カルチャー PR

南アフリカの英語とは? 訛りはどんな感じ? イギリス英語に似ている?

南アフリカの英語とは? 訛りはどんな感じ? イギリス英語に似ている?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

南アフリカ英語とアフリカーンス語、オランダ語の歴史


皆さんこんにちは。 今回の記事では読者の方から頂いた質問として「南アフリカの英語」というテーマについて書いてみたいと思います。

一般的な英語学習者の方にとっては南アフリカ英語はマイナーな英語だと思います。この英語にはとても複雑な歴史があるので、そういったルーツ、南アフリカの主要言語についてもお話していきたいと思います。

この記事のまとめ

  • 南アフリカには11の公用語がある
  • オランダ語由来の言語がアフリカーンス語という言語がメイン
  • 南アフリカにいる白人は減っている


それでは、実際に頂いた質問内容をみてみましょう。


読者の方の質問:

この南アフリカの英語なのですが、同国人なのに何故これほどアクセントがバラバラなのでしょうか?



↑の動画を見るに白人英語と黒人英語の違い、世代間の違いなのかと思いきや、白人同士でもドイツ訛りのような英語を話すかと思えば 私の耳にはイングランド英語やアメリカ英語に聞こえるような英語を話す者も居たりと見ていて不思議です。

英語圏とされている筈が、まるで非英語圏のような英語が入り混じっていてこの英語でリスニング訓練したり、スピーキングの練習をしていいものかと悩んでおります。



まずはご質問ありがとうございます。そして、いつも当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。南アフリカという国はとても興味深い国ですね。




南アフリカで使われている言語の種類と人口・人種


一応は英語圏の国に含まれていますが、南アフリカという国では色々な言語を使っています。詳しく調べてみると、南アフリカには11の公用語があります。公用語としては以下の言語があります。



  • 英語
  • コサ語
  • ヴェンダ語
  • スワジ語
  • アフリカーンス語
  • ソト語
  • 北ソト語
  • 南ンデベレ語
  • ズールー語
  • ツワナ語
  • ツォンガ語




英語とアフリカーンス語ヨーロッパ由来の言語になります。他の公用語はアフリカ由来の言語です。アフリカーンス語はオランダ語由来の言語です。

オランダ人は1652年から南アフリカ(ケープタウンが中心)で植民地を作っています。当時のオランダ人が話していたオランダ語は時代と共に少しずつ進化し現在使われているアフリカーンス語となりました。

南アフリカの白人の人口は約450万人です。これは国の人口の8%くらいです。つまり、大部分の南アフリカ人は黒人のアフリカ人です。この白人の中の約58%くらいの人がオランダ系です。

つまり、英語ネイティブの南アフリカの白人は少ない方です。しかし、殆どのオランダ系の白人は英語を話せます。そして、英語は共通語として使われているので多くの南アフリカの黒人も日常的に英語を使っています。




南アフリカ英語の訛り




上の動画に出てくる人の英語を聞いてみると「ドイツ語っぽい発音」というコメントを頂きました。確かに、動画に出ている白人の英語にはそういった訛りがあります。その理由としては、インタビューされた人たちはオランダ系南アフリカ人(= Afrikaners)です。

彼らの母国語はアフリカーンス語(オランダ語由来の言語)なので、英語を話すとオランダ語っぽい訛りがあります。彼らの英語はとても上手ですし、全体的に英語ネイティブに近いですが、やはり母国語の訛りは出てきます。

そうしたことから、英語ネイティブの南アフリカ人の英語にもそういった訛りがうつりましたので、南アフリカ英語は全体的にそういった発音になってきました。

ところで、南アフリカにいる白人の人口は段々と減っています。その理由として、多くの南アフリカの白人は違う国に移住する傾向があります。例えば、イギリス系の南アフリカ人はイギリスに移住する場合が多いです。

例えば、イングランド代表クリケット選手のKevin Pietersen選手は元々南アフリカからやって来ました。下のインタビューを見ると、彼の訛り・アクセントが分かると思います。

彼の話し方はアフリカーンス語を話す南アフリカ人ほど強くありませんが、一般のイギリス人とはかなり違うと思います。








南アフリカ英語は良い英語のリスニング練習になるのか?


私の意見ではリスニング力を上げたいなら、どの英語でも聞いても大丈夫だと思います。英語は世界中の共通語になっていますので、英語を話す人は主にネイティブではありません。

例えば、英語を使って海外の人達とビジネスする日本人のビジネスパーソンは中国人や韓国人、台湾人、ドイツ人や他のヨーロッパ圏の人、南米の人たち等、そういった国の人達と英語でコミュニケーションすると思いますので、色々な英語訛りに慣れた方が良いと思います。

世界中をみても「パーフェクト」で「教科書っぽい」綺麗な英語を話す人は中々いません。そして、例え会話相手が英語圏のネイティブだったとしても、地方訛りは沢山あります。そういった事を考えると色々な英語の発音に慣れる必要があると思います。

そのため、南アフリカ人が話す英語でも良い練習になると思います。それでは、これで以上になりますが如何でしたか。期待していた通りの回答になりましたか^^。他の質問があれば是非ご連絡ください。



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)