使い分けの違い

betweenとamongの違いとは? 使い分けやイディオムも紹介

betweenとamongの違いとは? 使い分けやイディオムも紹介

実は色々な意味として使える betweenとamongの違いと使い方、使い分けを徹底解説


マリ
マリ
皆さんこんにちは。今回の記事を担当するマリと申します。皆さんは「betweenとamongの違い」についてご存じでしょうか? 一見すると似ているこの二つの単語ですが、実は色々な点で違いがあります。この記事では、betweenとamongの違いを紹介しながら双方の正しい使い方、イディオムとしての使い方も紹介したいと思います。


betweenとamongは双方ともに「~の間に・で・を」という意味になる前置詞です。

しかし、厳密に言うともっと細かいニュアンスの違いがありますので、シーンによって使い分ける必要が出てきます。そういった細かい使い分けについても実際にネイティブが使うような例文で紹介していきます!



betweenとamongの最も大きな違いとは?


betweenとamongの最も大きな違いとは?
簡単に説明してしまうと、「between」は「二つの物の間」といった話をする際に使います。一方「among」は「三つ、三つ以上の物の間」といった話をする際に使います。

しかし、例外として「三つの物の間」という話しをする際に使える場合もあります。ケースとしては、「三つの具体的な物」について話す際です。

イギリス英語では、「among」だけではなく、「amongst」という言い方もあります。両方とも正しいスペルと発音なので、どちらも使っても大丈夫ですが「amongst」は少し古い言い方です。

アメリカ英語では「among」という言い方が一般的に使われています。それでは、シーンで別けて使い方をクローズアップしていきます。



物の位置を説明する際に使う betweenとamongの違い


物の位置を説明する際に使う betweenとamongの違い
「物の位置」に関する話をする際、「between」は「~と~の間にある・いる」という意味になります。つまり、「何かが二つの物の間にある」という情報を説明したい際に使う単語です。

逆に、「among」は「~に囲まれている」という意味になります。つまり、「何かが二つ以上の物に囲まれている」という情報を説明したい際に使う単語です。

それでは、実際の使われ方を例文で確認していきましょう。


物の位置を説明するbetweenの例文


My house is between a pub and a restaurant.
(私の家はパブとレストランの間にあります。)


Please sit between Katy and Emma.
(ケイティーとエマの間に座ってください。)


The apple is on the table, between the book and the glass.
(リンゴはテーブルの上に置いてあります。本とグラスの間にあります。)


物の位置を説明するamongの例文


The house was hidden among the trees.
(家は木々の中に隠れています。)

He sat amongst the other students.
(彼は他の生徒の間に座りました。)

Your essay is in among all the essays on my desk.
(あなたのエッセイは机にあるエッセイの中にありますよ。)





「~の間で分ける」という際に使う betweenとamongの違いとは?


「~の間で分ける」という際に使う betweenとamongの違いとは?
食べ物、お金などの物を誰かと分ける際には「between」か「among/amongst」を使います。その人数が二人の場合は「between」を使い、二人以上の場合は「among」を使います。

「分ける」は英語で「share」や、「divide」になります。フレーズとして、「share/divide ○○ between/among 人々」になります。では、例文で使い方を確認していきましょう。


「~の間で分ける」を説明するbetweenの例文


Divide the money between yourselves.
(そのお金を二人で分けてください。)


Share the sweets between yourselves.
(お菓子を二人で分けてください。)


My husband and I won the lottery.  We divided the winnings between ourselves and bought what we wanted.
(私と旦那は宝くじに当たりました。私たちは宝くじのお金を二人で分けて好きな物を買いました。)




「~の間で分ける」を説明するamongの例文


Divide the money among yourselves.
(そのお金をみんなで分けてください。)


Share the sweets amongst yourselves.
(お菓子をみんなで分けてください。)

My parents won the lottery.  They divided the winnings among all the members of our family.
(私の親は宝くじに当たりました。彼らは宝くじのお金を家族のメンバーの間に分けてくれました。)



「ある数・仲間内で」という際に使う betweenとamongの違いとは?

