「belong」という英単語の意味と使い方の紹介



日本人の英語学習初心者が間違えやすい「belong」の意味と使い方



今回の記事では、日本人の英語学習初心者にとって区別しづらい・分かりにくい英単語を紹介したいと思います。


これから紹介する単語は「belong」になります。「Belong」という動詞と関連する単語は英語の日常会話でよく使われていますが、日本語でこのような動詞はあまり使われていませんので英語で使う事は少し難しいと思います。

以上の事も関係してなのか、日本の中学生や高校生は「belong」という単語の使い方をよく間違える事が多いので、他の英語学習者にとっても為になるのではないかと思い紹介しようと思いました。


それでは使い方を例文を通してみていきましょう。

「belong」という英単語の意味と使い方
「belong」という英単語の意味と使い方


おすすめ記事:





「belong」の様々な使い方と例文



「belong」には様々な使い方がありますが、主な使い方として「人・物が~に所属する」という意味になります。それでは、例文で実際の使われ方をみていきましょう。


例文:

This book belongs to Fred.
(この本はフレッドの物です。)


Who does this bike belong to?
(この自転車は誰の物ですか?)


You belong to me.
(君は僕の物だ。)



そして、スポーツチームやジム、クラブ等の話をする際に「belong to ~」というフレーズが役に立ちます。

I belong to a tennis club.
(私はテニスクラブのメンバーです。)


My son belongs to his school’s soccer club.
(私の息子は学校のサッカー部のメンバーです。)



もう一つの使い方として「物・人があるべき場所にいる(ある)」になります。

Lions belong in the wild, not in a zoo.
(ライオンは動物園ではなく自然にいるべきです。)


A: Where does this pen belong?
 (このペンは何処に置けばいいですか?)
B: It belongs on the shelf.
 (棚の上に置けばいい。)


He doesn’t belong in an old-fashioned company like this.
(彼はこのような古臭い会社にいるべきではない。)


「Belong」という単語は”愛の言葉・表現”によく使われる事が多いです。

例えば、「They belong together」や「We belong together」という表現があります。これは「一緒にいるべき二人」という意味になります。


「Belong」という動詞を名詞にした場合、「belongings」という単語になります。これは「持ち物」や「荷物」という意味になります。


Don’t forget your belongings.
(荷物を忘れないで。)


Please put your personal belongings in your locker.
(私物をロッカーに入れてください。)


※注意※

「Belong」は動詞ですが、「進行形」として使う事が出来ません。

例として・・・

This bag is belonging to me.(文法的に正しくない文章)
This bag belongs to me.(文法的に正しい文章)
意味:(このカバンは私の物です。)









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post