単語

曜日・何曜日は英語で何と言う? dayとdateの違いとは? 英語で曜日の正しい書き方

曜日、何曜日は英語で何と言う? dayとdateの違いとは? 英語で曜日の正しい書き方

英語で「何曜日」は何と言う? 曜日は英語で何と言うの?


スコット
スコット
こんにちは。カナダ人のスコットです。今回は日常会話でよく使う英語として「曜日、「何曜日」は英語で何と言う?という質問に答えてみたいと思います。そして、「各曜日」のスペル、省略の書き方も合わせて紹介してみたいと思います。


一見すると英語で曜日を言う事なんて簡単でしょう!?と思っている方も多いのではないかと思います。しかし、意外にもこれは奥が深いテーマなんです^^ きっと役に立つ情報も出てくると思いますので、皆さん一緒に学習していきましょう!

そして、曜日に関連する英語の「日付・月の言い方」も同時に紹介してみたいと思います。それでは曜日、何曜日は英語で何と言うのでしょうか? 始めましょう!





英語で各曜日は何と言う?各曜日のスペルと発音


英語で各曜日は何と言う?各曜日のスペルと発音

先ずは各曜日の英語の言い方、スペル、発音をみていきましょう。一週間の各曜日の英語の言い方は以下になります。


  • 月曜日:Monday(発音:マンデイ
  • 火曜日:Tuesday(発音:チューズデイ・トゥーズデイ
  • 水曜日:Wednesday(発音:ウェンズデイ
  • 木曜日:Thursday(発音:サーズデイ
  • 金曜日:Friday(発音:フライディ
  • 土曜日:Saturday(発音:サターデイ
  • 日曜日:Sunday(発音:サンデイ




英語で「曜日」という際の発音の仕方は?


英語で「曜日」という際の発音の仕方は?

英語で各曜日の正しい発音の仕方をカタカナ発音で表現する事は難しいですが、参考に「day」という部分を例にすると「デイ」に近い発音になります。

実は「Tuesday(火曜日)の発音」は英語圏の国によって違いがあります。イギリス英語では「チューズデイ」という発音を使っていますが、アメリカ英語は一般的に「トゥーズデイ」に近い発音を使います。

そして、Thursday(木曜日)の「Th」の発音に気を付けましょう。Thursdayの正しい発音はリンク先を参考にしてみて下さい。




英語の曜日という言い方にはどんな由来がある?


英語の曜日という言い方にはどんな由来がある?
英語の曜日は主に古代ローマ時代と古代スカンジナビアの神様の名前が由来になっています。各曜日の名前の由来は以下のようになっています。


  • Sunday(日曜日)は「sun’s day」は「太陽の日」という由来です。
  • Monday(月曜日)は「moon’s day」は「月の日」という由来です。
  • Tuesday(火曜日)は「Twi’s day」は「Twi/Tyr」という古代スカンジナビアの神様の名前です。
  • Wednesday(水曜日)は「Woden’s day」は「Woden/Odinn」という古代スカンジナビアの神様の名前です。
  • Thursday(木曜日)は「Thor’s day」は「Thor」という古代スカンジナビアの神様です。
  • Friday(金曜日)は「 Frige’s day」は「Frige」というアングロサクソンの女神の名前です。
  • Saturday(土曜日)は「Day of Saturn」は「Saturn」という古代リョーマの神様の名前です。





英語で曜日を書く際の大文字の使い方


英語で曜日を書く際の大文字の使い方
英語で曜日を書く際には、必ず「頭文字を大文字で書く」という決まったルールがあります。つまり、「Monday」という書き方は正しいですが、「monday」という書き方は誤りです。

このルールは曜日を書く際だけではなく、月を書く際にも同じ書き方が当てはまります。つまり、各月を書く際も「頭文字が必ず大文字になる」というルールになりますので、必ず覚えて下さいね^^






英語で曜日を書く際の前置詞の使い方とは?


英語で曜日を書く際の前置詞の使い方とは?

曜日と一緒に使う前置詞は一般的に「on」になります。例えば、「on Monday」(月曜日に)や「on Sundays」(毎週の日曜日に)という使い方です。

そして、「since」(~曜日から)、「every」(毎週の~曜日)などの前置詞も使えます。以下の前置詞は最もよく使われます:


  • on Monday(月曜日に)
  • every Monday(毎週の月曜日)
  • since Monday(月曜日から、月曜日以来)
  • from Monday (月曜日から)
  • before Monday(月曜日の前)
  • last Monday(先週の月曜日)
  • next Monday(来週の月曜日)




英語の曜日の覚え方はどうやって覚えるべき?


