ビジネス英語

ビジネス英語で「いかがでしょうか」は何と言うのか?

ビジネス英語で「いかがでしょうか」は何と言うのか?

英文メールを書く際、ビジネス英語で会話する際に使う「いかがでしょうか」は英語で何と言う?


皆さんこんにちは。スコットです。今回の記事ではビジネスのシーンでよく使う「いかがでしょうか」は英語で何と言うというテーマについてお話してみたいと思います。



この「いかがでしょうか」という「何かを提案する時に使う表現」はビジネスシーンで日常的によく使われますね。会話では勿論、英文メールなどでもよく使われると思います。

よく考えてみると「いかがでしょうか」という日本語は色々な文脈で使われていますので、当然それを英語に翻訳すると文脈によって違った英語フレーズを使う必要があります。

例えば、ビジネスアイディアや、何かの計画を提案する際には「いかがでしょうか」という表現を使いますね。そして、何か継続中のプロジェクトなどの進捗状態について尋ねる際にも「いかがでしょうか」という表現を使うと思います。

そのため、今回の記事では、ビジネス英会話や英語のビジネスメールでよく使われる「いかがでしょうか」という意味になる英語表現の色々なパターンを紹介したいと思います。




何かのアイディア・計画を提案する際に使う「いかがでしょうか」


何かのアイディア・計画を提案する際に使う「いかがでしょうか」

まずは日本語で何かの「アイディア」、「計画」などを提案する際には「~はいかがでしょうか」というフレーズを使うと思います。英語でそういった表現をする際にはもっと色々な表現を使う事ができます。

例えば、例としては以下のようなバリエーションがあります。


  • How about ○○ing?
  • Why don’t we/you ○○?
  • We/you could ○○.
  • What do you think about ○○?



上記の表現は全てアイディアや計画を提案する際に使うパターンです。これらの表現のニュアンスは全て丁寧な表現なので会話でもビジネスメールでも使う事ができます。

それでは、実際の英語ネイティブのビジネスパーソンの具体的な使い方を例文で確認してみましょう。


アイディア・計画を提案する際に使う「いかがでしょうか」の使い方 例文



A: How about contacting the supplier one more time and asking for a discount?
(もう一度サプライヤーに連絡して割引を提案するのはいかがでしょうか。)

B: That’s a good idea. I’ll do that.
(それはよいアイディアですね。そうします。)



A: Why don’t you speak to our IT department?
(弊社のIT部に連絡したらいかがでしょうか。)

B: I tried calling them but nobody answered the phone.
(電話してみましたが、誰も出てきてくれませんでした。)



A: I need to improve my sales results.
(私はセールス成績を上げないといけないですよ。)

B: You could try contacting some of the people on this list.
(このリストに載っている名前に連絡してみたらいかがでしょうか。)



A: I’m not sure which candidate to choose. Both Suzuki and Tanaka’s interviews were impressive.
(どちらの応募者にすればよいのか迷っています。鈴木と田中の面接は両方とても良かったです。)

B: What do you think about Kawasaki? He already has experience in this field.
(川崎はいかがでしょうか。彼はもうすでにこの分野に経験があります。)





プロジェクトや作業等の進捗状況について尋ねる際に使う「いかがでしょうか」


プロジェクトや作業等の進捗状況について尋ねる際に使う「いかがでしょうか」

もう一つの「いかがでしょうか」の使い方として、取引先・お客さん・部下に作業の進捗状況について尋ねる際に使う場合です。

例として、「〇〇の状況はいかがでしょうか」という文脈で使う表現です。ビジネス英語上では、下記のような表現・文法パターンをよく使います。


  • How’s 〇〇 going?
  • Could you let me know how ○○ is going?
  • I’d like to know how 〇〇 is going.
  • Could you let me know how 〇〇 is progressing?
  • Could you let me know about 〇〇’s progress?
  • What’s the latest news on 〇〇?



