英語圏の若者が使うスラング”感嘆符”にはどんな意味があるの?


英語圏の若者が使う「感嘆符」にはどんな意味があるのでしょうか?



映画が音楽を使って英語を勉強している方の中には、時々辞書でも紹介されていないような言葉、特定の人達、特定のコミュニティーに属している人達だけが使っている言葉=スラングに出くわす時があると思います。

以前にも、スラングについて紹介していますが、スラングは生き物のように日々刻々と変化し作り出される言葉です。今使っている言葉の意味が、何年か経つと全く違う言葉として使われる事も珍しくありません。



英語圏各国のスラングについて紹介している記事一覧


ヒップホップスラングで英語を勉強する為の教材紹介:ヒップホップスラング教材ベスト3

英語でツイッター?!英語のツイートを理解する為に最近流行っているツイッタースラングと用語を紹介

イギリス英語の勉強法紹介:イギリス英語の発音・スラング・ユーモアを吸収する方法

英語圏の国で新しく出来たスラング紹介:2012年に新しく出来たスラングと俗語について

イギリス英語を話せるようになるには必須!イギリス英語スラング辞書ガイド

イギリス英語の特徴:コックニーライミングスラングを学んでイギリス英語力をアップ

オーストラリア英語のスラングとオーストラリア英語の特徴について紹介



そこで今回の記事では、英語圏の若者によく使われているスラング・感嘆符について紹介していきたいと思います。
またスラングは基本的には、乱暴な表現や言葉遣いが多いので、スラングを使う際には、シチュエーションや相手を考えてから気をつけて使うようにしましょう。^^



英語圏の若者が使うスラング”感嘆符”にはどんな意味がありますか?
英語圏の若者が使うスラング”感嘆符”にはどんな意味がありますか?





英語圏の若者によく使われているスラング・感嘆符: 1. awesome!



この単語は、日本語の「すごい!」という意味に相当する言葉ですが、他の使い方もあります。
「awesome」という言葉のスラング的使い方としては、主にアメリカ人、カナダ人に使われています。

しかし最近では、他の英語圏の人にも使われるようになりました。「Awesome」の元々の意味は、日本語で言う「恐れ多い」というような意味になります。以下に、英語圏の若者達が使うAwesomeを使った例文を紹介していきたいと思います。


例文:

That movie was awesome!
(あの映画は凄かったよ!)


I went to an awesome restaurant last night.
(私は昨夜素晴らしいレストランに行きました。)




英語圏の若者によく使われているスラング・感嘆符: 2. Whatever!



この表現は、英語圏の若者の中でも特に10代の子達に使われている言葉です。
意味としては、「どうでもいい」、「興味ないよ」、「あまり信じてない」というニュアンスが入っています。かなり生意気な表現ですから、この言葉を使う際には気をつけましょう。^^

「Whatever!」のスラング的な使い方は、1980年代にはじまりました。カリフォルニアの10代の女の子達によって使われ出し始めた事で広まりました。


例文:1

男性: There’s an interesting documentary about steam trains on TV tonight.
(今夜、テレビで面白い汽車関係のドキュメンタリー番組が放送されるよ。)

女性: Whatever.
(どうでもいい。)
※ この女性は汽車に全く興味を持っていませんので、「whatever」を使って「どうでもいい。私と関係ない」という意見を表しています。


例文:2

先生: You haven’t done your homework again and your behavior in class is terrible. I’m going to call your parents.
(あなたはまた宿題やってないし、授業中の態度がとても悪い。やはりあなたの両親に電話するよ。)

生徒: Yeah, whatever.
(うん、どうでもいいよ)

※ この生徒の生意気な態度、意見は「だから何?怖くないよ!」というニュアンスが入っています。先生が何しても、生徒は何も思っていないという意味を表しています。実に生意気な言葉遣いですね^^




英語圏の若者によく使われているスラング・感嘆符: 3. like…you know…like



このフレーズは、特に意味を持っている表現ではないんですが、英語圏の若者達の会話でよく使われています。 「Like」という単語は、色々な意味がありますが、この場合は「~みたいな」という意味があります。ただ単純に、意味がない時でもよく「Like」が使われる事がありますね。(笑)。そういった場合は「えーと・・・」、「あの・・・」のような意味として使われます。

そして、場合によって、「I was like ~」という使い方をします。その場合「私は~と言いました」という意味になります。
また、これと同じような言葉としては、「You know」という言い方もありますが、こちらも、あまり意味を持った言葉ではありません。

そしてこの言葉が会話中に使われた場合も、あまり意味を持ちませんね。どちらかと言うと、「You know」は会話のギャップを埋めるための表現として使っています。


例文:

He was like, sooooo cool, you know?
(彼はさぁ、超かっこよかったよ!)
※ 「like」と「you know」は適当に入っています!意味がありません^^

I was like, “hey, what are you doing?!”.
(私は”何しているの?!”と言った。)
※ この文章では、「~と言いました」は「I was like ~」という意味になります。










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post