英語圏の国の子供は大人の会話などから自然に曜日の言い方を吸収しながら覚えていきます。そのため、英語圏で使われている特別な覚え方はありません。

しかし、日本人を含め、非英語圏の国の英語学習者は「歌で曜日の言い方を覚える」という勉強法はお勧めです。こちらの歌は英語の曜日を覚える際に役に立つと思います。






ネイティブの各曜日の言い方 例文



I start a new job on Monday.
(私は月曜日に新しい仕事を始めます。)


I’ve got a date on Tuesday. We are going to the cinema.
(私は火曜日にデートがあります。映画館に行く予定です。)


My daughter has piano lessons every Wednesday evening.
(私の娘は毎週の水曜日の夜にピアノレッスンを受けています。)


I am going to the hospital next Thursday.
(私は来週の木曜日に病院に行きます。)


Let’s eat out at a restaurant on Friday.  I don’t want to cook.
(金曜日にレストランで外食しようよ。私は料理を作りたくないから。)


If you are are free on Saturday, let’s go for a drive.
(土曜日に予定がなかったら、一緒にドライブに行きましょう。)


It’s my grandfather’s birthday on Sunday.  He will be 95 years old.
(日曜日は私のおじいさんの誕生日です。彼は95歳になりますよ。)




英語で「毎週の何曜日」は何と言う?


英語で「毎週の何曜日」は何と言う?

例えば、会話の中で毎週決まったスケジュールの話をするような際に「毎週の何曜日」という表現をする事が事があると思います。

そのような際には「曜日+s」という表現を使って、毎週の何曜日という事を表現出来ます。




毎週の○○曜日という際の言い方 例文



I study English on Thursdays.
(私は毎週の木曜日に英語を勉強しています。)


I hate Wednesdays because I have math class.
(私は水曜日が嫌いです。何故なら、数学の授業があるからです。)


My friend comes to my house on Friday nights.  We drink wine and chat.
(私の友達は毎週金曜日の夜に私の家に来ます。私たちはワインを飲んだり話したりします。)







英語で「今日は何曜日ですか?」と尋ねる際の曜日の言い方・使い方


英語で「今日は何曜日ですか?」と尋ねる際の曜日の言い方・使い方

上記のセクションでは各曜日の英語の言い方を紹介しましたが、次に紹介するのは「今日は何曜日ですか?」という際の「曜日」の言い方を紹介します。

こういった文脈で使う「曜日」は英語で「day」か「day of the week」という言い方になります。この二つの言い方は日常会話に非常によく使われますので、使い方を必ず覚えた方が良いと思います。

そして、「weekday」という言い方もよく使われますが、これは「曜日」ではなく「平日」という意味になります。これも間違えないようにしましょう。



dayとday of the week(曜日)の使い方 例文



A:What day is it today?
(今日は何曜日ですか?)

B:It’s Thursday.
(今日は木曜日ですよ。)



A:What’s your favourite day of the week?
(あなたの好きな曜日はどれですか?)

B:I like Saturdays because I can sleep until late.
(私は土曜日が好きです。なぜなら、土曜日に遅くまで寝れるからです。)



A:What day of the week is your test?
(あなたの試験は何曜日ですか?)

B:My test is next Monday.
(私の試験は来週の月曜日ですよ。)



A:What day do you need your swimsuit for school?
(何曜日に学校に水着を持っていけばいいですか?)

B:We have swimming class every Tuesday. I’ve written it on the calendar so we won’t forget.
(水泳は毎週の火曜日ですよ。忘れないようにカレンダーに書いといたよ。)



A:What do you do on weekday evenings?
(平日の夜はいつも何をしていますか?)

B:I usually watch TV with my husband.
(私は普段旦那と一緒にテレビを観ます。)




英語で曜日を書く際の省略の仕方


英語で曜日を書く際の省略の仕方

英語で曜日を書く際に省略形を使うネイティブは多いです。例えば、自分のメモ帳にメモを取る際、曜日のフォーマルな書き方は長いので省略形を使う人は多いです。

一般的に「曜日を省略する際にはピリオドを使う」という事になっていますが、場合によってピリオドなしの省略も目にします。


  • Monday → Mon. / Mon / M
  • Tuesday → Tue. / Tues. / Tue / Tues / Tu
  • Wednesday → Wed. / Weds. / Wed / W
  • Thursday → Thu. / Thur. / Thurs. / Thu / Thur / Thurs / Th
  • Friday → Fri. / Fri / F
  • Saturday → Sat. / Sat / Sa. / Sa
  • Sunday → Sun. / Sun / Su. / Su





dayとdateの違いとは?