 

「ある数・仲間内で」という際に使う betweenとamongの違いとは?

物を比較する際にも「between」か「among」を使います。しかし、「between」は二つの物、「among」は三つの物(以上)の話をする際に使います。

ちょっと分かりづらいかもしれませんので、例文で詳しくみていきましょう。


「物を比較する」際に使うbetweenの例文


Between Mark and Daniel, who do you like the best?
(マークとダニエル、どっちの方が好き?)


I have to choose between staying in the UK and moving back to Japan.
(私は、イギリスに滞在するか、日本に帰国するか決めなければならない。)


「物を比較する」際に使うamongの例文


Among romantic comedies, I like “Love Actually” the best.
(ロマンチックコメディーというジャンルの中で、私はラブ・アクチュアリーが一番好きです。)


He is among the best footballers in the world.
(彼は世界一流のサッカー選手の1人です。)



「お互い・協力して~する」という際の betweenとamongの違いとは?

 

「お互い・協力して~する」という際の betweenとamongの違いとは?
「みんな・二人で力を合わせて~する」という表現を使う際には、「between」か「among」を使えます。


お互い・協力して~するというという場合に使うbetweenの例文


Settle it between yourselves.
(二人で協力して解決しなさい。)


Please discuss the problem between yourselves.
(二人で問題について話し合ってください。)



「お互い・協力して~する」という場合に使うamongの使い方 例文


Settle it among yourselves.
(みんなで協力して解決しなさい。)


Please discuss the problem amongst yourselves.
(みんなで問題について話し合ってください。)




betweenの他の使い方は?


betweenの他の使い方は?
「between」は主に「二つの物/事・二人の間」についての話をする際に使われていますが、実は例外もあります。

例えば、具体的な物・事の中で選ぶ際、二つ以上あっても「between」を使える場合があります。文章で説明すると理解しづらいと思いますので、実際の使い方を例文で確認していきましょう。


二つの物・人以上に関する使うbetweenの例文


She had to choose between Waseda, Keio, and Tokyo University.
(彼女は早稲田、慶応、東大の中で選ぶ必要がありました。)
※具体的に大学の名前を使ったので「between」を使えました。


The differences between English, Japanese, and Chinese are significant.
(英語、日本語、中国語の間に重大な違いがあります。)




betweenが含まれているイディオム


betweenが含まれているイディオム
betweenという単語は色々なよく使われているイディオムと表現に出てきます。これから、そういうイディオムを紹介したいと思います。


between you and meの意味と使い方


この表現は相手にしか言わない秘密を言う際に使います。つまり「この情報は私とあなたの間だけですよ」という意味をするフレーズです。

Between you and me, I think Mike is having an affair.
(ここだけの話なんだけど、マイクは浮気していると思うよ。)

This is just between you and me but I want to tell you something. I’m pregnant!
(私は言いたい事がありますが、ここだけの話ですよ。私は妊娠していますよ!)


between a rock and a hard placeの意味と使い方


このイディオムは「板挾みになって」や「どうしようもない状態」という意味になります。困っている際に使う表現です。

I’m between a rock and a hard place at the moment.  I want to quit my job because it’s causing me stress but if I do, I won’t have any money.
(私は今同時ようもない状態です。ストレスが多いので仕事を辞めたいですが、そうするとお金がないでしょう。)

She wants to work to earn money but if she does, she’ll have to pay most of her salary in childcare. She’s between a rock and a hard place.
(彼女はお金を稼ぎたいので仕事がほしいですが、働くと、保育費で全ての給料がなくなるのでどうしようもない状態です。)




「between」と「among」の違いのまとめ


まとめると、betweenとamongは両方とも「~の間」という意味になりますが、使い方の違いがあります。betweenは主に「二つの物の間」という意味を表します。

amongは主に「三つの問題の間」、「色々な物に囲まれている」というニュアンスを与える単語です。そして、それぞれの単語は違うイディオムとフレーズに入っています。

英会話で間違って単語を選んでも意味が通じますが、英語ネイティブっぽい英語を話したいなら、betweenとamongの違いと正しい使い方を覚えた置いた方が良いと思います。

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。