英語勉強法

イギリス英語の初心者にお勧めの教材は? 効果的なイギリス英語勉強法とは?

イギリス英語を勉強する為のお勧め教材と勉強法

イギリス英語教材で初心者にお勧め出来る教材はどんな教材なのか? どんな勉強法をするべき?



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。日本の学校で英語教師をしているイギリス人のマリと言います。今回の記事ではイギリス英語の学習者へのアドバイスとして、お勧めのイギリス英語教材学習法を紹介したいと思います。


日本の義務教育の英語の授業では、現在でもアメリカ英語が主流です。ですから、日本の英語教育業界では、その多くがアメリカ英語が基準になっています。ですから、イギリス英語の情報やイギリス英語の教材はまだまだ少ないです。

そこで今回の記事では、イギリス英語初心者にお勧めのイギリス英語教材と勉強法を詳しく紹介してみたいと思います。

教材と勉強法を紹介する前に、初心者のためにイギリス英語の基本知識について話してみたいと思います。まずは、「イギリス英語とは何ですか?」という質問に答えてみたいと思います。







イギリス英語とは?


イギリス英語勉強法・イギリス英語教材
イギリス英語とは、簡単に言うとイギリスで話されている英語という意味になります。英語という言語のルーツは元々、イギリスの言語です。その昔、大英帝国の影響によって、現在世界中の国々で英語、が使われるようになりました。

現在、英語圏の国の中でも各国で違う英語の種類(又は方言)を使っています。例えば、イギリスで使われている英語、アメリカで使われている英語、オーストラリアで使われている英語など(カナダ、ニュージーランド等)にも微妙な違いがあります。


記事の冒頭でも少し触れましたが、日本の学校では、アメリカ英語が教えられていますので、多くの日本人はアメリカ英語の発音、イントネーション、ボキャブラリーなどに慣れています。

実は、イギリス英語とアメリカ英語の文法を比較した際にあまり変わりはありません。双方の英語の最も大きな違いは「発音とボキャブラリー」になります。つまり、イギリス英語の初心者は基本文法を勉強した後に「イギリス英語特有の発音とボキャブラリー」を勉強した方が良いと思います。

それでは、実際にイギリス英語の初心者にお勧め出来るイギリス英語教材とイギリス英語の勉強方法をステップ順に紹介していきます。



イギリス英語の基本文法、文章のパターンを勉強するには?


先程も触れましたが、イギリス英語とアメリカ英語の文法は殆ど同じなので、日本の中学校レベルの英文法を理解している学習者であれば、イギリス英語の日常会話の多くは、既に理解できるはずだと思います。

そのことから、イギリス英語初心者で久しぶりに英語を勉強するという方は、まずは「英語の基本文法の復習」から勉強し始めた方がよいと思います。

イギリス英語を勉強する為のお勧め教材と勉強法

そのような学習を行う際にイギリス人のネイティブである私が制作した「English Reboot(イングリッシュリブート)」という英文法をパターンで学習出来る教材はお勧めおすすめです。この教材は中学校レベルの文法をゼロから紹介します。簡単なダイアログと例文を通して日常会話で使われている文法パターンを教える教材です。

このイングリッシュリブートには「イギリス英語の音声」が付属していますので、ダイアログを見ながらイギリス英語の発音に耳を慣らす事が出来るようになります。

この教材の最も良い点は「アウトプットの練習が出来る」という点だと思います。「アウトプット練習」とは簡単に言うと「英語を口に出して話す」という練習です。

教材の音声を聞いて自分で英語の文章を作る練習(瞬間英作文)という訓練をしています。例えば、「次の英語の文章を聞いて疑問文にしなさい」や「次の英語を聞いて疑問文にしてください」などのアクティビティーが用意されています。

これはイギリス英語の発音、会話の「瞬発力」の鍛える良い訓練になります。多くの英語の文章パターンを聞いてその質問に答えていく事によって、英作文力が自然と鍛えられていきます。





イギリス英語特有のボキャブラリーを勉強する方法は?



