英語は国によって違う?アメリカ英語とイギリス英語の違い。


アメリカ英語とイギリス英語の違いを知り国ごとの文化から英語を学ぶ。


もう既に、英語圏の文化に詳しい方なら知っている方もいるかもしれませんが
実は英語と一口に言っても、アメリカ英語とイギリス英語では結構違います。


発音やフレーズなどに、ハッキリとした違いがありますし
イディオムやスラングも全く違う使い方する場合もあります。


普段私達は、英語を見聞きする際にもそうですし
勉強する際にもアメリカの英語とイギリスの英語に違いがあるなんて
特に気にもしないし、第一、気がつきませんよね。


しかし、アメリカとイギリスを比べてみると
国のルーツ的には共通性があるんですが、国民性が全くちがいますので
マナーや習慣も違っています。
そんな事もあって使用する言葉使いも変わるんですね。


また、イギリス英語と近い国として、オーストラリアとニュージーランドがあります。

そして、アメリカのお隣のカナダはどちらかと言うと
文化的にもアメリカに近いでしょう。



生活習慣や国民性などは、実際に住んでみたりしないと、わからない事かもしれませんが
各国で作られた映画などを観てみると、随所に国毎の文化の違い、言葉使いの違いが出ていて
そこをクローズアップしてみても面白いし、英語の勉強にも役立つと思います。


ちなみに、よく日本人が、留学する際に
アメリカより治安のいいオーストラリアを選択肢に入れて考える人がいます。

しかし、一方ではオーストラリアの英語は、方言がキツイから・・。綺麗な英語を覚えたし・・。。
みたいな意見をよく耳にします。


勿論、オーストラリアでもアメリカでも都市部以外のエリアでは
方言も強く、かなり訛っている人も多い。それはイギリスでも同じですが。

これは、私の意見でもありますが
日本の教育は、アメリカ英語を中心に勉強しているために
イギリス寄りのオーストラリア英語になれていない為に
そう感じる事も多いのではないでしょうか。




私も海外に住むようになってから
諸外国に対する文化の違いについて、多くの事を理解できるようになりました。


日本は、といか私達は比較的、アメリカ経由で
外国の文化、商品が伝わってくる為に、英語圏の文化をアメリカを中心に考えがちですよね。


アメリカ以外の英語圏の国の文化を学ぶ事で、英語の表現の違いを学べますし、さらには
ビジネスで外国語と同じくらいに大切な
”国際感覚を養う”場合にもとても、いい勉強になると思いますので。


アメリカだけの英語だけには、とらわれず
そのほかの英語圏の国の英語や文化にも興味を持って
接してみると面白く英語を勉強できるのかと思っています。










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post