オーストラリアのビジネスカルチャーの特徴とは?

オーストラリアのビジネスカルチャー紹介
目次

オーストラリアで働く方は必見! オーストラリアのビジネスカルチャーやオージーの仕事に関する考え方

今まで、当サイトマスターランゲージでは、英語圏各国のネイティブスピーカー達(当サイトのライター)に質問して自国のカルチャーを中心に紹介してもらいました。

このシリーズが人気だった事もあり、今回は日本人の為の異文化教育・異文化理解シリーズとしてオーストラリアのビジネスカルチャーについて紹介してみたいと思います。

オーストラリアのビジネスカルチャー:1. 過剰な自己アピール・自慢する事はタブー

オーストラリア人は、ダイレクトで正直に話す事が好きですが、自分の学歴やプライベートな自慢、仕事関係の過剰な自己アピールを話す事は、かなりタブーになります。

特に、話を誇張したりすると同僚からも信用されませんし、嫌われる可能性もあるので「謙遜」するくらいが安全です。オーストラリア人にとっては、「平等」というコンセプトは、とても大切ですので上下関係を考えずに、みんなにリスペクトすれば問題ありません。

オーストラリアのビジネスカルチャー:2. レイドバックに見えるが真面目なビジネスカルチャー

オーストラリア人の代表的な国民性としては、レイドバックなイメージがあると思います。社会やビジネス業界でも、人を楽しませる為のユーモアがよく使われますし、カジュアルな言葉遣いも許されます。

しかし、ビジネスともなれば、他の国のビジネスマン同様に真面目に働きます。オーストラリアの正式なビジネスミーティングでは、ユーモアを使った様々なスモールトークで、ミーティングが始まるかもしれませんが、その後は直ぐに真面目なビジネストークになるでしょう。

オーストラリアでは「ダイレクトな交渉や話し合い」が最もリスペクトされる

日本のビジネスカルチャーでは、ビジネスの交渉する際、特に婉曲的な言葉遣いや表現をすると海外では思われています。

間接的な言葉遣いは普通で、取引先と話すと際も、遠まわしにデリケートな表現を使い話し合いを進めていく事が当たり前と思われていると思います。

しかし、オーストラリアにおいて、そういった遠まわしな話し方は逆に怪しく見られるかもしれません。オーストラリア人は、ビジネスの現場においても正直にダイレクトな話をするので、日本人ビジネスマンの間接的な交渉スタイルは、回避的なイメージを感じさせるでしょう。

オーストラリアでは名字よりも名前で呼ぶ方事

「平等」というコンセプトにも繋がると思いますが、オーストラリアのビジネス業界では、名字よりも名前で呼ぶ事が一般的です。名字を使うのであれば(”Please call me Mr. Tanaka”)、となり、何か遠い関係になってしまうイメージがあるので(”Please call me Ichiro”)、と言えばスムーズな関係が作れるでしょう。

オーストラリアでは「ビジネスエンターテインメント」の習慣はない

アジアの国々では、新しい取引先やビジネスコンタクトを作る際、特別な飲み会やディナーなどのエンターテイメントに誘う事は、よく行われている行為だと思います。そして、その後、徐々に良い関係が作られた場合、正式な取引先となる可能性があると思います。

しかしオーストラリアのビジネスカルチャーではそういった習慣がありません。逆に、プレゼントや特別なエンターテイメントを受けてしまうと、それは彼らにとって「賄賂」に近いイメージがあります。

ですからもし、取引先と特別な飲み会やディナーを行う際は、正式な契約を結んだ後にエンターテイメントを行う方が普通です。そして、ビジネスディナーの会計は、別々で払う場合が多いです。

オーストラリアの会社が取引先の場合や、オーストラリアが同僚で一緒にパブやバーに行くなら、「round」という習慣があります。「round」とは、みんな順番に、他の人の飲み物を買いに行く習慣です(イギリスのパブカルチャーに似ている)。

ビジネス英話学習教材:ビジネスイングリッシュ・マスター

オーストラリアのビジネスカルチャー紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スピーキング力を上げるメソッド教材

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)

 

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

STEP1:リスニング
STEP2:リピーティング
STEP3:シャドーイング
STEP4:プラクティス
STEP5:ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

 


スポンサーリンク

目次