ネイティブと英会話する際に覚えておきたい:「present」と「gift」の違いと使い方、ニュアンスについて


英語ボキャブラリー:「present」と「gift」の違いと使い方、ニュアンスについて例文で紹介します



今回の記事では、二つの似ている英単語の違いと使い方、ネイティブが使うニュアンスを紹介していきたいと思います。


今日これから紹介する単語は「present」と「gift」という単語です。この二つの単語は日本語では「プレゼント」や「贈り物」、「お土産」という意味になると思いますが、実は微妙な使い方の違いがあります。


自分の英語力をレベルアップするためにも、これらの単語の使い方と違い、ニュアンスを覚えた方が便利だと思います^^


「present」と「gift」の違いと使い方、ニュアンス
「present」と「gift」の違いと使い方、ニュアンス


おすすめ記事:





1. Presentの正しい使い方とニュアンスについて



「Present」という単語は名詞としても使う事が出来ますし、動詞としても使う事が出来ます。しかし、名詞と動詞のイントネーションは異なります。

  • 名詞: PREsent
  • 動詞: preSENT


この記事では名詞の使い方を紹介したいと思います。「Present」という名詞は「gift」よりも少しカジュアルな言い方になります。そして、元々「手渡するような贈り物」という意味合いが強いです。

つまり、郵便で送るプレゼントではなく、相手にマンツーマンで手渡すプレゼントという意味になります。

それでは、実際にネイティブの使い方を例文でみていきましょう。



例文:

Did you get any nice Christmas presents?
(よいクリスマス・プレゼントをもらいましたか?)
※「Christmas gifts」という言い方も正しいですが、「Christmas present」というコロケーションの方が自然でよく使われています。)


I need to buy a present for my mother’s birthday.
(私は母親の誕生日プレゼントを買う必要があります。)
※「birthday gift」というフレーズを使う事が出来ますが、「birthday present」の方が自然です。


I received this cook book as a wedding present.
(私はこのレシピの本をウェディングプレゼントとしてもらいました。)




2. Giftの正しい使い方とニュアンスについて



「Gift」は「present」よりも広い意味、使い方があります。「贈り物」や「プレゼント」という使い方も勿論ありますが、ネイティブにとっては「present」より正式な感じに聞こえます。

そして、お店やビジネス上で渡す「おまけ」というニュアンスの使い方もあります。ちなみに英語で「おまけ」は「free gift」という言い方になります。


もう一つの使い方として「神様からの贈り物」という意味があります。これは、「~の特別の才能」という意味として使われます。

例えば、「音楽の才能」、「美術の才能」、「言語の才能」という使い方があります。では、例文で実際の使い方を確認していきましょう。



例文:

My husband gave me this beautiful neckless as a gift.
(私の旦那はこの美しいネックレスを贈り物としてくれました。)

This CD came as a free gift with a magazine.
(このCDは雑誌のおまけでした。)

My friend has a gift for languages. She can speak French, German and Chinese.
(私の友達は素晴らしい言語の才能があります。彼女はフランス語、ドイツ語、中国語も話せます。)
※「A gift for ~」というフレーズは「~の才能がある」という意味になります。


こういったちょっとした違いを使い分けられるようになると、自分の英会話もぐっとネイティブっぽくなると思いますので、英会話する機会があれば是非使ってみて下さいね!










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post