います。
  2.  英語の後置詞と英語の前置詞には共通点がありますが、それと同時に使い方の違いも多く存在しています。ですから、直訳できない場合が多いです。
  3.  前置詞の使い方は例外が多いので、間違えやすい。



英語の前置詞の使い方をマスターする勉強方法英語の前置詞の使い方をマスターする勉強方法




前置詞の使い方と具体的な勉強方法のステップ



それでは、具体的にどういう方法を使えば、英語の前置詞の使い方について、しっかりと理解する事が出来るのでしょうか?

英語圏のネイティブ達は、前置詞の使い方について、その「ルール」を勉強した事はありません。むしろ、勉強ではなく赤ちゃんの時から、自然と周りの環境にある英語を聞きながら吸収し、前置詞の使い方を学んだという方が正しいでしょう。


しかし英語学習をしている大人達は、赤ちゃんのように自然に言語を吸収する時間もなければ、その環境も当然ありませんので、もう少し効率的な勉強方法が必要です。



前置詞の使い方と勉強方法 1. 新しいボキャブラリーを覚える際に単語だけではなく、文章で覚える


新しいボキャブラリーを覚える際には、単語だけではなく文章で覚えるべきです。英単語は、それのみで覚えると役に立ちません。ですから、実際の会話で使えそうな文章で、前置詞の使い方を覚えた方が良いと思います。

例えば、動詞+前置詞+名詞のようなパターンを覚える時、会話する際には、適当に動詞と名詞を入れ替え使う事が出来ます。



前置詞の使い方と勉強方法 2. 前置詞は変則的なパターンを理解する


前置詞は、場合によって、前置詞ではなくなる場合があります。前置詞は時に、「句動詞」の中の単語になる場合があります。
例えば、日本語の「間に合う」という単語は、「be on time」という英語に相当する言葉です。「be on time」は句動詞ですので、そのままフレーズで覚えた方が良いと思います。

「be on time」の「on」意味を文法的に分析しすぎてしまうと、実際の英会話で遅くなってしまします。英語では、句動詞が多く使われますので、句動詞を勉強する場合沢山の例文を使って、句動詞を覚えましょう。



前置詞の使い方と勉強方法 3. 一番よく使われている前置詞の使い方の「ルール」を覚える


もし、上記の方法で前置詞の使い方を覚える事が出来ないなら、一番よく会話で使われている前置詞の使い方の「ルール」を覚えるべきです。会話中で最もよく使われている前置詞は: at, by, for, in, into, of, on, to, withです。

「英語の前置詞の使い方辞書」のような本が多く販売されていますので、もし英作文やライティングを勉強しているなら、前置詞に関しての学習教材を購入した方が良いでしょう。




お勧めの前置詞辞書












当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。