ビジネスシーンでよく使われるビジネス英語のイディオム5選

ビジネスシーンでよく使われるビジネス英語のイディオム5選
目次

外資系企業のビジネスパーソンもよく使うビジネス英語イディオム

英語のイディオムもビジネスシーンで使うイディオムとなれば、日常生活とは違うシーンで使われる事が多いので特殊なイディオムが多いです。またビジネス英語のイディオムは、グローバルな企業とローカルな環境で行われる企業とでは使うイディオムも異なるのではないかと思います。

以前に紹介したビジネス英語の記事で「ビジネスジャーゴン」について紹介しました。この記事で紹介したフレーズは、ビジネス上では誤解される事も多いので、出来るだけ使わない方が良いと紹介しました。

しかし、自分がビジネスジャーゴンやビジネス英語のイディオムを使わない場合でも、他のスタッフ達が使うケースもありますので、必要最低限のイディオムは覚えた方が良いと思っています。

そこで今回は、外資系企業も含めて、ビジネス英語(ビジネス会話、雑誌、新聞)でよく使われているイディオムとスラングを紹介します。

今回のイディオムは、社内において嫌な人、嫌なビジネス環境の事を話す際に使うイディオムです。結構マニアックなビジネス英語のイディオムです(笑)。

toxic employee

toxic employee (周りの同僚に悪い影響を与える社員)

どこの会社にも、良いスタッフと同僚がいます。彼らはチームプレイが上手で同僚と上司とのコミュニケーションも上手な人たちです。しかし中には悪いスタッフも当然いると思います。(笑)

彼らはよく機嫌が悪くなりますし、ネガティブな性格もあります。周りの同僚や上司とはあまりコミュニケーションを取りたがらないでしょうし仲もよくありません。そんな彼らの事をビジネス英語のイディオムで「toxic employee」と呼びます。

「toxic」という単語は、「毒のある~」という意味で、「employee」は「雇い人」という意味になります。このような人のせいで会社内の雰囲気が悪くなります・・。

toxic employeeの使い方 例文

Mike Smith is a toxic employee.
(マイク・スミスは悪い社員です。)

cut-throat

cut-throat (厳しいビジネス、厳しいビジネス環境)

cut-throatの使い方 例文

Investment banking is a cut-throat business.
(投資銀行という企業は、とても厳しい会社(業界)です。)

※この企業(業界)で失敗すると首になるというニュアンスが含まれています。

dead wood

dead wood (不効率的な人や部)

dead woodの使い方 例文

We need to cut away some of the dead wood at this company.
(我が社の非効率的な社員をリストラする必要があります。)

rat race

rat race (人生の厳しい生存競争)

rat raceの使い方 例文

I decided to leave the rat race and become a housewife.
(私は、この競争的な生活を辞め、専業主婦になる事にしました。)

to be a big fish in a small pond

to be a big fish in a small pond (「井の中の蛙」)

big fish in a small pondの使い方 例文

ABC company is just a big fish in a small pond. If it opens an office in America, it will be in trouble.
(ABC会社は井の中の蛙です。アメリカで事務所を創ったら、困るでしょう。)

ビジネス英語のイディオム教材

created by Rinker
¥2,104 (2024/06/19 06:58:22時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス英語のイディオム:まとめ

  1. toxic employee
  2. cut-throat
  3. dead wood
  4. rat race
  5. to be a big fish in a small pond
ビジネスシーンでよく使われるビジネス英語のイディオム5選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スピーキング力を上げるメソッド教材

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)

 

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

STEP1:リスニング
STEP2:リピーティング
STEP3:シャドーイング
STEP4:プラクティス
STEP5:ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

 


スポンサーリンク

目次