リスニング

ディクテーションのやり方と具体的な学習効果とは? お勧め教材も紹介

ディクテーションのやり方と具体的な学習効果とは?

ディクテーションのやり方と効果的な勉強法を通してリスニング力を上達させる方法


皆さんこんにちは。マリです。今回の記事は英語の学習法として効果が期待されている「ディクテーションのやり方」と「ディクテーションの効果」についてお話してみたいと思います。



ディクテーションという勉強法は、昔から英語のリスニング力、会話力、文法の知識を上達させる効果的な勉強法として知られています。実はディクテーションという学習法は全ての言語スキルを鍛える勉強法です。

つまり、英語力の中の「リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの能力」の全てはこのディクテーションを通して鍛える事ができます。

今までにディクテーションを行った事がない方は、言葉だけを聞くと難しそうに感じると思いますが、実はとてもシンプルで簡単な勉強法です。わかりやすく説明すると、「英語の文章を音声で聞いて、それをそのまま文章で書く」というシンプルな勉強方法です。

英語ネイティブの友達や英会話の先生がいる方は、音声ではなく、相手の声を聞いてディクテーションを行うこともできます。

例えば、英語の先生・ネイティブの友達に英文章を読んでもらい内容を書き写すという流れでディクテーションを練習することができます。

多くの日本人の英語学習者の長所はリーディング力が高い事だと思います。その理由としては、日本人は義務教育の中でリーディングや文法ドリルを通して英語を勉強してきたからです。

しかし、英語のリスニングや「英語を聞き取ること」に関しては多くの日本人の弱点だと思います。英語のリスニングをする際によくあるのが「すべての単語を聞き取れなかった」や、「発音が分かりづらい」、「単語がつながって聞こえる」等の意見をよく耳にします。

しかし、ディクテーションを定期的に練習していけば、そういった問題を解決する事ができると思います。それでは、具体的にディクテーションにはどんな学習効果がみられるのでしょうか。





ディクテーションの効果とは? どんな学習効果が期待できる?


ディクテーションの効果とは? どんな学習効果が期待できる?

日本の英語教育は主に「英文のリーディング」と「英文法」が中心に行われています。つまり、テスト向け(受験向け)の学習が中心に行われてきました。

ですから、多くの日本人の英語学習者の英語知識(英単語、英文法、英文読解力)はとても豊富です。しかし、それとは反対に「英語のリスニングが苦手」という人が多いのも事実です。

多くの日本人英語学習者は、英語の語彙や文法の知識は私たち英語ネイティブでもビックリするくらい詳しいですが、一方で「生でネイティブの英語を聞く」と、各単語が聞き取れません。

口語英語では、単語が繋がって聞こえますし、流れが速いのでボキャブラリーを知っていても、文章の意味が理解出来ない場合が多いと思います。

そういった学習者のタイプにはディクテーションがお勧めです。具体的にディクテーションには下記のような効果があります。


ネイティブが話す英語のスピードに慣れる事が出来る


英語ネイティブは普通に話すと英語学習者にとってはとても話し方が速く感じます。しかし、ディクテーション用の音声を繰り返して聞いていくと、そのスピードに段々慣れてきます。


今までつながって聞こえたそれぞれの単語が聞き取れるようになる


英語ネイティブが自然に話すとスピードと効率のために「単語と単語をつなげたり」、「単語を省略する」という癖があります。例えば、「what do you want」という表現は「ワダヤワン」のような発音に聞こえると思います。

英語ネイティブは残念ながら、はっきりと発音しませんので英語学習者にとっては聞き取りずらいです。しかし、ディクテーションを練習する事によって、そういったつながり方を理解できるようになります。

そして、英語のフレーズの発音とそのフレーズの書き方の関係をしっかりと覚える事が出来るようになります。


自分の英語の弱点や理解していない文法の弱点が分かるようになる


はじめてディクテーションをする際には当然ミスがたくさん出てきます。しかし、そういったミスを分析すると「自分がしっかりと理解していなかった文法ポイント」等がわかるようになります。

例えば、多くの日本人は英語を話す・書く際に「複数形」や「冠詞」、「三人称」、「時制」のミスをしてしまいます。しかし、ほとんどの場合、ミスを定期的にしているという事に気がつきません。

そこでディクテーションをする事によって、自分が書いた文章と元々の文章を比べることによって、自分の弱点を正確に理解できるようになります。自分で弱点が理解できれば、それを重点的に練習したりすることができます。


ただの暗記ではなく正しい文脈で英単語を覚える事ができる


ディクテーションは一般的に単語ではなく文章を聞き写すアクティビティーなので、単語や文法の正しい使い方と正しい文脈を覚える事ができます。繰り返し聞いて練習していけば、数多くの英語のパターンが頭の中に蓄積されます。

