リスニング

映画を使い楽しく効果のある英語勉強法を紹介します!

映画を使った楽しい英語勉強法を紹介

英語の勉強法として学習効果も高い映画を使った勉強法



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。イギリス人のマリと申します。今回は「映画を使った英語勉強法」のやり方をステップ毎に詳しく紹介してみたいと思います。

多くの日本人の英語学習者の方は、受験勉強の影響もあってか、所謂「”英語の教科書”のようなテイストの英語教材を使った勉強の仕方は非常に退屈!」と思っている方は多いではないかと思います。

以上の事から、そういった従来の英語勉強法以外の方法で楽しみながら英語を勉強したいという人は多いと思います。そんな際にお勧めなのが、映画を使った英語勉強法です。映画を観る事はもちろん楽しいですよね。

しかし、その楽しいアクティビティーを本当に英語の勉強として取り入れる事は可能なのでしょうか? どうやって効果的な英語の勉強法として活かす事が出来るのでしょうか?

教材を使わず「映画を見るだけで英語の勉強になるの?」と思っている方は多いと思いますし、そもそも、映画を使った勉強法のやり方がわからないという方もいらっしゃると思います。

そこで、今回の記事では、イギリス人の私が日本語を習得した際に効果があった言語学習法として「映画やドラマを使った具体的な勉強法」を基に紹介したいと思います。

実は私は日本に10年以上住んでいます。その際に日本語を独学で話せる、書けるようになりました。そんな私が実践した外国語を学ぶ上で効果的だと思ったいくつかのコツを紹介してみたいと思います。

それでは、始めましょう!





映画で英語を勉強するべき理由とは?


映画やテレビドラマは英語の勉強にとても良い「教材」になると思います。その理由として、まず英語の映画・ドラマは、当然の事ですが英語ネイティブ向けなので「実際に使われている自然な英語」しか出てきません。

しかし、日本人向けに作られた英語教材(英語の教科書)には、ネイティブから見ると不自然な例文が沢山入っています。そういった不自然な例文を英語を勉強していくと、ネイティブとの会話で相手に中々理解されにくくなってしまうと思います。

勿論、そういった英語が全く通じないという事ではありませんが、ネイティブには不自然に聞こえてしまう場合があるので、大切な話などをする際に細かなニュアンスは伝わりづらいです。

ですから、英語ネイティブが実際に話す英語を理解したい場合、初めから自然な英語表現で覚えた方が良いと思います。

映画を使った楽しい英語勉強法を紹介

映画やドラマがお勧めのもう一つの理由としては、映画やドラマは会話のシーンが多いです。ストーリーを見ながら会話の流れを勉強していくと、日常会話によく出る「質問と答えを”セット”で覚える事が出来る」という恩恵が受けられます。


例えば、日本語にも「決まり文句」のような質問内容と答え方が沢山ありますね。例えば、「お帰り/ただいま」、「いただきます・どうぞ召し上がれ」のような「決まりきった表現のセット」が多いと思います。

英語にもそういうセットの表現は沢山あります。映画を観ると、そういった「ネイティブが使うような尋ね方・答え方のセット」を勉強する事が出来ます。


もう一つ、映画やドラマは日常英会話よりスピーキングの速度が早いと思います。俳優たちは自分で考えている会話ではなく「暗記したセリフを話している」ので自然な会話より早いと思います。

ですから、映画を字幕なしで理解する事は難しいですが、逆にその「ハイスピード」の英語が理解出来れば、普通の英語ネイティブと話す時にかなり楽に感じるはずです。

最後にもう一つの有利として、ハリウッド映画は日本語の字幕だけではなく、殆どの場合、英語の字幕も付いています。これは英語の勉強にとても役に立つツールになります。

英語の字幕を使えば、英語のスペルと英語の発音をマッチングさせる事が出来ますし、聞き取れなかった単語の意味を直ぐに確認する事が出来ます。ですから、音声だけでみるよりもずっと内容を理解しやすいです。

そして、知らない単語が出てきたら、字幕をみてその単語を辞書で調べる事が出来ます。映画やドラマで英語を勉強する利点をまとめると、以下のアドバンテージがあると思います:


  1. 教科書を使う事よりとても楽しい勉強法
  2. ネイティブが使う自然な英語を勉強できる
  3. 英会話の流れ・ネイティブのコミュニケーションの取り方が分かる
  4. 英語のリズム・早口の英語にも慣れてくる
  5. 英語の字幕を使い単語のスペルや意味を覚えたする事が出来る


それでは、実際にどのように映画を見ながら英語を勉強していけばいいのでしょうか? 勉強の手順をステップ順にまとめてみました。




ステップ1:英語の勉強に良い映画作品を選ぶ事



映画を使った楽しい英語勉強法を紹介

ハリウッド映画の世界は1年間を通して、平均で600本の映画を出しているそうです。ですから、極端な話を言ってしまうと英語学習者はこれらの作品全てを英語教材として使い勉強する事ができます。

しかし、いくら「英語の映画」だからと言って「英語の勉強に良い」というわけではありません。英語の教材として使える映画作品はある程度限られています。何故なら、英語の勉強として向いていない映画やドラマがあるからです。

例えば、ビジネス英語を勉強したいなら、若者向けのラブストーリーの映画はあまり役に立たないですよね。そして、日常会話の勉強に役立てたいのに、サスペンス映画やホラー映画もあまり役に立つとは言いがたいです。

