単語

サッカーはイギリス英語で何と言う? イギリス人は「soccer」と言わない?

サッカーはイギリス英語で何と言う? イギリス人は「soccer」と言わない?

イギリス人は「サッカー」を「football」と言う!? イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違い


マリ
マリ
皆さん、こんにちは。イギリス人のマリと申します。皆さんは「サッカー」という言葉は英語の「soccer」という単語から来ていると思っている方は多いと思います。しかし、サッカーが大好きな国民のイギリス人は「サッカー」を別の言い方で呼びます。

ですから、当然「イギリス英語でサッカー」は別の単語を使います。今回の記事ではイギリス英語の「サッカー」の言い方を紹介したいと思います。

そして、サッカー用語やイギリス人が使う実際の例文を通して色々なサッカーに関するボキャブラリーも合わせて紹介していきたいと思います。



イギリス英語で「サッカー」は何と言う?


「サッカー」という単語は元々「soccer」という単語から来ています。「soccer」は「Association football」という単語から来ています。「Association football」はイギリスでサッカーの正式な言い方です。

ちなみに「soccer」という言い方は18世紀の後半頃にイギリスで初めて使われたそうです。イギリス英語のスラングでは、多くの単語が「er」で終わります。例えば、「rugby」というスポーツはよく「rugger」と呼ばれいます。


サッカーはイギリス英語で何と言う? イギリス人は「soccer」と言わない?

しかし、現在、殆どのイギリス人はサッカーを「football」と呼びます。サッカーを「soccer」と呼ぶイギリス人も一応はいますが、そういった人は主にラグビーのファンです。つまり、あまりサッカーに興味がないイギリス人と言ってもいいと思います。

そして、ラグビーの正式な名前は「Rugby football」なので、それと区別するためにサッカーを「soccer」と呼びます。イギリス人のサッカーファンは「soccer」という言い方を滅多に使いません。

そして、イギリス人は「football」だけではなく、「footy」や「footie」というニックネームを使う事もあります。



イギリス人の「football」の使い方 例文:



I played football last night.
(私は昨日の夜にサッカーをしました。)


I was a member of the football team at high school.
(私は高校の頃にサッカー部に入っていた。)


My favourite sport is football.
(私の好きなスポーツはサッカーです。)


My son wants to be a football player when he grows up.
(私の息子の将来の夢はサッカー選手になる事です。)


Let’s watch a football match tonight.
(今夜サッカーの試合を見ようよ。)


Do you fancy a game of footy?
(一緒にサッカーをやらない?)





イギリス英語とアメリカ英語のサッカー用語の違い


アメリカ人はサッカーを「soccer」と呼びます。それは何故なら、アメリカ英語で「football」という単語は「アメフト」という意味になるからです。

ですから、その二つのスポーツを区別するために、アメリカ人は(元々イギリス英語の)「soccer」という単語を使っています。


サッカーはイギリス英語で何と言う? イギリス人は「soccer」と言わない?

そして、アメリカ人とイギリス人がサッカーについて話す際に、他にもボキャブラリーの違いがあります。例えば、「サッカーシューズ」はアメリカ英語で「soccer shoes/boots」になりますが、イギリス英語で「football boots」といいます。

そして、サッカーシューズの「スパイク」はアメリカ英語で「cleats」といいますがイギリス英語で「studs」といいます。他の違いも沢山あります。例えば・・・。


サッカー場

  • イギリス英語:football pitch
  • アメリカ英語:soccer field



シンガード

  • イギリス英語 shin pads
  • アメリカ英語 shin guards
※「shin」という単語は「脛」という意味になります。



攻撃的なプレー、アタック

  • イギリス英語 attack
  • アメリカ英語 offense



ユニフォーム

  • イギリス英語 kit, strip
  • アメリカ英語 uniform



引き分け

  • イギリス英語 draw
  • アメリカ英語 tie



ゼロ(スコアの話)

  • イギリス英語 nil
  • アメリカ英語 zero




ネイティブがサッカー用語を使う際の例文:



There is snow on the pitch.  The game might be cancelled.
(サッカー場には雪があります。 試合はキャンセルされるかもしれません。)


My old shin pads are cracked. I need to buy some new ones.
(私の古いシンガードにはヒビがあります。新しいのを買う必要がある。)


This team is strong in attack but weak defensively.
(このチームは攻撃的なプレイが強いですがディフェンスが弱いです。)


My team plays in a blue kit.
(私のチームは青いユニフォームを着ています。)


I don’t think we will win but I’d be happy with a draw.
(私は勝てないと思うけど試合が引き分けで終わったら嬉しい。)


The match finished one-nil.
(試合は1対0で終わりました。)





イギリス英語の「サッカー」の言い方:まとめ


まとめると、「サッカー」という日本語は元々イギリス英語の「soccer」という単語から来ています。

この単語は、ちろんイギリスでも通じますが、殆どのイギリス人のサッカーファンは「football」という言い方を使います。そして、時々「footy」という省略も会話に出てきます。

一方、アメリカ人は自分のアメフトと区別するためにサッカーを「soccer」と呼びます。そして、アメリカ人とイギリス人はサッカーについて話す際に違うボキャブラリーを使う場合がありますので、気を付けましょう!



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。