スピーキング

子供と英語のアウトプット練習をする方法とその際のお勧めの教材は?

子供と英語のアウトプット練習をする方法

子供が英語を習得する為に英語を使う機会を増やすには?


マリ
マリ
皆さんこんにちは。マリです。このページでは「子供と英語のアウトプット練習をする方法」についてお話したいと思います。


近年、日本では益々「英語教育の低年齢化」が進んできているようです。そんな中、お子さんに小さいうちから英語に触れさせて自然と英語をマスターさせたいと思っている方は多いようです。

やはり英語教育業界でよく言われているように、英語は小さい頃から始める事がとても大切です。小さい子供は大人よりも上手に英語ネイティブの発音を真似できますし、大人よりも文法パターンを自然に覚えられます。

そして、大人と違って子供は”完璧主義者”ではありませんので、何も気にせずに人と英語でコミュニケーションを取る事ができます。子供は単語のミスや発音の上手い下手を考えずに英語または、他の外国語を話しますので、自然と大人よりも早く外国語を身に着けます。

しかし、英語を上手に話せるようになるためには「子供にアウトプットができる機会を与える」という必要があります。日本に住んでいる一般的な日本人の家族は、多くの場合、英語圏の人と話す機会は少ないと思います。

ですから、自分で英語を話す機会や環境を作り出す必要がありますね。以上の事から、今回の記事では「子供が英語のアウトプットを練習する方法やコツ」について様々なアングルでお話しててみたいと思います。

先ずは、「英語のアウトプット」という表現の意味をもう少し説明したいと思います。





英語のアウトプットとは?


英語アウトプットとは?
「アウトプット」は英語の「output」という単語から来ています。言語学の分野では、「output」は「話す事」、「書く事」という意味になります。逆に「インプット」(input)は「聞く事」、「読む事」という意味になります。

当然のことですが、インプットがないとアウトプットは出来ません。そのため、子供の英語教育でも、大人の英語教育であっても「インプットから始める」という事がポイントです。そして、単語や文法パターンの知識がないと当然英語は話す事が出来ません。

小さい子供は英語が読めませんので、子供のインプットはリスニングだけで大丈夫です。何故なら、子供は自然と成長の過程で「自分の母国語をリスニングだけで覚える事ができた」という事実があります!

そのため、小さい子供に英語を教えようとしている場合には、数多くのリスニングの機会を与えるという事が重要になります。その後、知識がある程度蓄積されてきたら、子供は自然とアウトプットをしていきます。




子供にアウトプットを練習させる為に一緒に絵本を読む事


子供に英語のアウトプットを練習させるには一緒に絵本を読む事

どんな子供であっても絵本を読む事は大好きだと思います。そして小さい頃から英語の絵本を子供に読んであげれば数多くのボキャブラリーと文法パターンを吸収していきます。

もちろん、子供にとって英語の絵本を読む事はインプットの一種ですが、さらにパパ・ママが絵本の内容について質問してみたり、次のストーリーを推測させたりをするような読み方をすれば、アウトプットの練習にもなりますね。

例えばですが、絵本の絵を見ながら、キャラクターについて質問をすると、子供はその答えを言いたくなります。そんな時には「What is 誰々 doing?」(誰々は何をしているの?)や、

Where’s ○○?」(○○はどこにあるの?)と言ったシンプルな質問をしてあげると、子供はその答えとして指さしたり、声を出したりする可能性が高いと思います。これはとても良いアウトプットの一種ですね。

このアクティビティーはパパ・ママが英語が苦手であってもできると思います。例えば、こういったアクティビティーをしたいと思った場合、バイリンガル絵本を使えば英語があまり得意ではない親御さんでもストーリーの意味が分かります。

場合によって、バイリンガル絵本には英語の音声も付いていますので、子供と一緒に音声を聞きながら絵本を見る事もできます。そして、これから紹介するお勧めの絵本には「パパ・ママが使える役に立つ英語フレーズ集」も紹介されています。



これらの英語フレーズは上記に紹介したような「子供に英語をアウトプットさせる為のフレーズ」になります。現在、このシリーズはまだ2冊しか出版されていませんが、これから定期的に新しいバイリンガル絵本がリリースされるようです。

とにかくバイリンガル絵本は様々な使い方が出来るので、子供の英語のアウトプットの練習にはとてもお勧めです。






子供と一緒にフラッシュカードで遊べば英語のアウトプットの練習になる


子供に英語アウトプットを練習させる方法:一緒にフラッシュカードで遊ぶ

次に紹介する子供に英語をアウトプットさせる方法として「フラッシュカード」を使う方法です。フラッシュカードは絵本と違って「ゲーム性」があるので、アウトプットを楽しく行えるお勧めの方法です。

例えば、小さい子供(2歳くらい)と遊ぶ際には「動物のフラッシュカード」を広げて、「What’s this?」(これはなに?)という質問を聞いて動物のカードに指をさして、その答えを子供に英語で答えさせられる機会が作れます。

