ライティング

イギリス英語のスペルとアメリカ英語のスペルの違いを徹底解説

イギリス英語のスペルとアメリカ英語のスペルの違いを徹底解説

イギリス英語とアメリカ英語の歴史からみるスペルの違いを詳しく解説


今回の記事では、イギリス英語とアメリカ英語の違いの中で最も大きな違いといえる、「イギリス英語のスペルとアメリカ英語のスペルの違い」についてお話してみたいと思います。

イギリス英語とアメリカ英語は18世紀頃まで両国共に英語のスペルの制度はとても曖昧で正式には決まっていませんでした。

イギリスとアメリカでは、各地方やエリアによって英語の発音が異なりますので、当然の事ながら単語のスペルにもそれぞれ違いがありました。

18世紀になってはじめて英語の辞書が出版されるようになり、それによって正式な英語のスペルが決められました。1755年にサミュエル・ジョンソンというイギリス人は「A Dictionary of the English Language」という辞書を出版しました。

そして1828年には、アメリカ人のノーア・ウェブスターが「An American Dictionary of the English Language」という辞書を出版しました。現在両国で使われている英語のスペルは殆ど、この二冊の辞書に基づいて作られています。

ウェブスターは当時、自身の思想に基いてアメリカの独立的なアイデンティティーを守る為に「アメリカ英語だけのスペル」を作りました。

しかし、イギリス英語では、ラテン語、フランス語、ギリシャ語などの外来語がルーツの単語のスペルはそのまま使われる事になります。


英米語のスペルの違い ~our を含む単語の違い


英米語のスペルの違い ~our を含む単語の違い
例えば、単語の最後の「our」の音節にアクセントがなければ、アメリカ英語のスペルでは「u」を抜きます。

イギリス英語アメリカ英語
colourcolor
favouritefavorite
flavourflavor
harbourharbor
honourhonor
humourhumor
labourlabor
neighbourneighbor
rumourrumor




英米語のスペルの違い ~re、~erの語尾


英米語のスペルの違い ~re、~erの語尾
アメリカ英語では、デザインや見た目、聞こえが良いために「場所」、「建物」、「地名等」にイギリス英語のスペルを使う事があります。特に建物では高級感を出す駄目にイギリス英語のスペルを使う場合は多いと思います。

イギリス英語アメリカ英語
calibrecaliber
centrecenter
fibrefiber
litreliter
manoeuvremanoeuver
meagremeager
sabresaber
sombresomber
spectrespecter
theatretheater



英米語のスペルの違い ~ce、~seの語尾


イギリス英語アメリカ英語
licence名詞license
licence動詞license
practice名詞practice
practise動詞practice
defencedefense
offenceoffense
pretencepretense




英米語のスペルの違い ~ise、~izeの語尾


このルールは複雑で英語圏のネイティブもよく間違えてしまいます。イギリス英語では、ギリシャ語がルーツの単語は「ize」という語尾になり、フランス語やラテン語がルーツの単語の場合は「ise」という語尾を使う事になっています。


しかし、一般的にはイギリス英語では「~ise」の方が多く使われており、アメリカ英語では「~ize」の方が多く使われます。以下に最もよく使われている単語の例を紹介していきます。

イギリス英語アメリカ英語
organise/izeorganize
recognise/izerecognize
realise/izerealize




英米語のスペルの違い ~yse、~yzeの語尾


イギリス英語アメリカ英語
analyseanalyze
catalysecatalyze
hydrolysehydrolyze
paralyseparalyze




英米語のスペルの違い ~ogue、~ogの語尾


イギリス英語アメリカ英語
analogueanalog
cataloguecatalog
dialoguedialog
homologuehomolog
monologuemonolog




英米語のスペルの違い ~ae、~oeの語尾(ギリシャ語がルーツの単語の例)


先程も少しお話したようにイギリス英語では、ギリシャ語等のラテン語のスペルを使い続けています。

イギリス英語アメリカ英語
amoebaameba
anaemiaanemia
anaesthesiaanesthesia
archaeologyarcheology
caesiumcesium
diarrhoeadiarrhea
encyclopaediaencyclopedia
faecesfeces
foetalfetal
gynaecologygynecology
haemophiliahemophilia
leukaemialeukemia
oesophagusesophagus
oestrogenestrogen
orthopaedicorthopedic
palaeontologypaleontology
paediatricpediatric





英米語のスペルの違い ~llのルール


一般的にイギリス英語では「l」で終る単語は、過去形にした場合、もう一つの「 l 」を入れます。勿論、例外もあります。

イギリス英語アメリカ英語
cancelledcanceled
counsellorcounselor
cruellestcruelest
labelledlabeled
modellingmodeling
quarrelledquarreled
signallingsignaling
travellertraveler
travellingtraveling




英米語のスペルの違い e抜きのルール


イギリス英語アメリカ英語
ageingaging
likeablelikable
liveablelivable
rateableratable
saleablesalable
sizeablesizable
unshakeableunshakable




さらに詳しい英語のスペルに関しては、当サイトのイギリス人ライターが制作したイギリス英語の学習する為の専門教材内で紹介しています。

この教材では、イギリスのカルチャーやイギリス英語の特徴、発音、スペル等、イギリス英語の全てを学べる教材になっています。

英語音声の後に日本語訳の音声が流れる音声教材も付属しているので、場所を選ばす空いた時間を使って好きな時にイギリス英語の勉強が出来ます。

British English Masterの詳細




当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。