Subscribe: RSS Twitter

teacherとinstructorの意味と違いについて



今回は私が英語を教えている生徒から時々質問を受ける、「Teacher」と「instructor」という単語の意味とニュアンスの違いについて紹介したいと思います。

実はこの二つの単語の意味は非常によく似ていますが、分野によっては使用する頻度、使い方が異なると思います。


英語で「teacher」という単語は、日本語で「先生、教師」という意味になります。そして、「Instructor」という単語は日本語で、「教師、講師、指導員、先生」になります。日本語に訳すと意味が微妙に違う事に気がつくと思います。

それではteacherとinstructorの実際の使い方と例文を紹介していきたいと思います。


teacherとinstructorの意味と違い

teacherとinstructorの意味と違い






「Teacher」の使い方と例文紹介



英語圏の国の小学校、中学校、高校の教師は必ず、「teacher」と呼ばれます。イギリス英語やアメリカ英語、そしてどの英語圏の国でもこの単語の使い方は同じです。では、「Teacher」を使った例文を紹介していきます。


例文:

英語: My daughter is a junior high school teacher.
日本語: 私の娘は中学校の教師です。

英語: I worked as a high school teacher for 20 years.
日本語: 私は20年間高校の教師として働いていました。


そして、他のアクティビティーを教えている人も「teacher」と呼んでも大丈夫です。
例えば、ピアノの先生やギターの先生、ダンスの先生も「teacher」と呼んで大丈夫です。


英語: My piano teacher is very kind.
日本語: 私のピアノの先生はとても優しいです。


英語: Our dance teacher will retire next month.
日本語: 私たちのダンスの先生は来月引退するそうです。


英語: My English conversation teacher is from New Zealand.
日本語: 私の英会話の先生はニュージーランド人です。


まとめると、「teacher」という単語が使える分野は以下の人達に限られます。


  • 学校の先生
  • ダンスの先生
  • 音楽(楽器)を教える先生
  • 言語を教える先生




「Instructor」の使い方と例文紹介



「Instructor」という単語は、アメリカの大学でスタートレベルの教授をしている人を呼ぶ際に使われている肩書きです。しかしこれは大学や専門学校の教師・講師は場合によって使われています。


大学の先生のキャリアが進んでいくと、「professor」と呼ばれるようになります。しかしイギリスの大学は違います。イギリスの大学では一般の教師は、「lecturer」と呼ばれています。「Professor」という仕事はとても高い地位についている人の肩書きになります。


しかしイギリスの大学でも、実用的な分野を教えている先生は、「instructor」と呼ばれる事もあります。一般的に、「instructor」という単語は「実用的なアクティビティーを教える人」に対して使われています。

例えば、「dance instructor」というフレーズを使っても大丈夫ですし、「aerobics instructor」と言う使い方として使っても大丈夫です。

しかし楽器の先生は、何故か分かりませんが、「piano instructor」という肩書きにはなりません。スポーツ関係の先生の場合は、「instructor」か「coach」と呼ばれています。



例文:

英語: I like my dance instructor.
日本語: 私は自分のダンスの先生の事が好きです。


英語: Our aerobics instructor is very strict!
日本語: 私たちのエアロビクスの先生はとても厳しいです!

英語: Our football coach worked in Brazil for ten years.
日本語: 私たちのサッカーコーチは10年間ブラジルで働いていました。


私は「instructor」という単語を滅多に使いません。日常会話では、「Teacher」という単語をよく使っていますし、スポーツの話をする時には「coach」という単語を使います。

ですから「Instructor」という単語は日常会話にはあまり出ない気がしますね。「Instructor」という単語は主にに仕事名として使われている事が多いですが、英語圏のネイティブが話す日常会話の中では滅多に使われないと思います。




   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