「商品」や「グッズ」,「製品」は英語で何というのでしょうか?


英語で「商品」や「グッズ」は何というのか? ネイティブのビジネスパーソンが使う表現を紹介します!



今回の記事では、「商品」という単語に相当する英語の言い方を紹介してみたいと思います。「商品」という単語はビジネス英語に限らず、日常会話の様々なシーンでもよく使われます。

以上の事から、ネイティブが使うような自然な英語の言い方を覚えておくと役に立つ事が多いと思います。

そして、これと合わせて日本語でよく使われる「グッズ」という単語の英語の言い方も紹介したいと思います。それでは、始めましょう!



「商品」や「グッズ」は英語で何というのでしょうか?
「商品」や「グッズ」は英語で何というのでしょうか?


こちらの記事もお勧めです:




1. 「product」という単語の意味と使い方



英語ネイティブのビジネスパーソンは「商品」について話す際に「product」という単語を使う場合が多いです。しかし、「product」という単語にはとても広い意味があります。

基本的には具体的な「商品・製品」は「product」と呼びますが、「銀行の口座やサービス」も「product」と呼ばれます。

「product」は”名詞”ですが「produce」(製作する)という動詞としての使い方もあります。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。



実際の例文:


I really like the skincare products this company sells.
(私はこの会社が売っているスキンケア商品がとても好きです。)


We sell a variety of products at low prices.
(弊社は色々な商品を安く売っています。)




2. 「goods」という単語の意味と使い方



上記で紹介した「product」という単語には広い意味があります。「サービス」という「具体的な商品ではないもの」も含まれています。逆に「goods」という単語は「具体的な商品」だけに限定されています。サービスといった商品は含まれません。

「goods」という単語は日常英会話よりも、主に「ビジネスシーン」で使うような単語です。「consumer goods」とは、最終的に客に買われる商品という意味になります。

また、「Industrial goods」は「他の製品を製作する為のパーツ・資源」という意味になります。「stolen goods」という表現は「盗品」という意味になります。主に「警察や弁護士」が使うような堅い表現です。

「goods train」または「freight train」は「貨物列車」という意味になります。



実際の例文:


Our company sells consumer goods to supermarkets.
(弊社はスーパーに消費材を販売しています。)


He got arrested for handling stolen goods.
(彼は 窃盗罪という犯罪で逮捕されました。)




3. 「items」という単語の意味と使い方



「items」という単語は日常会話でよく使われています。例えば、海外のスーパーにいくと、お店のスタッフやお客も使います。上記に紹介した「product」と「goods」よりも「少しカジュアル」な言い方になります。

消費者がスーパーやデパートなどの店で買うような一般商品は「item」と呼ばれます。


実際の例文:


Excuse me. There are 5 items on my receipt but I only bought 4. There seems to be a mistake.
(すみませんが、レシートに5個の商品が載っていますが、私は4個の商品しか買っていません。間違いがあるみたいなんですが。)


Could you put these items on the shelf, please?
(棚にこちらの商品を並べてください。)




4. 「ware」という単語の意味と使い方



この「ware」という単語の使い方は少し限られています。「ware」は主に「キッチン用品」という文脈で使われています。主に「kitchenware」や「tableware」、「glassware」などの単語で使われています。



実際の例文:


A:Could you tell me where the glassware is?
(ガラス製品はどこにありますか?)


B:It’s in the kitchenware department. I’ll show you.
(台所用品のエリアにあります。ご案内いたします。)




5. 「merchandise」という単語の意味と使い方


この「merchandise」という単語もビジネス英語の世界ではよく耳にする単語です。この単語も基本的には「品物、商品」という意味ですが、もう少し細かく言うと「キャラクターグッツ等の特定の商業的な商品」というニュアンスの単語です。

例えば、ライブが行われる際にあるグループの「関連グッズ」(Tシャツ、絵葉書、キーホルダーなど)が販売されます。そういった「グッズ」は英語で「merchandise」と呼ばれます。


実際の例文:


I went to an Arashi concert and bought lots of their merchandise as souvenirs.
(私はARASHIのライブに行ってたくさんのグッズを買った。)


Most Premier League football teams have a club shop. You can buy the team’s merchandise there.
(殆どのプレミアリーグのサッカーチームにはお土産屋さんがあります。そこでチームのグッズを買う事が出来ます。)




その他の商品という意味になる単語



他にも「商品・製品」という意味になる単語があります。
  • commodity (商品、サービス、産物)
  • stock (在庫品)
  • produce (主に農産物)



以上、今回は「商品」や「グッズ」,「製品」という意味になる英語の言い方や関連する単語を紹介してみました。

かなり日常的によく使う単語なので、ビジネスパーソンは勿論、英会話を勉強している人も是非覚えてみて下さいね^^








   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post