ビジネス英語

ビジネス英語の勉強にお勧めな映画TOP5

ビジネス英語を勉強する際にお勧めのビジネス映画TOP5

ビジネスを勉強している人が見るべき映画リストTOP5


ダン
ダン
こんにちはアメリカ人のダンです。今回の記事では、「ビジネス英語を勉強する際にお勧めのビジネス映画TOP5」を紹介していきたいと思います。


これはビジネス英語を勉強している人、誰もが感じている事かもしれませんが・・・。ビジネス英語を勉強する事は、日常で使う英会話を勉強している時のような楽しさや面白みが少しかける事が多いと思います。

実際、ビジネス英語を勉強する際に、巷のノウハウでは、ビジネスニュースを読む事を勧めたり、CNN等のニュースメディアを見る事などを勉強方法として勧めていると思います。

しかし、このような学習方法だけに絞ってビジネス英語の勉強を進めていくと、徐々に学習モチベーションが下がってくる何て話をよく耳にします。ですから、今回私が紹介するビジネス英語の勉強法は、もう少し楽しい方法を使ったビジネス英語の勉強方法です。

実は「ビジネス英語」とは、特に難しい英語の種類ではなく普通の英語文法が使われています。そういった事を考えると先ずはベーシックな英語の基礎知識が必要になってくるでしょう。

もし、しっかりとしたビジネス英語を使えるようになりたければ、まず自分が勉強したい業界の専門用語やビジネスマナー、各シチュエーションに合わせた言葉遣いを集中して勉強する必要があると思います。

業界の専門用語や、ビジネス的な硬い言い回しのフレーズは、ある程度本などの教材を通して勉強する事が出来ますが、もう少し微妙なスキル(コミュニケーションスタイルや、マナーや、マインドセット)ばかりは、実際に経験して覚える事でしかマスター出来ないと思います。

勿論、日本にいながらにして英語圏のビジネスカルチャーを経験する事は、簡単に出来る事ではありません。今回紹介する方法を使って勉強出来れば、比較的楽しみながらビジネス英語を勉強する事が出来ると思います。



海外のビジネスをテーマにした映画を観ながらビジネス英語を勉強すると楽しく学習できる訳


海外のビジネスをテーマにした映画を観ながらビジネス英語を勉強すると楽しく学習できる訳

ビジネス英語を楽しみながら勉強する具体的な勉強方法としてお勧めしたいのが、今回のテーマである「ビジネス関連の映画・ドラマを観ながらビジネス英語を勉強する」という方法です。この方法を使って勉強していく事によって、英語圏のビジネスカルチャーや外国人のビジネスマンのマインドセット、ビジネス英語の専門用語を楽しく学べると思います。

これから紹介する映画を観た後に気が付くと思いますが、これらの映画にはその国特有のビジネスカルチャーのあるポイントが出てくると思います。そういった各国のビジネスカルチャーの違いを理解する事はとても重要です。

このリストで紹介している映画作品のアイディアは、アメリカの「Bloomberg Businessweek」というビジネス雑誌で紹介されたお勧めビジネス映画リストを基に作りました。

この「Bloomberg Businessweek」の記事では、ベスト30の映画が掲載されています。しかし、私の見解で、その中でも特に日本人のビジネス英語学習者に最も役に立つであろうトップ5映画を選び紹介したいと思います。




アメリカのITビジネスシーンの理解が深まるビジネス映画 The Social Network (ソーシャル・ネットワーク )


created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント
¥889
(2020/11/26 07:35:02時点 Amazon調べ-詳細)


この映画は、フェイスブック(Facebook)の誕生について紹介される映画です。フェイスブックは、ハーバード大学のある一人の学生によって作られました。現在では、世界中に知られているソーシャルネットワークである事はみなさんもご存知だと思います。

ドラマティックな映画ですが、IT関連の企業で働いている人の英語の勉強には良いモチベーションを与える映画だと思います。そして、この映画ではアメリカ人の起業家精神を理解する事が出来ると思います。

