リーディング PR

フォニックスとは? ネイティブ子供が英語の発音と読み方を学ぶ際のシステムのフォニックス

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

フォニックスの発音と学習システムについて



今回は英語の発音勉強法でよく耳にする「フォニックス」を使った勉強法についてお話してみたいと思います。このフォにクスとは、英語圏のネイティブの子供たちが英語の読み方を勉強する為のシステムです。

英語の発音と英単語のスペルは、他のヨーロッパの言語と比べると大きな違いがあるので、英語圏以外の人達にとって英語を読み方は、とても難しいです。

アルファベットは26文字ありますが、単語にすると字のコンビネーションによって発音が違います。例えば、単語によって、「a」の発音が変わるので:


(イギリス英語の発音で)

  • cat (a = ア)
  • baby (a = エイ)
  • bear (a = エア)
  • fast (a = アア)




しかし、スペイン語などの言語では、「a」は、大体いつも「ア」という発音になります。

ですから、子供達(非英語圏の国の人達)にとっては、英語のスペルと読み方を覚える事は、かなり難しいことになります。




フォニックスの教え方:アルファベットの発音


フォニックスを使った英語勉強法

アルファベットの字には、名前 (A=エイ、B=ビー、C=セィーなど)があり、発音もあります(A=ア、B=ブっ、C=カッなど)。

最初は子供達はアルファベットの名前ではなくベーシックな発音を覚えて練習していきます。子音と短母音を合わせて、シンプルな英単語を読みます。

例えば、「cat」 は、カッ・ア・ツッという字で作られているので、子供達は、この単語の各字の発音を言って、音節を単語に溶け込ませて発音します。

このロジックを使って、簡単な英単語を読めるようになっていきます。具体的には、以下のようになります。


  • dog → ドゥ・オ・グッ
  • sit → セィ・イ・ツッ
  • bed → ブッ・エ・ドゥ


など・・・



フォニックスの長母音の発音・読み方:長い母音とは:


  • baby (a = エイ)
  • need (e = イー)
  • kite (i = アイ)
  • yoke (o = オー)
  • use (u = ユー)






フォニックスの母音のコンビネーション


  • oo = ウー
  • ee = イー
  • ea = イー
  • ai = エイ
  • au = オー
  • oi = オイ
  • ow = アウ (wは子音だけど)








フォニックスの母音+子音+eのルール


以下に説明しているのはフォニックスの「マジックE」とよく呼ばれているルールです。最後に「E」を付けると母音の発音が変わります。短母音は長母音になります。


  • bat バット → bate ベイト (ア→エイ)
  • kit キット → kite カイト (イ→アイ)
  • cut カット → cute キュート (ア→ユー)






フォニックスの母音+rのルール


母音の後に「r」を付けると母音の発音が変わります。読み方少し長くなります。

a + r = ar(アー) 例えば、car (カー)
e + r = er

など・・・


フォニックスの子音のコンビネーション



  • s + h = シュ
  • c + h = チュ
  • t + h = (カタカナにはならない!)
  • p + h = フ



など・・・

細かいルールは他にもありますが、上記のルールがフォニックスを学習する上では一番役に立ちます。

そして、こういったルールは英語単語の75%くらいのスペルに相当します。他の英単語は例外で直接覚えるしか方法はありません。



フォニックスと子供の英語勉強の相性と効果


近年益々加速する、子供英語・英会話ですが、日本人の子供達には、フォニックスを使った学習システムの効果があるのでしょうか?

このシステム自体はネイティブの子供向けで、ネイティブの子供はもう既に英語が話せます。

ある程度のボキャブラリーが分かるので、フォニックス自体は、彼らにとっては、ただの読み方・読書の学習になります。しかし、日本人の子供には非常に役に立つと思います。

例えば、アルファベットを教える時に、文字の名前を教える際には同時に文字の発音をちゃんと教えた方がいいでしょう。

そして、単語を教えながら文字のコンビネーションに注目すればリーディング力は自然と上がります。

英語のアルファベットの読み方と日本語のローマ字のルールの違いについて教える事がとても大切だと思います。


フォニックスも学べる絵本


子供一緒にネイティブの音声を聞きながらゲーム感覚で英語のフォニックスを学べる絵本です。可愛い動物のイラストを見ながら英語の色の言い方や数を学んでいけます。

イラストが可愛いので子供も喜んで英語に興味をもってくれますね。





バイリンガルの子供を育てる為の英語フレーズ教材


この「Bilingual Baby Building(バイリンガルベビービルディング)」では、英語が苦手なパパ・ママでも子供をバイリンガルに育てる為の手助けをするというコンセプトの教材です。

本教材では、子育てをしながら日常生活の中で毎日の使えるシンプルな英語フレーズ・表現・ボキャブラリーが学べる教材です。

幼児期の頃から日常生活の会話を英語で行う事によって単に英語の知識を覚えるだけでなく、ネイティブのような英語の発音に近づく事も難しくありません。

毎日のちょっとした会話の中で英語を使って子供とコミュニケーションが出来れば、子供は自然と英語を吸収していきます。そういった会話に使える英語の表現、単語、フレーズを学べる子供向けの英語教材です。全部で20レッスンに分かれおり、バイリンガルに関するコラムも含む、全167ページ、音声トラック数40個を含む英語フレーズ教材です。

バイリンガルを育てる為の子供英語教材 Bilingual Baby Builder





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)