ですから、先ずは、映画を選ぶ際に英語学習者として「どんな英語を勉強したいのか?」というニーズを考える事が大切になってきます。

また、イギリス英語を中心に勉強したい人は、アメリカのアクション映画を避けるべきだと思いますし(笑)、選ぶ映画はイギリス英語を話しているイギリス映画を選ぶべきです。私の個人的な意見として、日常英会話を勉強したいなら、普通の「ヒューマンドラマ」のような映画を選んだ方が良いと思います。

そして、最もお勧め出来ないのがSF映画や会話シーンの少ないホラー映画です。こういった作品は出来るだけ避けるべき映画のテーマだと思います(笑)。


映画を使った楽しい英語勉強法を紹介

もう一つの考えるべきポイントとしては「映画作品の年代」についてです。例えば、英語は時代が変わると、使われるフレーズ、表現、話し方なども変わります。

そのため、いくら自分が好きな映画だったとしても、とても古い映画を使って英語を勉強する事はあまりお勧めしません。出来ることなら、最近の映画作品やドラマを選んだ方が良いと思います。







ステップ2:映画を見てストーリーを理解する


映画を使った楽しい英語勉強法を紹介

教材として利用する映画を選んだ後は、まず一度その映画を普通に観てストーリーを理解していきましょう。初めて観る映画の際には、日本語の字幕を付けても見てもOKです。

しかし、日本語の字幕を付けてみている場合でも「出来るだけ英語のダイアログに集中する」という見方をお勧めします。

当然、初めての映画なので、聞き取れない部分は多いと思いますが、そんな中でも初心者でも聞き取れる単語やフレーズがいくつか出てくるはずです。そういった際に気になったフレーズ、分からなかった単語があれば、メモを取っておき、後で英和辞書で調べるようにしていきます。

映画作品によっては(特に有名な映画の場合)、英語学習者向けの「スクリプト本(台詞が書かれた台本)」=「スクリーンプレイ」という本が出版されています。このスクリーンプレイのシリーズは英語学習の際にとても役に立つと思います。

今までに数多くの映画のスクリプトがこの「スクリーンプレイ」のシリーズで出版されています。現在「70タイトル」のスクリプトがあります。私の個人的なお勧めとして、英語の日常会話を勉強するには、以下の「スクリーンプレイ」の作品をお勧めします:









ステップ3:英語音声・英語字幕で映画をみる


映画を使った楽しい英語勉強法を紹介

映画の内容を確認してストーリーを楽しんだ後に「日本語の字幕を消して」もう一度、英語の字幕のみで映画をみてみましょう。日本語の字幕でみると、字幕が気になって音声に集中できない人も多いと思います。

ですから、最初の1回目に映画を観る際は、日本語の字幕で観て内容をしっかりと確認した方が良いと思います。そして、2回目にみる際には英語の字幕で映画をみるようにします。

映画で英語の勉強をする最終的な目標は「英語で映画を理解する」という事なので、日本語の字幕に頼らないようにする事が大切です。英語の字幕と英語の音声で映画をみると、映画のスクリプトを英語で理解出来るようになると思います。

このステップでは一度、英語の字幕を付けて最後まで映画をみるという流れです。その際に、出来るだけ俳優が言っているセリフを聞き取れるように努力しながら映画をみて下さい。


ステップ4:シーンごとのリスニング・リピーティング練習


映画を使った楽しい英語勉強法を紹介
ステップ4では、気になるシーンをクローズアップして細かく勉強していきます。好きなシーンを選んで、そのシーンを数回繰り返してみるという方法です。目安としては「5分くらいの短いシーン」でも大丈夫です。

選んだシーンをみながら、知らない単語やフレーズの意味を辞書で調べます。知らない単語やフレーズを全て調べた後に「リピーティング」を行いましょう。

「リピーティング」とは、映画の俳優や女優のセリフを聞いた後に自分で実際に声を出して真似をするという勉強法です。最終的にはスクリプト(または字幕)をみないで、リピーティングできるまで繰り返し練習しましょう。

リピーティングしている際には、台詞の内容・意味だけではなく、自分の発音、リズム、イントネーションもなるべく近くなるように努力してリピーティングを行っていきます。

リピーティングのコツは、出来るだけ俳優・女優の話し方を真似するという点です。90分の映画の中には練習できる(5分の)シーンがいくつかがありますので、台詞を見ずにリピーティング出来るようになるまで練習していきましょう。






ステップ5:英語の音声のみで映画を見る


movie-study-eng
最後のステップは、英語の字幕も付けずに「英語の音声のみで映画をみる」という学習ステップです。ステップ3・4で行った練習がしっかりと出来ているなら、映画を字幕なしで観る際、殆どの台詞を理解出来ているはずです。

もし、分からないところや聞き取れないところが出てきたら、ステップ4のシーンごとの練習を繰り返しましょう。



映画で英語を勉強する方法のまとめ


まとめると、映画で英語の勉強する際には下記のステップを行うべきだと思います。


  1. 自分が習得したい英語のスキル・ニーズを考えて映画を選ぶ
  2. 最初に普通に映画をみてストーリーと内容を理解する
  3. 英語の音声と英語の字幕をつけて映画を見る
  4. シーンごとのリピーティングの練習を行う
  5. 最後に字幕なしで映画をみて聞き取り力を確認する




それでは、是非、映画を使って英語の勉強をしてみて下さいね。今回紹介した勉強法をステップ毎に行っていけば、現在のリスニング力、聞き取り力、発音も良くなるはずです。




当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。