オーストラリア英語の特徴とオーストラリア英語のスラングについて紹介



オーストラリア英語のスラング


オーストラリアの英語は、歴史的にイギリス英語に影響されています。
そして、アメリカのポップカルチャーの影響でアメリカのスラングがよく使われています。

しかし、オーストラリア人しか使わないスラングや、表現がかなり多いのも事実です。
現在、日本ではオーストラリア留学がとても人気があるから、オーストラリア英語のスラングを紹介したいと思います。


オーストラリア英語のスラング
オーストラリア英語のスラング





オーストラリア英語のスラングのリスト


  • arvo (アーヴォ)(名詞)afternoonの省略、午後という意味
  • beaut (ビュート)(名詞)beautyの省略、素晴らしい事という意味
  • bloody (ブラディ)(形容詞)イギリス英語にもよくでる。Bloody goodや、bloody idiot!のような使い方。次の単語を強くする。
  • bush (ブッシュ)(名詞)オーストラリアの田舎。
  • cark it (カーキット)(動詞) 死ぬ
  • chunder (チャンダ)(動詞) ゲロを吐く
  • crook (クルック)(形容詞)病気のあるという意味。Sickに相当する
  • crikey (クライキー)(感動文)びっくりするときに言い出す単語
  • dag (ダグ)(名詞)ダサい人、かっこ悪い人
  • doona (ドゥーナ)(名詞) 掛け布団
  • feral (フェラル)(名詞、形容詞) ロークラスの人、悪いヤツ、ヤンキー
  • g’day (グデイ)(挨拶)Good dayという挨拶の省略
  • kindie (キンディー)(名詞)幼稚園という意味。Kindergartenの省略
  • no sweat (ノー・スウェット)(表現) 大丈夫だよ、いいよ、という意味
  • rack off (ラック・オフ)(表現) 行け!死ね!に近いけど、そんなに強くない
  • rapt (ラプト)(形容詞) 嬉しい、喜んでいる
  • sheila (シーラ)(名詞) 女の子という意味。
  • suss (サッス)(形容詞) 怪しい
  • stubby (スタビー)(名詞) 小さいビールの瓶、缶
  • uni (ユーニ)(名詞)大学。Universityの省略
  • (to go) walkabout (ウォーカバウト)(名詞) 長い間消える 


日本には、英語教師として来日しているオーストラリア人も多いので
彼らと話す機会があった時に、使ってみると意外と好感を持たれるかもしれませんね^^












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post