スラング

コックニーライミングスラングとは?

イギリス英語の特徴

イギリス英語の中で最も特徴ある英語:コックニーライミングスラング



英語という言語は俗語、スラング、イディオムが豊富な言語だと言われています。そして英語圏の国々は頻繁に新しいスラングを生み出してシェアする文化があります。

新しい英語の単語は映画やテレビ、インターネットを通して直ぐに英語圏の国々にシェアされていきます。しかし英語圏の中でもイギリス英語は特に変わった特徴があるんです。


その変わった特徴を持つイギリス英語の中でも、最も特徴的だと思われているのがコックニー・ライミング・スラングという言葉です。

この”コックニー・ライミング・スラング”という俗語(の種類)は他の英語圏の国では滅多に使われません。


コックニーとは?


イギリスにおいてコックニーという人達は東ロンドンの労働階級者の人を指しています。伝統的にみてコックニーと呼ばれている人達は「セント・メアリー・レ・ボー」という教会周辺で生まれた人達です。

そしてコックニーは自分達独自のアクセントを使って特徴的な話し方をします。ライミング・スラングは東ロンドンの労働者達の話し方から生まれました。



ライミング・スラングとは?


「ライミング」という英語は日本語の「韻」に相当します。「スラング」は俗語という意味になります。

ライミング・スラングを理論的に説明する事はかなり難しいので例を使って説明していきたいと思います。例えば、ライミング・スラングではよくこのような表現を度々使います。 

たとえば、「Use your loaf」 (頭を使ってください!よく考えろよ!)という表現があります。しかし何故、head(頭)ではなく、loaf(食パンの形)と言うのでしょうか?

まず、head(頭)という単語は、韻を踏む表現のloaf of bread(食パン)に変換されています。そして、Use your loaf of breadは長くて言いにくいので、さらに省略されて、「head」→「loaf」になっていったようです。

複雑だと感じている方が多いと思いますが、実はこういった表現はよく使われています。コックニー・ライミング・スラングの詳細な歴史は不明ですが、わかっている限りの歴史では19世紀の後半から使われているようです。

そして、それは他人に秘密話を聞かれない為に、内緒で話をしたい人々の間で始まったようです。例えば、警察の前で秘密の話をしたい犯人や、お客さんの前で聞かれたくない値段の話をしたい市場の商人から始まった事が起源とされています。

しかし、このコックニー・ライミング・スラングは昔の話に限った事ではなく、現在でも多くのイギリス人に使われているスラングです。

現在のイギリス人が話す日常の会話中でも使われますし、イギリス映画やドラマ、小説に度々出てきます。ですからイギリス英語・イギリス人の話す会話を完璧に理解されたい方は、以下に紹介するライミング・スラングを覚えて下さい^^




日常会話でよく使われるコックニー・ライミング・スラング TOP5


  1. have a butcher’s = to have a look (look→butcher’s hook→butcher’s) (何かを見る)
  2. me old china = me old mate (mate→china plate→china) (私の仲の良い友達)
  3. I haven’t a scooby = I haven’t a clue (clue→scooby doo→scooby) (全く分からない)
  4. Would you adam-and-eve it!? = would you believe it?! (believe→Adam and Eve) (信じられない!)
  5. You’re having a bubble! = You’re having a laugh! (laugh→bubble bath→bubble) (冗談でしょう!)




ライミング・スラングが使われる映画「Lock, Stock and Two Smoking Barrels」




この映画はロンドンのギャングスター映画です。ライミング・スラングは会話中で普通に使用されています。あるシーンにおいては、ライミング・スラングが多すぎて英語の字幕が出るくらいです(笑)



ライミング・スラングが使われる映画「Snatch(スナッチ)」


created by Rinker
¥1,400
(2020/11/24 15:40:21時点 Amazon調べ-詳細)


上記のRock, Stockと同じ監督の作品です。各キャラクターがライミング・スラングをよく使います。



ライミング・スラングが使われる映画「The Italian Job」


created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,600
(2020/11/24 15:40:22時点 Amazon調べ-詳細)


マイケル・ケインというイギリス人俳優の出演する映画です。



ライミング・スラングが使われる映画「Gold member (Austin Powers)」


created by Rinker
¥12,722
(2020/11/24 15:40:23時点 Amazon調べ-詳細)


この映画はジェームズ・ボンドで御馴染みの007のパロディーです。スーパースパイのAustin Powersはコックニー・ライミング・スラングをよく使います。



ライミング・スラングが使われる映画「Eastenders」


created by Rinker
¥3,682
(2020/11/24 15:40:23時点 Amazon調べ-詳細)


これはイギリスの国内で最も人気がある連続ドラマです。ロンドンの東エリア(East End)が舞台。毎日見るとうつ病になるかもしれないくらい(笑)。ある意味中毒性の高い映画です^^

東ロンドンの人々の話し方やライフスタイルが理解出来るドラマですね。コックニースラングを理解したい方にお勧めの作品です。



イギリス英語の特徴も学べるイギリス英語専門教材


当サイトのイギリス人ライターが制作したイギリス英語を学習する為の専門教材です。イギリスのカルチャーやイギリス英語の特徴、発音、スペル等、イギリス英語の全てを学べる教材です。

英語音声の後に日本語訳が流れる音声教材も付属しているので、場所を選ばす空いた時間を使ってイギリス英語を勉強出来ます。

British English Master公式ページ



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。