「くしゃみ」,「咳」,「あくび」は英語で何と言う?

英語では「くしゃみ」,「咳」,「あくび」は何という? どんな英語表現になるのか?



今回の記事では、日常会話でよく出る可能性のある3つの英単語の意味と使い方を紹介したいと思います。今回紹介するのは「くしゃみ、咳、あくび」という英語になります。

こういった単語は英語の教科書にあまり出ませんが、実際に英会話をする際に意外と知りたくなるような役に立つ英単語だと思います!

それでは、「くしゃみ」、「咳」、「あくび」は英語で何というのでしょうか? 各単語の使い方と意味を紹介しながら、各単語のルーツ、関連する英語表現も合わせて紹介していきます^^


「くしゃみ」,「咳」,「あくび」は英語で何と言う? 各単語のルーツも合わせて紹介します!
「くしゃみ」,「咳」,「あくび」は英語で何と言う? 単語のルーツも合わせて紹介


こちらの記事もお勧めです:




1. 「くしゃみ」は英語で何と言うのでしょうか?



「くしゃみ」は英語で「sneeze」になります。「sneeze」は名詞として使っても大丈夫ですし、動詞としても使えます。

日本語の「くしゃみ」の音は「はくしゅん!」と表現すると思いますが、英語では「ahchoo!」になります。


英語圏の国に行った事がある方はご存知の方も多いと思いますが、英語圏の国では、ある人がくしゃみをすると、その周りにいる人は「Bless you!」という決まり文句を言う習慣があります。

これを初めて聞いた日本人は不思議に思う方も多いと思いますが、実はこの表現はルーツがとても深いです。大昔、英語圏の国では、くしゃみは「ペスト病」の症状と言われていた時代がありました。

その当時「ペスト病」にかかった人は死ぬ可能性がとても高かったのです。その事から「Bless you」という表現は「神のご加護がありますように」という意味になっていきました。

これは「死んでしまいそうな人に言うような台詞」です。勿論、現在、くしゃみをする人がペスト病で死ぬわけではありませんが、くしゃみの際に「bless you」と言う習慣はまだ残っています。



実際の例文:


I can stop sneezing. I must have hay fever.
(私はくしゃみが止まらない。花粉症だろうね。)


I’ve sneezed 10 times today. Maybe I’m catching a cold.
(私は今日10回もくしゃみをした。風邪を引いたかな?)


My husband has a really loud sneeze.
(私の旦那はくしゃみがうるさい。)


おすすめ記事:




2. 「咳」は英語で何と言うのでしょうか?



「咳」は英語で「cough」(発音:コッフ)という言い方になります。「cough」は名詞としても動詞としても使う事が出来ます。

咳には様々な種類があります。もし英語圏の国で病院に行く事になって、医者と話す事があれば、咳の種類が説明できれば役に立つと思います。


咳の種類

  • dry cough・・・痰が出ない咳
  • tickly cough・・・厄介な咳
  • chesty cough・・・痰が出る咳


実際の例文:


If you can’t stop coughing, you should go to the doctor.
(咳が止まらなかったら病院に行った方がいいよ。)


You should take some medicine for that cough.
(あなたはその咳を治すために咳止めの薬を飲んだ方がいいよ。)


I have a chesty cough.
(私は痰が出る咳をしています。)




3. 「あくび」は英語で何と言うのでしょうか?



「あくび」は英語で「yawn」になります。「yawn」は名詞としても動詞としても使う事が出来ます。つまり、「あくびをする」も「yawn」になります。

あくびをかみ殺す(我慢する)」という表現は英語で「to suppress a yawn」という言い方になります。


そして「yawn」という単語には「つまらない」という意味もあります。例えば、「that movie was a yawn(その映画はつまらなかった)」という表現としても使えます。

また、「yawnfest」スラングは比較的最近の表現ですが「つまりないイベント」という意味になります。



実際の例文:


That lesson was so boring. I couldn’t stop yawning.
(その授業はつまらなくてあくびが止まらなかった。)


You are starting to yawn. I think you should go to bed.
(あなたはあくびをし始めたね。寝た方がいいと思うよ。)


It’s really hard to suppress a yawn.
(あくびを我慢する事は難しい。)


以上、今回は「くしゃみ」、「咳」、「あくび」の英語の言い方と、それに関連する英語表現を紹介してみました! 意外と役に立つ英単語なので、是非この機会に覚えてみて下さいね^^




スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post