「because」の前にコンマを置く必要はある?「because」の正しい使い方を紹介

「because」の正しい使い方とコンマの扱い、使い分けを紹介します!



今回の記事では読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。今回は英文法に関する質問を頂きまして。質問のテーマは「because」の使い方とコンマの扱い方に関する質問です。

それでは、読者の方から頂いた質問をみていきましょう^^。



読者の方の質問:



英作文をする際、「S V because S V」と「S V , because S V」で、意味が異なると聞きました。

色々調べましたが、どう異なるのかわかりません。「 , 」のある無しでの意味の違いを教えて下さい。宜しくお願い致します。





先ずはご質問ありがとうございます! そして、当サイトを読んで頂きましてありがとうございました^^

それでは、早速「because」という英単語をクローズアップして細かい使い方やコンマの扱い方、ニュアンスをみていきましょう。


「because」の前にコンマを置く必要がありますでしょうか?「because」の正しい使い方を紹介します。
「「because」の前にコンマを置く必要はある?「because」の正しい使い方を紹介


こちらの記事もお勧めです:




「because」とはどんな単語?



「because」とは英語の「接続語」です。一般的に「because」は「二つの節を繋げる接続語」という事になりますが、場合によっては文頭に置く事が出来ます、一般的には「文章の真ん中に置く」という単語です。

そして、「because」は「何かの結果」や「何かの原因・理由」という意味を表す節をつなげます。


文章だけでは、わかりにくいと思いますので、実際の使い方の例文をみていきましょう。


実際の例文:


I bought a rice ball because I was hungry.
(私はお腹が空いていたのでおにぎりを買った。)

※この文章では「I bought a rice ball」は「結果」、「I was hungry」は「理由・原因」ですね。


He ran to school because he was late.
(彼は遅れていたので学校まで走った。)

※「He ran to school」は「結果」、「he was late」は「理由・原因」ですね。

文章の順番を変える事も出来ますが、「because」を使う場合、「結果」と「理由」という”二つの節”が必要になります。

そして、「理由」は必ず「because」の”後ろ”に置きます。「because」を”文頭”にもってくる場合「節の間にコンマ」が必要になります。


それでは、説明だけではわかりにくいと思いますので、実際の使い方を例文でみていきましょう。



実際の例文:


Because I was hungry, I bought a rice ball.
(私はお腹が空いていたのでおにぎりを買った。)


Because he was late, he ran to school.
(彼は遅れてので学校まで走った。)


一般的に「because」の前にコンマを置く必要はありません。




「because」の前にコンマを置くという例外はどんな時?



「becauseの前にはコンマを置く必要ない」というルールには、実は例外があります。

それは「文章の意味が曖昧」である場合には、文章の意味を分かりやすくするために「because」の前にコンマを置く場合があります。

結果を表す節」が否定文であれば、「because」の前にコンマを置く場合があります。それは、何故なら「文章の意味が曖昧になる」という理由からです。


文章の説明だけでは、わかりにくいと思いますので、実際の例文を通してそのような曖昧な文章を紹介していきます。


実際の例文:


He didn’t win the race because of his speed.

この上の文章の意味は、典型的な曖昧な意味の文章です。そして「二つの意味」としても、捉える事が出来る文章です。

例えば・・・
  • 1つ目の意味:「彼はスピード(が遅い)のせいで競争には勝てなかった」/
  • 2つめの意味:「彼はスピードのお陰で競争に勝ったわけではなく・・・(違う理由で勝った)

もし、「彼のスピードが遅かったせいで競争に勝てなかった」と言いたい場合には、「becauseの前にコンマを置く」ともっと分かりやすくなります。

He didn’t win the race, because of his speed.


もし「彼のスピードではなく”他の理由”で競争に勝った」と言いたい場合、コンマは必要ありませんが、次の文章で勝った理由を説明する必要があります。

「He didn’t win the race because of his speed. He won it because of his clever tactics.」
(彼は早いスピードのおかげによって競争に勝ったわけではなく、彼の賢い作戦のおかげで勝った。)


一つだけでは、説明が足りないと思いますので、もう一つの例を見てみましょう。

She doesn’t like soccer because she’s a girl.
  • 1つ目の意味:「彼女は女の子だからサッカーが好きじゃない」
  • 2つ目の意味:「彼女はサッカーが好きな理由として”女の子だから”というわけではなく・・・(他の理由がある)」

1つ目の意味であれば、コンマを使えば意味がもっと分かりやすくなります。つまり、「She doesn’t like soccer, because she is a girl.」という文章になります。

一方、2つ目の意味であればもう一つの文章が必要です。

「She doesn’t like soccer because she is a girl. She likes soccer because it is a fun and exciting sport.」
(彼女は女の子だからサッカーが好きという事ではなく、彼女がサッカーが好きな理由は楽しくて興奮させるスポーツだからです。)



「because」とコンマの使い方のまとめ



まとめると、殆どの場合、「because」の前にコンマを置く必要はありません。しかし、曖昧な文章の場合(特に「結果の節」が否定文の場合)には、コンマを使うと文章の意味が分かりやすくなります。

それでは以上になりますが、上手に説明出来ましたでしょうか^^ 他の質問があれば、是非ご連絡くださいね!







スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post