dayとdateの違いとは?
次に紹介するのはdayとdateの違いです。「day」はよく「曜日」や「」、「~の日」という意味で使います。そして、「date」は「日付」や「~月~日」という意味になります。

それでは、まず先に英語で「月の言い方」を紹介したいと思います。


英語の各月の言い方


  • 1月(January)
  • 2月(February)
  • 3月(March)
  • 4月(April)
  • 5月(May)
  • 6月(June)
  • 7月(July)
  • 8月(August)
  • 9月(September)
  • 10月(October)
  • 11月(November)
  • 12月(December)



次は英語の日にちの言い方を紹介していきます。

英語の日にちの言い方


  • 1日:first(1st)
  • 2日:second(2nd)
  • 3日:third(3rd)
  • 4日:fourth(4th)
  • 5日:fifth(5th)
  • 6日:sixth(6th)
  • 7日:seventh(7th)
  • 8日:eighth(8th)
  • 9日:ninth(9th)
  • 10日:tenth(10th)
  • 11日:eleventh(11th)
  • 12日:twelfth(12th)
  • 13日:thirteenth(13th)
  • 14日:fourteenth(14th)
  • 15日:fifteenth(15th)
  • 16日:sixteenth(16th)
  • 17日:seventeenth(17th)
  • 18日:eighteenth(18th)
  • 19日:nineteenth(19th)
  • 20日:twentieth(20th)
  • 21日:twenty-first(21st)
  • 22日:twenty-second(22nd)
  • 23日:twenty-third(23rd)
  • 24日:twenty-fourth(24th)
  • 25日:twenty-fifth(25th)
  • 26日:twenty-sixth(26th)
  • 27日:twenty-seventh(27th)
  • 28日:twenty-eighth(28th)
  • 29日:twenty-ninth(29th)
  • 30日:thirtieth (30th)
  • 31日:thirty-first(31st)



一般的に英語ネイティブはライティングの際に「first」よりも「1st」という書き方をします。

これは英語圏の国によっても違いがあります。アメリカ英語では一般的に「曜日+月+日」という順番で表現します。

しかし、イギリス英語では「曜日+日+月」という表現をします。そして、双方ともに「年」を最後に言うルールがあります。それでは、実際の使い方を例文で確認してみましょう。


アメリカ英語の日付けの言い方 例文



My son was born on Monday April second.
(私の息子は月曜日4月2日に生まれました。)


What are you doing on Sunday March third?
(あなたは日曜日3月3日に何をする予定ですか?)



イギリス英語の日付けの言い方 例文



My daughter was born on Friday the tenth of September.
(私の娘は金曜日9月10日に生まれました。)


Our wedding will be held on Saturday the fifth of June.
(私たちの結婚式は土曜日6月5日に行われます。)



英語でメールや手紙などを書く際の日付けの書き方


英語でメールや手紙などを書く際の日付けの書き方

これも以前に当サイトで紹介した事があるのですが、実はアメリカ英語とイギリス英語の日付の言い方は順番が違います。そして、書き方の違いもあります。

そこでこのセクションでは、「英語圏各国の日付の書き方」を紹介したと思います。数字で書いても、文字で書いた場合でも各国の表現の仕方は異なります。

一般的にアメリカ人は「曜日・月・日・年」という順番で日付を書きます。そして、イギリス人は「曜日・日・月・年」という順番を使います。

それでは、実際にアメリカ英語の書き方とイギリス英語の書き方をみていきましょう。


アメリカ英語の日付の書き方


例:2019年の1月2日 月曜日の書き方

  • Monday, January second 2019
  • Monday, January 2nd 2019
  • 01/02/2019 (Mon.)
  • 1/2/19 (Mon.)



イギリス英語の日付の書き方


例:2019年の1月2日 月曜日の書き方

  • Monday, second of January, 2019
  • Monday, 2nd January 2019
  • 02/01/2019 (Mon.)
  • 2/1/19 (Mon.)




英語で「曜日」、「何曜日」と言う際のまとめ


まとめると、「曜日」は英語で「day」か「day of the week」という言い方になります。基本的には英語で曜日を表現する際の言い方はどの英語圏の国でも同じ言い方になります。

お勧めの覚え方に関しては特にありませんが、一般的には歌で覚える人が多いと思います。日付けは曜日より少し覚えやすいと思いますが、最も覚えてほしい事は、英語圏によって月と日の言い方の順番が変わるという事です。

最も大きな違いはイギリス英語とアメリカ英語の言い方の違いについてです。これに関しては気を付けましょう!

以上、今回の記事では英語で曜日と日付の言い方を紹介してみました。英語に関する質問があれば、当サイトの英語ネイティブのライターに是非ご連絡くださいね^^



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。