「どうぞ」、「先にどうぞ」と言いたい場合には英語で何と言うのでしょうか?ネイティブっぽい自然な言い方紹介



ネイティブっぽい自然な言い方で「どうぞ」、「先にどうぞ」って英語でなんというのでしょうか?



皆さんは、一日に何回「どうぞ」や「先にどうぞ」という単語を使っていますか?意外と自分では気が付かないくらい!?一日に何度も使う言葉なのではないかと思います。

例えば、何かを渡す時にに「はい、どうぞ」と言いますし、席を譲る際や先にドアを通す際に「どうぞ」と言うと思います。他にも沢山の例があると思います。つまり、「どうぞ」はとても役に立つ単語ですね。


しかし、英語で「どうぞ」は何と言うでしょうか?実は英語には、このような役に立つ単語がありませんので、シーンによって違う表現を使う必要があります。

では、様々なシーンで使える「どうぞ」の言い方を紹介していきたいと思います。


「どうぞ」、「先にどうぞ」って英語でなんというの?
「どうぞ」、「先にどうぞ」って英語でなんというの?


おすすめ記事:


お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!


1. 何かを渡す際に使う「どうぞ」の英語の言い方



下記のフレーズは全て「はいどうぞ」という意味になるカジュアルな言い方です。

  • Here you are.
  • Here you go.
  • There you are.
  • There you go.



プレゼント・贈り物を渡す際に使う「どうぞ」は以下のような言い方になります。

This is for you. Here you are.
(あなたの為のプレゼントです。どうぞ。)


It’s just a little gift. I hope you like it. Here you are.
(つまらない物ですが、どうぞ。喜んでもらえると嬉しいです。)




2. 許可をする際に使う「どうぞ」の英語の言い方



相手が「~してもいい?」と言った場合、「いいよ。どうぞ。」という返事を言う事があると思います。その際に英語では、「Sure, go ahead」というフレーズが最もナチュラルな言い方になると思います。

他の言い方もありますが、「go ahead」と答えれば特に問題はありません。


例文:

A: Can I borrow your pen?
(ペンを借りていい?)

B: Sure, go ahead.
(いいよ。どうぞ。)


A: Do you mind if I close the window?
(窓を閉めていい?)

B: Sure, go ahead. It is cold in here, isn’t it.
(いいよ。どうぞ。ここは寒いよね。)


A: Can I use this chair?
(この椅子を使ってもいいですか?)

B: Be my guest.
(いいよ。どうぞ。)


A: Have you finished using the computer?
(パソコンは使い終わった?)

B: Yep, it’s all yours.
(終わったよ。どうぞ。)




3. 席などを譲る際に使う「どうぞ」の英語の言い方



電車やバスでお年寄りや妊婦さんに席を譲る際、「どうぞ」を言いますね。そんな時、英語では下記のフレーズを使いましょう。


例文:

Would you like to sit down?
(座りませんか?どうぞ。)


Here, have this seat.
(この席をどうぞ。)


Please, have this seat.
(この席をどうぞ。)


エレベーターの同乗者を自分よりも先に出させる際や、ドアを先に通させるような際には、下記のフレーズを使いましょう。


You go first.
(お先にどうぞ。)


You first.
(お先にどうぞ。)


Go ahead.
(お先にどうぞ。)


After you.
(お先にどうぞ。)



和英辞書で「どうぞ」を調べると、「Please」という単語が出てきますが、これは日常英会話であまり使われていない言い方です。

英会話では、「Please」は主に「お願いします」や、「~ください」という意味として使われています。


「どうぞよろしくお願いします」という日本語のフレーズは、単純に「Nice to meet you」や「Pleased to meet you」となります。


他に「~は英語で何と言うの?」という質問があれば、以下のページより是非ご連絡くださいね^^ 。当サイトの英語ネイティブのライターは読者の方からの質問にお答えします!

>> マスターランゲージのライターに質問する










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post