英語試験 PR

大人は英検とTOEICのどちらを受けるべき? 英検とTOEICを徹底比較

大人は英検とTOEICのどちらを受けるべき? 英検とTOEICを徹底比較
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

英検は大人でも受けるべき?! 英検とTOEICのアドバンテージ・弱点を紹介!


マリ
マリ
皆さん、こんにちはマリです。今回の記事は英語を勉強し始めた人がよく悩む問題として「英検とTOEICはどちらを受けるべきなのか?」というテーマで、英検の良い点・弱点、TOEICの良い点・弱点についてお話をしたいと思います。


学生時代に「英検」や「TOEIC」を受験した事がある方という方はいらっしゃると思います。 ちなみに英検の公式名称は「実用英語技能検定」と言います。この試験は1960年代から続いている歴史の長い英語試験です。

当初は3つのレベルしかありませんでしたが、現在は7つのレベルがあります。その7つのレベルはこちら:


  • 1級
  • 準1級
  • 2級
  • 準2級
  • 3級
  • 4級
  • 5級



1級は最も難しいレベルです。このレベルはヨーロッパのCEFRレベルC1と同じくらいの英語能力になります。英検の3級、4級、5級は全て「初心者レベル」です。

こちらはレベルというと「ヨーロッパのCEFRレベルA1」と同等の能力になります。準2級、2級、準1級の試験内容は日本の高校生であれば回答出来るレベルになります。そして、1級は大学生くらいのレベルといったようになります。

英検の試験は年3回行われています。それでは、これから英検のそれぞれのアドバンテージを紹介していきたいと思います。果たして英検はどんな点に優れた資格なのでしょうか。





大人が英検を受けるべき理由1: 日常英会話につながる内容


大人が英検を受けるべき理由1: 日常英会話につながる内容
先ず英検はTOEICと比べた際に英会話上でとても実用的という点です。英検がテストする内容としては「日常英語、日常英会話」につながってきますので、英会話を習得したい学習者にとって役に立つ内容です。

そして、「英検に出る語彙、熟語、文法、フレーズ」は日常英会話で役に立ちますので、実際に使える知識だと思います。一方、TOEICは「ビジネス英語向け」という内容なので、日常英会話ではあまり耳にしない用語がたくさん出てきます。

そのため、仕事で英語を使わないという人なら、TOEICよりも英検を選ぶべきです。そして、英検のリーディング(長文)の問題はとても面白い内容だと思います。リーディングの問題は色々なテーマが出てきます。その為、英語の良い練習になると思います。

例えば、社会、理科、アート、テクノロジー、環境などに関する長文があります。それを理解するために色々な英語を読まなければなりません。

その事から、とても役に立つボキャブラリーを自然に吸収出来ると思います。そういったボキャブラリーは日常英会話中にも役立つと思います。

英検のリスニングテストも日常会話向けだと思います。それぞれの短い質問は日常的なシーンで出る英語に基づいて作られています。例えば、夫婦の会話、親子の会話、同僚の会話といったテーマがリスニング問題で出てきます。

これらは実際に使う英語につながってくる内容なので、勉強中に覚える事が出来れば英会話中にとても役に立つと思います。





大人が英検を受けるべき理由2:自分の英語レベルで試験を選べる事


大人が英検を受けるべき理由2:自分の英語レベルで試験を選べる事
TOEICはポイント制度の試験なので、一つの試験しかありません。しかし、英検は7つのレベルがありますので、自分のレベルに合わせて受ける試験を選ぶ事が出来ます。

これはモチベーションにとても良いと思います。初心者がTOEICを受けると、取得できる点数がとても低くなり、がっかりする人が多いのではないかと思います。そして、モチベーションが下がります。

逆に、英検のそれぞれのレベルを合格するためのボキャブラリー、文法、熟語などはとても分かりやすく、勉強しやすいと思います。

各の試験の過去問を見れば自分の現在の英語レベルに合った級を選べます。そして、そのレベルを合格したら、次のレベルを目指すというステップで目標をクリアしやすいですね。

