ライティング

ビジネス英語で丁寧な表現と依頼をする際のフレーズ

ビジネス英語で丁寧な表現と依頼をする際のフレーズ

ビジネス英語で上司や同僚に丁寧なニュアンスの命令・依頼する際のフレーズとは?


毎回ある程度人気になるビジネス英語のライティング表現についての記事ですが、今回紹介するビジネス英語のフレーズは「同僚に何かを頼む・依頼する際の丁寧なフレーズ」を紹介していきたいと思います。

英語圏でのビジネス上の人間関係として、人に何かをお願いする際に強く「命令」すると言うニュアンスよりも、部下に何かを「頼む」・「お願いする」という考え方が前提にあります。

これは日本の企業でも業種や職種によって様々なケースがあると思いますが、英語圏でのビジネス上の人間関係では、誰かに仕事を頼む際あからさまに強く「命令」すると部下の信頼やリスペクトを失い、仕事を指揮する上司として嫌われてしまうので、あまり良いビジネス上ので人間関係が築けません。


特に英語では、日本語のような「敬語」という文法がありません。その代わり英語圏のビジネス環境では目上の人と話す際に、言葉遣いやマナー、言い方などの点に注意を払って英語を話す必要があります。

この言い方やマナー・伝え方が日本語の敬語にあたる相手への丁寧な接し方になります。ですので、ビジネス上で相手に何かを頼む際には下記のフレーズを覚きましょう。


ビジネス英語で何かを依頼する際のフレーズ

 


  • Could you ○○?
    (○○してくれませんか?)
  • Would you mind ○○ing?
    (○○して頂けませんか?)



先程も説明した通り、英語には日本語と違って敬語という文法がありませんから、日本語の敬語を完璧なニュアンスで英語に置き換えて翻訳する事は出来ません。

上記のビジネス英語の例文は、例えば英語圏の会社で上司が部下に言った場合も、部下が上司に言った場合でもニュアンス的にOKです。失礼な表現にはなりません。Could you ○○? という表現は特に役に立つフレーズです。いつでも使える丁寧な表現です。


丁寧なビジネス英語例文


  • Could you finish this by the end of the day?
    (これを今日中に済ませてもらえませんか?)
  • Would you mind calling Mr Smith for me?
    (スミスさんに電話して頂けませんか?)





ビジネス英語で命令する内容を丁寧にやわらかく伝える際のフレーズ


多くの日本人の英語学習者は「英語には敬語はないでしょう」、「英語はカジュアルで気軽な言葉」というイメージがあると思います。

しかし、そんなカジュアル英語にも会話する相手によって、言い方や伝え方が違います。特に仕事の指示や命令する場合、依頼内容を丁寧にやんわり伝えたいケースも出てくると思います。

そのような際には上記のフレーズを以下のように表現して伝えるようにしていきましょう。


さらに丁寧な依頼の仕方例文


  • When you have time, could you ○○?
    (時間があれば、○○してもらえませんか?)
  • If you have a moment, would you mind ○○ing?
    (少し時間があれば、○○して頂けませんか?)
  • Could you do me a favor?
    (あなたにお願いがあるんですが。)
  • If you’re not too busy, could you ○○?
    (もしお忙しくない場合、○○をしてもらえませんか?)(直訳)



上記のフレーズは無理やり日本語の敬語に直訳したものです。勿論ニュアンス的には正しい丁寧なビジネス英語として使えますが、日本語がネイティブの日本人にとっては少し変な言い方に聞こえるかもしれません。

しかし英語圏の上司は、自分の部下にこういった表現を使って話します。上司は自分の部下に丁寧な表現を使ってお願いをしますが、上司と部下の間では、これらの表現が「命令」だという事が理解出来ます。

私は、ビジネス英語を教えている際によく「よろしくお願いします」は英語で何と言いますか?といった質問される事がありますが、英語にはこのような決まり文句がありません。そして、多くの日本語の
定型表現を英語に直訳する事は出来ません。

ただ英語で何かを依頼する際にはしっかりと「please」、そして「thank you」を付け加えるようにして下さい。これは最低限のマナーになります。そういった最低限のマナーに気を配る事によって、英語のコミュニケーションでも気持ちの良い人間関係が作れると思います。


丁寧なビジネス英語例文:感謝



A: Could you send this letter for me?(この手紙を送ってくれませんか?)

B: Sure. I’ll do it now.(かしこまりました。直ぐに送ります。)

A: Thanks.(よろしくお願いします。)





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。