先程も紹介しましたが、イギリス英語とアメリカ英語の最も大きな違いは「発音とボキャブラリーの違い」がメインです。当サイトが出版した「British English Master」という教材はイギリス英語のボキャブラリー、発音を両方同時に勉強出来る教材の内容になっていますので、イギリス英語初心者にお勧め出来る教材だと思います。


この教材では他にも、イギリス英語特有のスペル、発音、ボキャブラリーも紹介しますので、イギリスへ留学したい人や旅行でイギリスに行きたい人にもお勧めです!

イギリス滞在する際にとても役に立つフレーズも入っていますし、イギリス人のネイティブの音声も付いていますので、イギリス英語を「マスター」したい人にはお勧め出来る教材です。




イギリス英語のイディオムを勉強するには?


英語ネイティブは日常会話の中で数多くのイディオムを使います。しかし、それぞれの英語圏の国は違ったイディオムを使っています。そのため、イギリス英語をマスターしたいと思っている学習者は「イギリス英語特有のイディオム」を勉強した方が良いと思います。

英語のイディオムは初心者に少し難しいと思いますが、中級レベルくらいになった人は、必ずイギリス英語特有のイディオムも合わせて勉強した方が良いと思います。

この「British English Idiom Master」という教材はイギリス英語特有のイディオムを紹介しますし、アメリカ英語の似ているイディオムとの比較も紹介しています。

実際の例としてネイティブが使う例文が沢山んありますし、音声もついていますので、イギリス英語のイディオムを聞きながらネイティブの発音も吸収する事が出来ます。






イギリス英語初心者がにお勧めの勉強法は?


まずは、上記で紹介したようなタイプの教材を手に入れた後に勉強の仕方を理解していきましょう。それぞれの教材には、音声が付いていますので、音声を自分のパソコンやミュージックプレイヤー、タブレット、スマホなどのダウンロードして下さい。

その際に音声を聞きながらイギリス英語特有の発音、イントネーションなどに慣れるようにする為、できるだけ時間をかけて繰り返し音声を聞くようにします。イギリス英語の発音に慣れる為にも時々、聞き流して聞いてもよいと思います。

自分の発音をイギリス英語っぽくしたい人は音声を聞いた後に「リピーティング」という学習テクニックをしていきましょう。つまり、音声を聞いて、実際に自分の声を出して繰り返すという練習です。

その際に出来るだけ音声のナレーターの発音、イントネーションを真似するようにしていきましょう。そういった訓練を繰り返し行う事によって、自分の英語の発音は次第にイギリス英語っぽくなっていきます。


そして、教材には役に立つ例文が沢山紹介されています。上記で紹介した教材は「イギリス人のネイティブが実際の会話で使うようなシーンを想定して作られた例文」になっていますので、例をそのまま覚えば、直ぐに使う事が出来るようなニュアンスも完璧な例文です。

こういった例文を使ってリスニングしながら、文章毎に暗記していけば、単語リストを暗記する事よりも、実際に使える例文を吸収できるので、会話にとても役立ち効果的な学習法になります。


もう一つの良いイギリス英語の勉強法としては「イギリスの映画とテレビドラマを観る」という勉強法です。イギリス英語の初心者には映画とドラマの内容を英語で観て理解する事は難しいので、日本語の字幕で観た方が良いと思います。

次第にリスニング力がついてきた後に、英語の字幕をつけながらイギリスの映画やドラマを観れば効果的な学習になります。イギリス英語の勉強にお勧めの映画は沢山ありますが、まずはこちらのリストで紹介したイギリス映画を観てみましょう!





それでは、今回の記事ではイギリス英語を勉強する為のお勧めのイギリス英語教材と勉強法について紹介してみました。 もしイギリス英語の勉強法に関する質問があれば、是非当サイトのイギリス人ライターのマリ・マクラーレンに連絡してくださいね!


>> ご質問はこちらページから

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。