この「progress」は「進捗」という意味になります。他には、「status」(状況)という言い方もあります。「let me know」という表現はビジネス英語で非常によく使われています。これは「知らせてください」という意味になります。

そして「I’d like to know」は「知りたい」という意味になる表現です。これも便利な表現ですが、ダイレクトに進捗状況を尋ねるのではなく、曖昧に相手の進捗状況を尋ねるという際には「How are things (going)?」という聞き方がいいと思います。

それでは、実際の英語ネイティブのビジネスパーソンの使い方を例文で確認してみましょう。を覚えていきましょう。


進捗状況について尋ねる際に使う「いかがでしょうか」の使い方 例文



A: How’s the project going?
(プロジェクトの進捗状況はいかがでしょうか。)

B: I’ve almost finished. I can send it to you tomorrow.
(もうすぐ終わる予定です。明日送る事ができます。)



A: Hi Peter. Could you let me know how the translation is going? The deadline is tomorrow.
(ピーター、こんにちは。翻訳の状況はいかがでしょうか。締め切りは明日ですよね。)

B: I sent it to you this morning. Hasn’t it arrived yet?
(今朝送りましたよ。まだ届いていないですか。)



A: I’d like to know how your script is going. When do you think you will finish it?
(スクリプトの状況はいかがでしょうか。いつ終わると思いますか。)

B: I’ve written half of it already.
(もうすでに半分書き終えましたよ。)



A: Could you let me know how your work is progressing? My manager was asking about it.
(作業の進捗状況はいかがでしょうか。私のマネージャーがそれについて尋ねていました。)

B: Let’s meet this afternoon to talk about it.
(今日の午後に会ってそれについて打ち合わせしましょう。)



A: Could you let me know about the contract’s progress? Is it nearly finished?
(契約の進捗状況はいかがでしょうか。もうすぐ終わるでしょうか。)

B: Yes, I will finish it tomorrow.
(はい。明日までに終わらせます。)



A: What’s the latest news on the marketing project?
(マーケティングプロジェクトの進捗状況はいかがでしょうか。)

B: We had to cancel it. The client’s budget was cut.
(キャンセルする必要がありました。クライアントの予算はカットされました。)





日程や都合を尋ねる際に使う「いかがでしょうか」


日程や都合を尋ねる際に使う「いかがでしょうか」

ビジネスメールをする際、ビジネス上の会話で打ち合わせ日程や相手の予定を尋ねる・確認するような際には下記のようなフレーズを使う事は一般的です。


  • Are you available ○○?
  • Let’s meet at/on ○○.
  • Is 〇〇 all right with you?



他にもいくつかのフレーズがありますが、上記に紹介した表現が最もよく使われています。それでは、実際の英語ネイティブのビジネスパーソンの使い方を例文でみてみましょう。


日程や予定を尋ねる際に使う際に使う「いかがでしょうか」の使い方 例文



A: When can you meet next to talk about the project?
(いつプロジェクトについて打ち合わせすることができますか。)

B: Well, are you available next Thursday?
(えーと、来週の木曜日はいかがでしょうか。)

A: Yes, I am free then.
(はい、空いていますよ。)



A: I’d like to talk to you about my colleague.
(同僚についての相談がありますが。)

B: Let’s meet at 2pm this afternoon. Come to my office.
(今日の午後の2時はいかがでしょうか。私のオフィスに来てください。)



A: When can you come to check my work?
(いつ私がやった仕事をチェックしに来れますか。)

B: Is tomorrow all right with you?
(明日はいかがでしょうか。)





他の役に立つ表現・例文


他には、上記に紹介したテーマ・カテゴリーに入らない場合の「いかがでしょうか」という意味になるフレーズを紹介していきます。例えば、以下のような表現もあります。



How about later?
(この後はいかがでしょうか。)

Where/When would be convenient for you?
(あなたの具合はいかがでしょうか。)

What do you have planned?
(あなたの予定はいかがでしょうか。)

How is your schedule looking?
(あなたのスケジュールはいかがでしょうか。)

Could you do this by Friday?
(金曜日までにはいかがでしょうか。)





まとめ:ビジネス英語「いかがでしょうか」って英語で何という



まとめると、英語では「いかがでしょうか」という意味になるビジネス英語フレーズは非常に多いです。しかし、結局は「いかがでしょうか」という日本語を直訳出来る便利な英語表現はありませんので、そのまま英語にする事は出来ません。

しかし、ビジネス英語を使う際に「自分が依頼している事」や「自分が尋ねている事」、「尋ねている事の具体的な意味」などを日本語でどんな意味になるのか考えてから、その後に英語に翻訳した方が良いビジネス英語の表現が作れると思います。

それでは、これで以上になります。他にもビジネス英語や英会話に関する疑問、質問してみたい内容があれば、是非以下のページからご連絡くださいね。必ず英語ネイティブが出来るだけわかりやくお答えします。

マスターランゲージに質問


当サイト制作のビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。