単語

hearing(ヒアリング)とlistening(リスニング)違いの意味の違い・ニュアンスについて:使い方と例文を紹介

「hearing」(ヒアリング)と「listening」(リスニング)の意味の違い

hearing(ヒアリング)とlistening(リスニング)の違いってどんな違いなんですか?



「Hear」と「listen」という英単語は日本人の英語学習者にとっては少し間違いやすい箇所だと思います。そして、おそらく昔の日本の英語教育では英語を聞き取りする事を「ヒアリング」と呼んでいた事が、現在の「hearing」(ヒアリング)と「listening」(リスニング)を混同する原因になったのかもしれません。



特に最近「ヒアリング」と「リスニング」というカタカナの単語は英語教材を売る為のキャッチコピーになっていますので、この意味の違いを理解していない人もまだまだ多いと思います。

そこで今回は「hearing(ヒアリング)」,「listening(リスニング)」という英語の動詞の意味と使い方の違いについて紹介していきたいと思います。


「hearing」(ヒアリング)と「listening」(リスニング)の意味の違い「hearing」(ヒアリング)と「listening」(リスニング)の意味の違い

参考記事:




「hearing」(ヒアリング)と「listening」(リスニング)の意味の違い: 1. 「hear」



「hear」という単語は「聞く」という意味ですが、「自然に聞こえる」、「耳にする」という日本語の方が最も近いニュアンスだと思います。つまり、「勝手に聞こうとする」ではなく、「自然と耳にする」といった感じです。


例えば:

I heard a voice from outside.
(私は外から声が聞こえました。)


I could hear him but I couldn’t see him.
(私は彼の声が聞こえましたが、姿は見えませんでした。)


I can’t hear anything.
(私は何も聞こえない。)


Can you hear me?
(私の声が聞こえますか?)


I heard some good news yesterday.
(私は昨日良い知らせを聞きました。)


「Hearing」という単語は(英語教材とは関係なく!)「聴覚」という意味になります。


例えば:

I’m hard of hearing.
(私は耳が遠いです。)


Her hearing is bad.
(彼女は耳が遠い。)


My grandfather wears a hearing aid.
(私のおじいさんは補聴器を使っています。)



「hearing」(ヒアリング)と「listening」(リスニング)の意味の違い: 2. 「listen」



「listen」は「行為動詞」です。つまり、「意思をもって聞こうとする」という意味になります。目的語と一緒に使うと「listen to ~」というパターンを使う必要があります。


例えば:

Please listen to the teacher.
(先生の話を聞いてください。)


Listen carefully.
(ちゃんと聞いてください。)


Why aren’t you listening?!
(あなたはどうして聞いてくれないの?)


Listen!
(聞いて!)




他の「listen」や「listening」という単語を使うフレーズ紹介



listen in (人の話を盗み聞きする)

She listened in on my phone calls!
彼女は私のプライベートの電話の話を勝手に盗み聞きしたよ!)


listen up (よく聞く・真剣に聞く)
※主にアメリカ英語、スラングとしての使い方

Hey, listen up. I’ve got something to tell you.
(ねえ、よく聞いて。私は言いたい事があるんだ。)


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。