このステップバイステップの進み方はモチベーションにとても良いと思います。モチベーションが高いと勉強が自然に進みます。英語の勉強を続けていくためには何よりもモチベーションが命です。



大人が英検を受けるべき理由3:英語の4技能全ての能力をテスト出来る試験


大人が英検を受けるべき理由3:英語の4技能全ての能力をテスト出来る試験
英検は、TOEICと違ってエッセイ(ライティング)の質問があります。そのエッセイの質問はリーディングとリスニングと同じ点数になります。

そして、リーディング、ライティング、リスニングの試験に合格したら、ようやくスピーキングテストを受ける事が出来ます。つまり、英検は英語の「4技能」を全てテスト出来る試験です。これによって本当の英語力をテストする事が出来ます。

しかし、TOEICはリスニングとリーディングのスキルしかテストしません。そのため、受動的・受け身(パッシブ)な能力しかテストしません。

つまり、TOEICは「英語の知識」をテストする試験なので、「英語能力(英語を使える能力)」をあまりテストしないと思います。ですから、時々「TOEICで満点を取ったけど英語が話せない」という人が出てきます。

そういった人は今までに「アウトプット」(スピーキングとライティング)を練習した事がなかったからなんですね。英検を受験するようになると英語の4技能の全てのスキルを練習する必要があります。

以上の事から、私の意見では「TOEICよりも英検の方が実際に使う英語を鍛える試験」だと思っています。





TOEIC試験の良い点とはどんなところ?


TOEIC試験の良い点とはどんなところ?
私の意見では、ビジネスパーソン以外の社会人は英検を受けた方がよいと思います。しかし、英検の方が良いからと言ってTOEICが悪い試験というわけではありません。

逆に「英語を使うビジネスパーソン」であれば、TOEICの方が自分のニーズに合うと思います。TOEICに出てくるボキャブラリーとフレーズは主に仕事で使う内容です。

例えば、TOEICのリスニング試験の内容は同僚や取引先との会話シーンといった内容になります。語彙の質問はビジネス用語が多いです。

例えば、貿易に関する語彙、ホテルで使う語彙、ミーティングに出てくる語彙が多いです。TOEICで高いスコアを取るためには多くのビジネス用語を覚えなければなりません。それは自分の仕事にきっと役に立つと思います。




TOEICのリーディングセクションもビジネスパーソンに役に立つ場面しか出てきません。例えば、ビジネスメールや手紙、会議の議事録などのリーディングの質問が出てきます。そういった質問は実際に使うビジネス英語なのでビジネスパーソンに役に立つでしょう。

TOEICのもう一つの良い点は、様々な種類の英語が出てくる点です。例えば、アメリカ英語だけではなく、イギリス英語、オーストラリア英語の発音がリスニング問題に出てきます。

国際ビジネスパーソンだけではなく、一般の英語学習者はそれぞれの英語の種類に聞き慣れた方がよいと思います。そして、TOEICの試験は年に10回も行われていますので、いつでもタイミングに合わせて受験出来る点も良いですね。

英検は年に3回しか行われませんので、合格する為のプレッシャーがあると思います。TOEICは定期的に行われますので目指しているスコアが取れなくてもすぐチャレンジできるところは良い点です。




まとめ:大人は英検を受ける理由


まとめると、英検とTOEICは両方ともよい点がありますが、私の意見では、ビジネスパーソンでない限り、英検を受けた方がよいと思います。その理由としては:こちら:

  1. 英検の方が日常英語につながる
  2. 英検の方がレベルを選べる
  3. 英検の方がアウトプット力を鍛える


以上の理由から大人の英語学習者は「TOEICよりも英検を受ける」という事をお勧めします。



お勧めの英検問題集

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)