オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語を紹介



近年オックスフォード辞書(OED)に追加された新しい英単語について


今回の記事では、近年オックスフォード辞書(オックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー)(OED)に新たに追加された英単語について紹介していきたいと思います。


イギリスのオックスフォード辞書(OED)は、1年に4回、英語圏の国で新しく出来た英単語リストを発表する習慣があります。今回紹介するこれらの英単語は、約10年間程、英語圏の日常生活で使われてきた英単語ですが、今回初めて正式に辞書に追加される事が決りました。


参考リンク:
http://www.guardian.co.uk/books/2013/jun/20/oxford-english-dictionary-tweet-technology


OEDのルールによると、OEDの辞書に掲載する英単語は、一時的なブームの単語ではなく、10年間以上日常会話や新聞などのメディアで使われていなければならない英単語です。

やはり今回追加された新しい単語は、殆どがテクノロジー関係の名詞とスラングでした。
特にインターネットのソーシャルネットワーク関係の英単語が多いです。


これらの英単語はイギリスのOEDに追加されましたが、何も「イギリス英語」に限った英単語という訳ではありません。英語圏の各国でも日常的に使われている英単語です。


今回OEDが発表した新しい英単語を紹介すると共に、実際の使い方等なども合わせて紹介していきたいと思います。
単語の数も多いので全ては紹介出来ませんが、今回は日常会話等で最も役に立つであろう単語を中心に紹介していきます。



オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語を紹介
オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語を紹介





オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語の紹介 1. tweet



ツイッターユーザーの方は、もう既にこの単語を使っていると思いますが、tweetは今月初めて正式に辞書に登録されました。Tweetは動詞として使っても大丈夫ですし名詞としても使えます。

意味としては「ツイッターの(短)メッセージを書く(事)」という意味になります。

先程も紹介したように、OEDには一般的にみて、10年以上使われている英単語でないと登録されません。
しかしこの単語は、もうかなりメインストリームに入った単語なので、今回は特例として追加されました。


tweetの例文紹介:

Did you read Jim’s tweet? It was really funny.
(ジェームズのツイートを読みましたか?とても面白かったよ。)

I usually tweet more than 10 times a day.
(私は普段、1日に10回以上ツイートを書いています。)




オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語の紹介 2. stream



これは動詞です。またインターネット関係の単語です。
Streamという単語は色々な意味がありますし、数百年前から使われている単語ですが、今回は新しい意味としてOEDに登録されました。Streamの新しい意味としては、「自分のパソコンにデータをダウンロードせずに、インターネットで動画やライブテレビを見る事」という意味になりました。


streamの例文紹介:

A: Did you download that movie yesterday?
(あなたは昨日、その映画をダウンロードしましたか?)

B: No, I streamed it and watched it then.
(いいえ。ダウンロードせずにインターネットで見たよ。)


Streaming internet radio has become very popular recently.
(最近インターネットラジオをストリームする事が人気になってきました。)




オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語の紹介 3. dad dancing



このフレーズ(名詞)は、役に立つかどうかわかりませんが、面白いと思いましたので紹介する事にしました。
Dad dancingとは、「お父さんっぽい踊り方」という意味になります。^^

「お父さんっぽい踊り方」はダサい踊り方ですよね・・・^^ 

Dad dancingは殆どの場合、中年の人の元気な踊り方に対して使われています。ですからパーティーでは男性が恥ずかしがりながら、ダサいダンスを踊った場合等に「dad dancing」と言う表現を使ってもいいと思います。(笑)

このフレーズはもうOEDに入っていますので、正式な英単語になりました。


dad dancing の例文紹介:

I don’t like going to weddings. All that dad dancing is embarrassing to watch.
(私はウェディングパーティーに行く事が嫌いです。何故なら、中年の人のダサい踊り方を見る事が恥ずかし過ぎるからです。)

Dad dancing is so uncool.
(中年の人の踊り方はダサい。)




オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語の紹介 4. to give (someone) the silent treatment



このイディオムは、「誰かをわざと無視する」、「のけ者にする」という意味になります。
逆に無視されている場合は、「to get the silent treatment」という意味になります。


dad dancing の例文紹介:

Kate is very angry with Tom. She is giving him the silent treatment.
(ケイトはトムに怒っている。彼女は彼をのけ者にしている。)

I got the silent treatment from my wife yesterday.
(私は昨日妻に無視されました。)




オックスフォード辞書(OED)が発表した新しい英単語の紹介 5. kombucha



日本語の「昆布茶」(kombucha)はOEDに登録されています! 日本の料理や飲み物は、かなりヘルシーなイメージがありますので、日本の食べ物は英語圏でも年々人気が出てきています。

そして日本の食べ物や飲み物関係のボキャブラリーはそのまま英語になりました!
Kombuchaは、まだ少しマニアックな単語ですが、いつの間にか知られるようになってくると思います。しかし現在は、まだグルメ系の人(foodie)しか分からないと思います(笑)。



dad dancing の例文紹介:

I drink Japanese kombucha every day.
(私は毎日、日本の昆布茶を飲んでいます。)

Have you ever tried kombucha?
(あなたは昆布茶を飲んだ事がありますか?)



オックスフォード辞書に追加された新しい単語リストが見たい方は、以下のリンク先で紹介されています。

http://public.oed.com/the-oed-today/recent-updates-to-the-oed/june-2013-update/new-words-list-june-2013/




オックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー(OED)
















   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post