これは頭の中に英語チャンクを作るよい練習になります。結果としては、スピーキング力の上達にもつながってきます。


メモを書く能力がアップする


日本の学生、社会人などの人達は色々な場面で「誰かの話を聞いてメモを書く」というシーンが多いと思います。これは特に海外留学する大学生に役に立つスキルだと思います。

例えば、レクチャーを聞いて自分の為にメモを書くことが多いと思います。その際、ディクテーションを練習していると、そういった能力が当然上がってきます。


短期記憶を鍛えることができる


この「短期記憶」は言語学習だけではなく、人生の色々な場面で使うスキルですね。しかし、練習したりそのスキルを鍛える人は意外に少ないと思います。

ディクテーションはその短期記憶の能力を鍛えるアクティビティーの一つだと思います。社会人において仕事ができる人、仕事を早く沢山こなせる人はワーキングメモリ(短期記憶)が高いと思います。



ディクテーションのやり方


ディクテーションのやり方

ディクテーションは単純に「英語の文章を聞いてそのまま書き写す」というアクティビティーですが、もっと効果的なディクテーションのやり方があると思います。

まずは、自分の英語レベルに合う教材を選ぶ必要があります。教材が難しすぎると知らないボキャブラリーや、習っていない文法が出てきますので、それは避けましょう。

しかし、だからといって逆に簡単すぎると勉強になりません。そして、長文の英文章を使うのではなく、一つずつの短めの文章を紹介する教材がよいと思います。文章が長すぎると、ディクテーションは無理です。大体の目安としては「10単語くらい入っている文章」が丁度よいと言えます。

次は間違いを気にせず音声を聞いて、そのまま書き写すことから始めましょう。最初のうちは当然、全て聞き取る事は出来ませんしミスがたくさん出てきますが、文章の形とキーワードくらいは聞き取れるはずです。

その後、もう一度聞いて文章のギャップを埋めたり、気がついたミスを直したりしましょう。必要だと感じている人はさらにもう一度聞いても大丈夫ですが、できるだけ2回で内容を聞き取れる努力をしましょう。

2~3回くらい程、英文章を聞いた後に元の原稿・教材に書いてある文章を見て自分が書いた文章と比較してみましょう。自分が間違えたところや抜けてしまったところを書き直してみましょう。

そして最後は、原稿を見ながらもう一度音声を聞きましょう。これを繰り返し出来るようになるまで行うと自然と様々な英語スキルがアップしていきます。




ディクテーション教材の選び方とお勧めの教材


ディクテーション教材の選び方とお勧めの教材

先程も少し触れましたが、現在の自分のレベルにあったディクテーション用の教材を選ぶ事はとても大切な事です。そして、自分が復習したい文法やボキャブラリーがあれば、そういった内容を含んだディクテーション教材を選ぶべきです。

しかし、極端な話「特別な教材がなくても英語の音声さえあればどのような英語教材を使って学習出来る」という点はディクテーションの強味だと思います。

最近、英語教材を作っている多くの出版社がディクテーション専用の英語教材を作っています。それでは、次は私が実際にみてこれは効果が期待出来そうと感じたお勧めのディクテーション教材を紹介したいと思います。



ゼロからスタートディクテーション


created by Rinker
J リサーチ出版
¥3,112
(2022/12/04 22:33:17時点 Amazon調べ-詳細)


この教材は英語の初心者向けのディクテーション教材です。短くベーシックな文章からディクテーション学習を始める事が出来ます。

文章のレベルは少しずつ難しくなりますが、学習の進め方を含めてもわかりやすく、丁寧に解説されている教材だと思います。

そして、多くの英語学習者が気になるであろう「よくある疑問」などについても解説されているので、ディクテーション学習にはお勧めの教材だと思います。




英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け


created by Rinker
任天堂
¥3,500
(2022/12/05 01:40:13時点 Amazon調べ-詳細)


この教材(ゲームソフト)は有名なのでご存知の方も多いと思います。これは英語の教科書ではなく任天堂DSのゲームソフトですね。実際このゲームシリーズは、他のディクテーションの教材と似ている部分はあります。

このソフトの良い点は何と言っても、自分が書いた英語が自動的にチェックされるという点です。ですから、手軽にディクテーションを行いたいと思っている方には非常にお勧めです。

DSさえもっていれば、場所を選ばず電車でもちょっとした空き時間を利用して出来ますし、仕事中の空いた時間・昼休みを利用して出来ますので、非常に便利な英語学習ツールになりますね。


「英語の壁」はディクテーションで乗り越える!




このディクテーション用の教材は、英語学習者の中でも中級から上級レベルの方向けの教材になります。この教材では多くの会話パターンや長い文章が紹介されています。

しかし、文法の説明もしっかりとされているので、初心者よりも少し上の中級レベルの英語学習者にもお勧め出来ます。英会話でよく使われているイディオムやフレーズも多く紹介されています。


まとめ:ディクテーションという勉強法を使うべき理由


まとめると、ディクテーションはお勧めの英語勉強法の一つです。この勉強法・テクニックを通して、色々なスキルを鍛える事ができます。特に、英語のリスニング力と「聞き取る能力」を鍛える事ができます。

多くの日本人英語学習者が苦手なリスニングスキルだけではなく、文法知識、単語のスペル、句読点の知識、短期記憶などのスキルについても同時にブラッシュアップする事ができます。

ディクテーション用の教材は数多くありますので、是非試してみてください。英語の勉強法などに関する質問があれば、是非当サイトのライターにご連絡くださいね!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。