スポーツ試合の「決勝戦」や「準決勝」,「準々決勝」は英語で何という?

英語で「決勝戦」や「準決勝」,「準々決勝」は英語で何というのでしょうか? 英語でスポーツの話をする際に役に立つボキャブラリーを紹介



今回の記事では「英語でスポーツの話をする際に役に立つボキャブラリー」を紹介してみたいと思います。

今日これから紹介する単語は、「スポーツのトーナメント」について話す際に使う単語なので、どんなスポーツの種類にも使えるボキャブラリーだと思います。

それでは、「決勝戦」、「準決勝」、「準々決勝」という三つの単語の英語の言い方を紹介していきたいと思います。



スポーツ試合の「決勝戦」や「準決勝」,「準々決勝」は英語で何という?
スポーツ試合の「決勝戦」や「準決勝」,「準々決勝」は英語で何という?


こちらの記事もお勧めです:




1. 「決勝戦」は英語で何というのでしょうか?



英語で決勝戦は「final」という言い方になります。そして、決勝戦に出場するチーム・選手は「the finalists」と言います。

例えば、ワールドカップの決勝戦は「the World Cup Final」と言います。テニストーナメントの決勝戦は、「the Wimbledon Final」、「the final of the US Open」などの言い方になります。

そして、オリンピックの100メートル走の決勝戦は「the men’s/women’s 100m final」という言い方になります。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


実際の例文:


Brazil have made it to the World Cup Final again.
(ブラジルはまたワールドカップの決勝戦にたどり着いた。)


Sato lost in the final to the American player.
(佐藤選手は決勝戦でアメリカ人の選手に負けた。)


She has played in the Wimbledon final three times.
(彼女は3回もウィンブルドンの決勝戦に出場した。)




2. 「準決勝」は英語で何というのでしょうか?



「準決勝」は英語で「semi-final」という言い方になります。イギリス英語の発音は「セミファイナル」と日本の読み方に近いですが、アメリカ英語の発音は「セマイファイナル」になります。

準決勝には4つのチームが残っていますから、時々「the last four」という言い方も使われています。準決勝に出るチーム・選手は「semi-finalist」と言います。


実際の例文:


The semi-final matches will be played next Saturday.
(準決勝の試合は来週の土曜日に行われます。)


Which teams went through to the semi-finals?
(準決勝に進んだチームはどれですか?)


We are in the last four of the World Cup!
(私たちはワールドカップの準決勝まで進んだよ!)




3. 「準々決勝」は英語で何というの?



「準々決勝」は英語で「quarter finals」と言います。他には、「the last eight」と表現する事もあります。準々決勝に進んだチームは「quarter-finalists」と言います。

それでは、実際の使い方を例文で確認していきましょう!


実際の例文:


The quarter final matches were played yesterday.
(準々決勝の試合は昨日行われました。)


I really hope we get through to the quarter finals this year!
(今年の準々決勝に進めるといいね。)


We lost in the quarter finals last year.
(私たちは去年準々決勝で負けた。)


準々決勝の前の試合はトーナメントに入っている「人数・チーム数」によりますが、「round 4/5/6」、「the fourth/fifth round」などの言い方がよく使われています。

そして、「the last 16」という言い方もあります。 時々、準決勝の二つの試合で負けたチームは試合を行って銅メダルのために戦います。この試合は「third place play-off」と言います。

以上、今回は英語でスポーツ試合の話をする際に役に立つボキャブラリーを紹介してみました。

例えば、スポーツバーなどに何かのスポーツ試合を見に来ている外国人がいた際、話しかける時にこういったボキャブラリーは役に立つと思いますので、そういう機会がある方は是非使ってみて下さいね^^





スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post