語彙 PR

belongの意味と使い方とは?  属す、所属するという意味の英語

belongの意味と使い方とは? 「属す・所属」
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

色々な幅広い意味で使える belongの意味


今回の記事では、英語学習初心者にとって使い分けが分かりにくい英単語「belongの意味と使い方」を紹介したいと思います。「Belong」という動詞と関連する単語は英語の日常会話でよく使われていますが、日本語でこのような動詞はあまり使われていませんので英語で使う事は少し難しいと思います。

以上の事も関係してなのか、日本の中学生や高校生は「belong」という単語の使い方をよく間違える事が多いので、他の英語学習者にとっても為になるのではないかと思い紹介しようと思いました。

それでは使い方を例文を通してみていきましょう。





所有するという意味のbelong


「belong」には様々な使い方がありますが、主な使い方として「人・物が~に所属する」、「所有する」という意味になります。それでは、例文で実際の使われ方をみていきましょう。


所属する・属するという意味のbelongの使い方 例文:



This book belongs to Fred.
(この本はフレッドの物です。)


Who does this bike belong to?
(この自転車は誰の物ですか?)


You belong to me.
(君は僕の物だ。)






チームに所属するという意味のbelong to ~


そして、団体やチームやジム、クラブ等に所属しているという話をする際に「belong to ~」というフレーズが役に立ちます。


I belong to a tennis club.
(私はテニスクラブのメンバーです。)


My son belongs to his school’s soccer club.
(私の息子は学校のサッカー部のメンバーです。)



物や人があるべき場所にいる・あるという意味のbelong


もう一つの使い方として、何か「物」や「人」が本来あるべき場所にいる(ある)という意味の使い方です。


Lions belong in the wild, not in a zoo.
(ライオンは動物園ではなく自然にいるべきです。)



A:Where does this pen belong?
(このペンは何処に置けばいいですか?)

B:It belongs on the shelf.
(棚の上に置けばいい。)



He doesn’t belong in an old-fashioned company like this.
(彼はこのような古臭い会社にいるべきではない。)






恋愛英語表現としてのbelongの使い方


「Belong」という単語は”愛の言葉・表現”として恋愛英語でよく使われる事が多いです。例えば、「They belong together」や「We belong together」という表現があります。

これは「一緒にいるべき二人」という意味になります。「belong」という動詞を名詞にした場合、「belongings」という単語になります。これは「持ち物」や「荷物」という意味になります。


Don’t forget your belongings.
(荷物を忘れないで。)


Please put your personal belongings in your locker.
(私物をロッカーに入れてください。)



※注意※「Belong」は動詞になりますが「進行形」としては使えません。


This bag is belonging to me.(文法的に正しくない文章)
This bag belongs to me.(文法的に正しい文章)
意味:(このカバンは私の物です。)




当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)