英語が上達しない人は要注意! よくある間違った5つの英語勉強法とは?

中々英語が上達しない人がよくする間違った英語勉強法



英語・外国語を勉強している多くの人々は、目に見えた成果がないと勉強を直ぐに諦めてしまう傾向があると思います。

そして、英語の勉強を途中で諦めてしまう人達が多くの言い訳を使い二度と英語に触れなくなってしまうという事が多いです。

例えば・・「私は頭が良くないから英語が出来ない・・・」、「日本人は外国語が喋れない・・・」、「英語は難しすぎる・・・」などの言葉をよく耳にします。

しかし、英語が上達できない理由としては、個人の能力の問題ではなく、「ただ単に勉強の方法が間違っている」という可能性は高いです。しかし、英語を含めた外国語は、誰にでも話せるようになれますが、個人が選ぶ勉強方法によっては結果は、かなり変わってしまいます。

今回、このページでは、外国語学習者が最も陥りやすい間違った学習方法のポイントについて紹介したいと思います。

このアドバイスは、この新聞記事に基づいていますが、やはり今まで当サイトで紹介したアドバイスとほど同様ですね^^





英語が思うように上達しない人は要注意! 英語の勉強法の間違えトップ5
英語が思うように上達しない人は要注意! 英語の勉強法の間違えトップ5


こちらの記事もお勧め:




その1. 上達しない人は圧倒的に「リスニング量が足りない」という事実



赤ん坊は、自分の母国語を話す前に、母親の言葉をリスニングしている期間がかなりあります。

多くの日本人英語学習者は、リーディングを中心に英語学習を済ませている人が多いと思いますが、リーディングだけで話せるようになる人は殆どいないと思います。



その2.  英語に興味はあるが「英語圏のカルチャーに興味がない」という人



英語(他の外国語も含め)は「生きていた言語」といってもいいです。そして言語は、その国のカルチャーの表現です。言語とカルチャーは、非常に近い関係があります。

ですから、本当にネイティブのように流暢に話せるようになりたければ、単語と文法以外にも、その国の「マインドセット」や「考え方」、「ユーモア、言葉遣い」を理解する必要があります。



その3.  英語学習に対して「決まりきった考え方」を持っている人が多い



これは、特に日本人の英語学習者の問題だと思いますが、日本の教育制度の影響もあり多くの日本人の英語学習者の多くの人は今でも「英語」=「文法ドリル」というような考えを持って英語の勉強に取り組んでいる人が多いと思います。

実は英語学習には色々な勉強方法がありますし、多くのコツやアプローチがあります。上手な英語学習者は、英文法の学習だけではなく「様々なアングルから英語の勉強をしている」という人が多いです。



その4. 英語学習について「信憑性の無い曖昧な情報」に振り回されている傾向がある



英語(どの言語でもそうですが)は、昔々から進化して来た言語です。他の国の言語に影響されて進化した言語なので、ロジックだけでは話せるようになりません。

文法のパターンがありますが、例外も当然多いので、多くのフレーズを覚える必要があります。学習中に「これはおかしいよ!」、「何故こうなるの?」と考え過ぎてしまうと、不満が積もり積もって英語習得を諦めてしまうかもしれません。

あなたは英語の変わった「ルール」を変える事は出来ませんので、リラックスして、日本語との違いをしっかりと理解した上で言葉を吸収するしかありません。



その5. 「間違えを指摘される事の恐怖や恥」を感じる為に人前で英語を話さない



このサイトを見てくれている方なら、ご存知だと思いますが、「英語の文法知識」=「英会話力」になるわけではありません。英語を話せるようになりたければ「会話パートナーと一緒に英語を話す練習する」という必要があります。

例えば多くの日本人のビジネスマンは、通勤電車で英語の本を使って勉強していますが、駅で外国人に英語で話しかけられそうになった場合、逃げ腰になっていませんか?今まで学んだ知識を口にしないと英会話力は上達しません。

ですから、話す「恐怖」に打ち勝って、コミュニケーションで英語を練習する事が必要です。



以上のように、偉そうに色々と書いてきましたが、過去に私が独学で日本語を本格的に勉強し始めた時も、何度も挫折しそうになりました。

しかし、今では特に不自由なく日常生活を日本語でこなし、日本の読み書きも出来、会話レベルとして日本語を話せるようになりました。

私の意見では英語をマスターする為には、パターン単位で覚えて効率的に学ぶべきだと思っています。私も外国語を勉強する際には、すべてパターンで勉強してマスターしてきました。

以下のサイトでも、パターンを使った勉強方法と教材のお勧めの学習法が紹介されているので、是非参考にしてみて下さい。特にスピーキングをメインとした「話せる英語をマスターしたい」という人にはお勧めです。

社会人(ビジネスパーソン)になって英語が必要になり基礎から英語学習をやり直したい方、英会話力を上達させたい方、独学で英語をマスターする為の勉強法とノウハウが紹介されているサイト


>> 英語をやり直したい人向けの英語勉強法を紹介しているサイト:英語マスターへの道






スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post