単語

「beef」は英語で「牛肉」という意味だけじゃない?ちょっと変わった「beef」のスラング的な使い方

「筋肉」という意味になる「beef」

英語で「beef」は「牛肉」という意味だけじゃない!ちょっと変わった「beef」のスラング的な使い方を紹介します



今回の記事では久しぶりに英語のスラングを紹介していきたいと思います。今回紹介するスラングは「beef」という単語になります。

殆どの読者の方は「beef」の英語の意味はご存知だと思います。「beef」は元々「牛肉」という意味になりますね。日本でも近年「ローストビーフ」が人気になって、「ローストビーフ丼」というメニューを出しているお店も人気になっているようですね^^ 


ですから、英語学習者ではない一般の方にも「beef」という単語の意味は広く知られていると思います。

しかし、実は「beef」という単語は他の使い方、そして他の意味もあります。今回の記事では、スラングとして「beef」を使った場合の意味と使い方を紹介したいと思います。


「beef」をスラングとして使った場合って?

こちらの記事もお勧めです:




「筋肉」という意味になる「beef」



「筋肉」という意味になる「beef」「筋肉」という意味になる「beef」


このスラングはとても分かりやすいと思います。「マッチョ」の男性の筋肉は英語でよく「beef」と呼ばれます。そして、「beef」に「y」を付けると、「beefy」という形容詞を作る事が出来ます。

この「beefy」とは「筋肉が多い」という意味になります。そして、「筋肉の多いマッチョ」は「beefcake」と呼ぶ事があります(笑)。


ちょっと面白いスラングですね^^ それでは、実際の使われ方を例文でみていきましょう。



例文:

My husband started going to the gym and put on a lot of beef.
(私の旦那はジムに通い始めて筋肉をつけました。)


My sister’s boyfriend is very beefy.
(僕のお姉ちゃんの彼氏は筋肉が多い。)


I don’t like beefcakes. I prefer skinny men.
(私は筋肉の多い男性が好きじゃない。私は細い男性の方が好き。)




「強くする」という意味になる「beef」



この使い方は上記の意味に似ています。「to beef ~ up」という句動詞は「何かを強くする」や「筋肉を付ける」という意味になります。

例えば、自分の体が細くて弱いという場合には、「I want to beef up」(=私は筋肉を付けて強くなりたい)というフレーズを使います。そして、体型の話しだけではなく、「足りない物」、「薄い物」を強くしたいという場合には、「to beef ~ up」という句動詞を使う事が出来ます。


それでは、実際の使い方を例文を通して覚えていきましょう。


例文:

I am too skinny. I want to beef up a bit.
(私は細すぎる。もっと筋肉を付けたいと思う。)


This essay is too short and lacks detail. I need to beef it up a bit.
(このエッセイは短すぎて詳細が足りないよ。もう少し長くして詳細を足す必要がある。)




「不満」、「文句」という意味になる「beef」



このスラングは元々アメリカ英語のスラングです。このスラングはよく「ヒップホップ音楽やブラック映画」に出てきます。しかし、だからといって、このスラングの使用は別に「アメリカの黒人にしか使われていない」というわけでもないです。

このスラングは「got beef」というフレーズでよく使われています。それでは、例文で実際の使い方をみていきましょう。


例文:

I’ve got beef with Mike.
(私はマイクに文句がある。)


Have you got beef with me?
(あなたは私に文句あるの?)


では、今回の記事では「beef」というスラングの意味を紹介しました。「beef」って色々な使い方がありますよね^^ 他にも英語関係の質問があれば、是非ご連絡くださいね^^

質問はこちらから >> マスターランゲージのライターに質問



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。