現在、フェイスブックは個人のネットワークだけではなく、世界のビジネス業界においても影響力を持っています。実際に英語圏でも多くの企業が自社のフェイスブックの運営に力を入れていますよね。とても面白い映画なのでお勧めです。



日米のビジネスの現場をテーマにしたビジネス映画 Gung Ho (ガン・ホー)


created by Rinker
Paramount
¥1,500
(2020/11/26 07:35:03時点 Amazon調べ-詳細)


この映画はコメディーですが、様々なカルチャーポイントの勉強になると思います。この映画のストーリーは、アメリカのある車工場が、日本の車会社に買収されます。日本人のマネージャーは、アメリカの工場に来て、色々な変革を試みます。

しかし、アメリカ人の労働者たちは、日本人の仕事に対する考え方やマインドセットといった、ビジネスカルチャーの違いになれていませんので、多くのトラブルが続出します。

しかし、結局は双方はお互いに妥協点を見つけ協力しあうようになっていきます。自分達のカルチャーと相手のカルチャーの長所と弱点を理解出来る映画です。

「ガン・ホー」はコメディーですから、国民性のステレオタイプが出てきます^^ 海外でビジネスする場合に相手のビジネスカルチャーや相手のニーズ、相手の考え方を理解する事の大切さを表している映画ですね。





バブル時代のアメリカのビジネスシーンをテーマにしたビジネス映画 The Secret of My Success (摩天楼はバラ色に)


created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥945
(2020/11/26 07:35:04時点 Amazon調べ-詳細)


この映画には日本でもお馴染みのハリウッド映画俳優のマイケルジェーフォックスが出演する1980年代のバブル期に公開された映画です。少し古い映画ですが、80年代当時のアメリカのビジネスカルチャーを理解出来る内容になっています。

この映画の舞台は、ある金融関係の会社での出来事です。ビジネス英語の用語として「投資」や「財務」、「M&A」といった専門用語が数多く出てきます。ですから、経済用語などのボキャブラリーを勉強している方にお勧め出来る映画です。






銀行・金融関係のビジネス英語を勉強出来るビジネス映画 Inside Job (インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実)


created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント
¥945
(2020/11/26 09:13:51時点 Amazon調べ-詳細)


これの映画ではなくドキュメンタリーです。2000年代の世界不況の原因を調査する内容のドキュメンタリー映画です。アメリカの金融の歴史、投資銀行の影響などの事例を紹介しています。

このインサイド・ジョブというドキュメンタリーは、かなり複雑な金融関係のボキャブラリーが使われていますので、ビジネス英語の上級レベルの人がターゲットになりそうです。

ビジネス英語を既に勉強している方、海外の投資銀行、外資系企業に勤めている方にはとても良いビジネス英語の教材になると思います。




アメリカン・ドリームというコンセプトを理解出来るビジネス映画 The Pursuit of Happyness (幸せのちから)


created by Rinker
¥1,200
(2020/11/25 12:46:14時点 Amazon調べ-詳細)


この映画には、日本でも有名なヒップホップアーティストとして活躍していたアメリカ人の俳優ウィルスミスが出演の映画です。この作品では、アメリカ人にとって大切な考えとも言える「アメリカン・ドリーム」というコンセプトを表現している映画です。

ウィル・スミス演じる主人公のキャラクターは、妻と別れ息子と共にホームレスの生活を余儀なくされます。彼のビジネスは医療機器の販売です。はじめから全く上手く行きませんが、後に株式仲買人としてインターンシップの仕事を得る事になっていきます。

厳しいインターンシップを合格する事が出来れば、彼は株式仲買人として正式に働くことが出来ますが、ホームレスとしての生活に様々な問題が起きます・・・。ちなみにこの映画は実話に基づいたストーリーです。

この映画を観ればアメリカの社会問題やアメリカ人がいつも夢見る、アメリカン・ドリームというコンセプトを理解出来るようになると思います。また、同時にアメリカの会社のカルチャーや株・金融関係の専門用語が沢山出てきますので、ストーリー以外にも、ビジネス英語のボキャブラリーの勉強にはとても良いと思います。

当サイト制作のビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。