カルチャー

英語の名前・ニックネーム一覧ガイド:英語圏の人名を男女別に紹介

英会話やビジネスでも役に立つ 英語圏の人名や愛称(ニックネーム)について



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。日本で英語教師をしている英語ネイティブのマリと申します。今回は英語学習者であれば、知っておきたい英会話やビジネス英語の際に役に立つ「英語圏の人名や愛称、ニックネーム」について紹介したいと思います。


英語の名前に関して、日本の皆さんが知っている海外の有名セレブの名前は、実は愛称(ニックネーム)という場合が多いかもしれません。

例えば、皆さんは「トム・クルーズ」の本名が「トム」ではなく「トーマス」だと知っていましたか? そして、アメリカの元大統領である「ビル・クリントン」の本名が「ウィリアム」だと知っている人は少ないかもしれません。

そして、アメリカ人の人気歌手である「ケイティ・ペリー」の本名が「キャサリン」という事を知っている人も以外に少ないと思います。


英語圏の人は多くの場合「自分の名前の短縮形」を使います。これは有名なセレブだけがする事ではなく、一般の人やビジネスパーソンもする事です。伝統的な英語名前には、決まった短縮の仕方があります。

例えば、「ウィリアム」という名前の短縮形は「Bill」か「Billy」、「Will」か「Willy」になります。「Robert」という男性の名前の短縮形は「Bob」、「Bobby」、「Rob」、「Robbie」になります。

こういったニックネーム・短縮形は英語圏のメディアでもよく使われています。例えば、イギリスのキャサリン妃の本名は「Catherine」ですが、イギリスのメディア(主に新聞と雑誌)では「Kate」という短縮形がよく使われています。



それでは、今回の記事では英語の名前・ニックネームで最も知っておくべき男性と女性の短縮形のニックネームのリストを紹介していきます。





英語圏の男性の名前の短縮形


  • Alexander – Alex, Alec, Al, Xander, Sandy
  • Andrew – Andy, Drew
  • Anthony – Ant, Tony
  • Benjamin – Ben, Benj, Benji, Benny
  • Charles – Charlie, Chuck, Chaz
  • Christopher – Chris, Kit
  • Daniel – Dan, Danny
  • David – Dave, Davey
  • Edward – Ed, Eddie, Ted, Ned
  • Henry – Hank, Hal, Harry
  • James – Jim, Jimmy, Jamie
  • John – Johnnie, Jack
  • Joseph – Joe, Joey
  • Matthew – Matt, Matty
  • Michael – Mike, Mikey, Mick, Mickey
  • Nicholas – Nick, Nicky
  • Oliver – Ollie
  • Peter – Pete
  • Philip – Phil
  • Richard – Rich, Richie, Rick, Ricky, Dick
  • Robert – Bob, Bobby, Rob, Robbie
  • Samuel – Sam, Sammy
  • Stephen/Steven – Steve, Stevie
  • Thomas – Tom, Tommy
  • William – Will, Bill, Willie, Billy



英語圏の女性の名前の短縮形


  • Alexandra – Alex, Ali, Lexie, Sandy
  • Amanda – Mandy
  • Catherine – Cath, Cathy, Kate, Katie, Kitty
  • Christine – Chris, Christy, Chrissy
  • Deborah – Deb, Debbie
  • Eleanor – El, Ellie, Nell
  • Elizabeth – Bess, Bessie, Bet, Bettie, Beth, Betsy, Liz, Lizzy, Libby…
  • Helen – Nell, Nellie, Hel
  • Isabel, Isabella, Isabelle – Izzy, Belle, Bella
  • Jennifer – Jen, Jenny
  • Jessica – Jess, Jessie
  • Margaret – Maggie, Peggy, Marge
  • Michelle – Shell, Shelly
  • Nicole/Nicola – Nic, Nicky, Nicki
  • Patricia – Pat, Tricia, Trish, Patsy
  • Philippa – Pippa, Pip
  • Rebecca – Becky, Becca, Bec, Bex
  • Samantha – Sam, Sammy
  • Susan – Sue, Suzy, Suze




英語圏のビジネスシーンで短縮形を使ってもよいのでしょうか?





一般的にビジネスのシーンで誰かの名前を呼ぶ際、使う際には「正式な形」を使った方が良いと思います。例えば、外国人の取引先の名刺に「William」という名前が書いてあるなら、勝手に短縮形の「Bill」を使ってはいけません。

しかし、相手が「名前を短縮形」で呼んで欲しいという場合もあります。そういった場合には以下のような表現をしてくるはずです。



ビジネスシーンでニックネームを使う際の例:



I’m William Smith.  Please call me Bill.
(僕はウィリアム・スミスと申します。ビルと呼んでください。)


My name is Catherine but everyone calls me Kate.
(本名はキャサリンですが、みんな私をケイトと呼んでいます。)


My business card says Robert but feel free to call me Bob.
(名刺にはロバートという名前が書いてありますが、僕をボブと呼んでも大丈夫です。)


I’m officially Margaret but I’m known as Maggie.
(私の正式な名前はマーガレットですが、マギーという名前で知られています。)




相手が呼ばれたいと思っている呼び方を確認する際の表現



Do you prefer to be called William or Bill?
(ウィリアムかビルか、どちらの呼び方の方が好きですか?)

Can I call you Bob?
(ボブと呼んでも大丈夫ですか?)

What should I call you?
(何と呼べばいいですか?)

Are you known as Catherine or Kate?
(キャサリンかケイトか、どちらの名前として知られていますか?)





英語の人名を書く際の順番について


英語で人名を書く際には、必ず名前を先に書いて、名字を最後に書きます。ですから、日本人が英語圏の国に行った際に自分の名前を書く際、このルールと同じように「名前の次に名字」という順番で書きましょう。

  • Taro Tanaka :良い例
  • Tanaka Taro :悪い例



英語の「first name」や「last name」の意味



英語の「first name」や「last name」は、英語の名前の順番に基づいています。以上のことから、first name (最初の名前)は、名前に相当します。Last name(最後の名前)は、名字に相当します。


  • 名前: first name/given name/Christian name (古い言い方)
  • 名字: last name/surname/family name


日本人の名前を英語の順番にした場合:

  • Taro = first name/given name
  • Tanaka = last name/surname/family name


英語圏のネイティブの多くの人には「ミドルネーム」がいます。これはもう一つの名前です。つまり英語圏のネイティブには、二つか三つのfirst nameがある場合があります。

また中には、ミドルネームのない人もいますし、ミドルネームを二つ、三つ、四つ持っている人もいます。ミドルネームは自由に付けられる名前です。名前と名字とミドルネームは、必ず大文字から始まります。



英語圏の人名・ニックネームのまとめ


英語圏の人達は芸能人のような有名セレブだけではく、一般の人も自分の名前を省略する人が多いです。しかし、殆どの場合、その短縮の形は決まっています。

ビジネスシーンで人の名前を勝手に省略してニックネームにしない方が良いです。相手の好きな呼び方を確認するためには、上記で紹介した聞き方で尋ねてみましょう。


当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。