「flirt」や「flirting」とはどういう意味? 恋愛に関する英語フレーズを紹介します!

恋愛英語でよく耳にする「flirt」や「flirting」とは日本語でどんな意味なのでしょうか?




「Flirt」という単語は英語圏の国で「恋愛関連のテーマ」によく出てくる単語ですが、この「flirt」という”アクティビティー”は日本語で説明すると非常に翻訳しずらいです(笑)。

その理由としては主に「日本と英語圏の国では”男女の関わり方”や”男女が恋愛関係になるまでのステップにおいて大きな違いがある」という事が関係しています。

英語圏の国の恋愛事情に関しては他のページでいつか説明するとして(笑)、今回は「flirt」や「flirting」の意味、その他の恋愛関係に関する英単語や英語表現を紹介していきたいと思います。


「flirt」や「flirting」とはどういう意味? 恋愛に関する英語フレーズを紹介します!
「flirt」や「flirting」とはどういう意味? 恋愛に関する英語フレーズを紹介します!


その他の恋愛英語に関するお勧め記事:


お勧めの教材


当サイトのライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!





恋愛英語でよく使う: 「to flirt」とはどんな意味?



to flirt (動詞)
意味:○○と戯れる、 いちゃつく



この「flirting」という行為は欧米の国々でよく見られる行動です。欧米の国では年齢問わずに男女がよく一緒に遊びます。男女の友達関係で日本のように年齢で区切ったり、性別で分けたりする事はそんなにありません。

その際にみんなで一緒に話したり、からかったり、冗談を言い合ったりします。そういった際に「flirting」をします。しかし、これは「ナンパする」という意味とは少し違います。

「flirting」を使ってナンパをする人がいますが「flirting = ナンパ」というわけではありません。それに多くの国々では(特にラテンの国)flirtingは当たり前の行為です。


flirtingを使った例文紹介:



Louise is flirting with the barman.
(ルイーズはバーテンダーといちゃついています。)


つまり、ルイーズはバーテンダーと話して、お世辞を言ったり、からかったり、笑ったり、軽く触ったりしています。そして「flirt」は動詞だけではなく”名詞”としても使う事が出来ます。

名詞として使った場合には「flirtをする人」という意味になります。


flirtを使った例文紹介:



Louise is a flirt.
(ルイーズは男性といちゃつく人です。)

この場合、ルイーズは男性と話す時にこのような行動をするという事になります。


また「to flirt」にはもう一つの使い方があります。この使い方は恋愛関係の単語とは全く関係ない意味で使われます。例えば・・「何かの計画を練っているが実行しない」という意味でも使われます。


to flirtを使った例文紹介:


I flirted with the idea of buying a pub.
(私はパブ(バー)のビジネスをはじめてみようか考えていた。 ※(しかし結局は止めた)





他のflirt関連の単語紹介



「flirt」関連の単語は他にもあります。


flirtatious (形容詞)

日本語の意味: いちゃつく行動


例文:


Louise is very flirtatious.
(ルイーズはよくいちゃつく。)


flirtation (名詞)

日本語の意味: 浮気、一時的に付き合う事。


例文:


Louise and George enjoyed a flirtation in the 1990s.
(ルイーズとジョージは90年代に一時的に付き合っていました。) ※この単語には微妙なニュアンスがあります。遠まわしな表現で「付き合っていた」というニュアンスです。



恋愛英語を学びたい方にお勧めの教材



国際恋愛を成功させる為には、英語の知識もさる事ながら”お互いの国のカルチャーや考え方”を理解する事が非常に重要だと思っています。

そして相手の国のカルチャーが理解出来るようになると、おのずと相手への理解も深まり、同時に愛情も深まっていくのではないかと思っています。

そのような経緯からこの教材では、「恋愛英語」+「英語圏の国の恋愛カルチャー」+「恋愛マナー・考え方」のアングルから教材を制作しています。

使われている英語表現のニュアンスは、ネイティブである私達がしっかりと制作、編集しているので気持ちの部分、ニュアンスまでしっかりと的確に相手に通じます。

ニュアンスがしっかり伝われれば、外国語で自分の気持ちを的確に表現する事が可能になります。そういった部分まで配慮して作り上げた本格的な恋愛英語フレーズ集です。教材に興味がある方は以下のページで紹介しています。


   外国人と国際恋愛する為の恋愛英語教材:Love Talk Master(ラブ・トークマスター)











   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post