こういったアクティビティーを行えば、子供は自分で知っている動物の英語の言い方を嬉しく話します。逆に、もう少し年齢の大きい子供であれば、親御さんに逆に質問をするというゲームもいいと思います。

つまり、子供が「What’s this?」とパパ・ママに英語で尋ねます。それに対してパパ・ママが英語で答えるというアクティビティーですね。

もう少し大きい年齢の子供(3,4,5歳)とは一緒に色々なゲームで遊ぶ事が出来ます。例えば、あるヒントを言って、動物の名前を推測させるようなゲームです。子供に順番にヒントを与えていき、それが何の動物なのかを推測させるようなゲームです。フラッシュカードや英語のトランプカードは色々なゲームが出来ますので、英語のアウトプットにはお勧めです!

created by Rinker
¥1,540
(2020/10/25 05:08:59時点 Amazon調べ-詳細)





子供に英語をアウトプットをさせるには英語の歌を歌う事


子供に英語をアウトプットをさせるには英語の歌を歌う事
最近、ユーチューブの英語歌チャンネルは世界中で流行っています。英語のユーチューブを流す事はかなり受け身で主に「インプット」しか練習させる事が出来ません。

しかし、パパ・ママも一緒になって英語の歌の歌詞を覚える事が出来れば、ユーチューブなしで子供と一緒に英語の歌を歌う事は可能になりますね。

例えば、お風呂の時間に子供と一緒に歌う事もできますし、ドライブなどをしている時間にも歌えますね。英語を歌を使えば、どんな時でも英語のアウトプットを練習するチャンスを作る事ができると思います。


私のお勧めのチャンネルはこちら:


  • Little Baby Bum
  • Super Simple Songs
  • Dave and Ava
  • Mother Goose Club


他にも利益目的の、「偽物っぽい」広告の多いチャンネルが多数ありますので、上記に紹介した4つのチャンネルは世界中の親御さんが利用している質の良い人気チャンネルだと思います。

そして、これら4つのチャンネルは自分のグッズ(CDやDVDなど)を販売していますので、これらを利用すればオフラインでも英語の歌を歌う事ができます。

created by Rinker
Little Baby Bum
¥3,277
(2020/10/25 08:50:34時点 Amazon調べ-詳細)





子供に英語のアウトプットをさせるには子供向け英会話教室を使う


子供に英語のアウトプットをさせるには子供向け英会話教室を使う
自分の英語に自信がない方は多いと思います。そんな方は「子供向けの英語教室」を利用する方法も一つの手です。最近、色々な英会話スクールが「子供向けに特化したレッスン」を行っています。

例えば

  • Aeon Kids
  • Shane
  • Benesse
  • Berlitz
  • ECC


これらの英会話スクールは「子供向けの英会話レッスン」を積極的に行っています。マンツーマンのレッスンもありますし、グループレッスンもありますので、自分の子供のニーズに合わせてレッスンの種類を選ぶ事が出来ます。

講師は外国人の先生だけではなく、英語専門家の日本人の先生も選ぶこともできます。殆どの場合、英語の歌やゲームなどを通して楽しい時間を過ごしながら英語のインプットとアウトプットを練習させています。

そして、1歳くらいから始められるレッスンも中にはありますので、これらを利用すれば小さいうちから英語脳を作る事ができます!





英語が苦手なパパ・ママのアウトプットを上達させるには?


英語が苦手なパパ・ママのアウトプットを上達させるには?
英語を話せる子供を育てたいと思っている親御さんは、「家で英語環境を作る」という必要があります。しかし、多くの日本人のパパ・ママは自分の英語に自信があまりないのではないかと思います。

そのため、自分の英語をレベルアップさせるためには親御用にアウトプット向けの教材をお勧めしたいと思います。この「English Reboot」という教材は当サイトのライターによって作られました。

アウトプットを練習させるために特化した専門教材です。内容は中学校英語のカリキュラムに基づいていますので、本当に「ゼロから」英語を再スタートしたい人向けの教材です。

ダイアログと例文をしっかり聞いて、その後に音声に合わせて覚えた英語パターンのアウトプット練習ができます。この教材は自分の英語力に自信のないパパ・ママにはピッタリな内容だと思います。

English Rebootの詳細をみてみる



まとめ:子供と英語のアウトプット練習をする方法


まとめると、子供の英語レベルを上達させたいと思っている親御さんは「アウトプットの練習」とても重要になってきます。子供は楽しい勉強が一番好きなので、そのためには「絵本、フラッシュカードゲーム、英語の歌」などを通して英語のアウトプットをさせることが最も効果的だと思います。

家でちょっとした時間を使って毎日英語に触れさせていけば、子供は小学校に入る前に中学校1年生くらいの英語レベルにまで到達できるはずです。

子供の英語教育についてもっとこんな事が知りたい!という方は、是非当サイトのネイティブまでご連絡くださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。