スラング

イギリス英語とオーストラリア英語は似てる? スペルや発音のどんな所が似てる?

イギリス英語とオーストラリア英語は似てる? スペルや発音のどんな所が似てる?

オーストラリア英語の発音、スペル、ボキャブラリーをイギリス英語と比較して似てる点をクローズアップ


皆さんこんにちは。オージーのカイリーです。今回の記事ではよく比較される英語として「イギリス英語とオーストラリア英語はどのくらい似ているの」というテーマについてお話したいと思います。



イギリス、オーストラリアへ留学、ホームステイ、ワーキングホリデー等を考えている方はこのテーマについて気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、オーストラリア人ネイティブである私が、オーストラリア人が話す英語はどのくらいイギリス英語に似ているのか?という内容を分析しながらお話していきます。

日本では英語というとアメリカ英語が最もメジャーで、イギリス英語というと、アメリカ英語の次に知られているくらい勉強する人が多い英語の種類だと思います。

しかし、オーストラリアへ行く日本人は多いわりにオーストラリア英語はまだマイナーな英語だと思います。実はオーストラリア英語はメジャーな英語の種類なので、英語学習者の方はもう少し知っておくべきだと思います。

オーストラリア英語はとても面白く、ユニークで、オーストラリア人の国民性と考え方を反映する英語なので、勉強して知識を得ればとても面白いと思います。

オーストラリアはアメリカよりも若い国ですし、イギリスとのやり取りや交流が多い国なので、当然アメリカ英語よりもイギリス英語の方が似ている点が多いです。実際に共通する点が多いオーストラリアに移住するイギリス人も多いです。

それでは、イギリス英語とオーストラリア英語の共通点と似ているポイントをまとめて紹介していきたいと思います。先ずは、オーストラリア英語とイギリス英語のスペルにクローズアップしましょう。




オーストラリア英語のスペルとイギリス英語のスペルは殆ど同じ?


オーストラリア英語のスペルとイギリス英語のスペルは殆ど同じ?

実は多くのイギリス英語の単語のスペルとオーストラリア英語の単語のスペルは殆ど同じです。英単語のスペルという点では、同じ英語圏でアメリカ英語が最も異なります。

例えば、「flavour」(味)、「centre」(中心)、「catalogue」(カタログ)といったスペルは全てイギリス英語と同じです。

一方、アメリカ英語では、「flavor」、「center」、「catalog」というスペルになります。アメリカ人もその昔はイギリス英語のスペルを使っていましたが、1806年に出版された辞書で、現在使われているアメリカ英語特有のスペルが初めて紹介されるようになりました。




オーストラリア英語の単語とイギリス英語の単語は似てる?


オーストラリア英語の単語とイギリス英語の単語は似てる?


イギリス英語とオーストラリア英語は殆どの場合「同じボキャブラリー」を使います。しかし、例外もあります。例えば、「歩道」はイギリス英語では「pavement」になりますが、オーストラリア英語では「footpath」になります。

ちなみにアメリカ英語で「歩道」は「sidewalk」になります。他のボキャブラリーの違いの例は下記になります。

茄子

  • イギリス英語:aubergine
  • オーストラリア英語:eggplant
  • アメリカ英語:eggplant



トラック

  • イギリス英語:lorry
  • オーストラリア英語:truck
  • アメリカ英語:truck


綿あめ

  • イギリス英語:candyfloss
  • オーストラリア英語:fairy floss
  • アメリカ英語:cotton candy



上記以外にも数多くの違いがあります。一般的にオーストラリアでイギリス英語の単語を使っても意味は通じます。ボキャブラリーに関しては、オーストラリア英語はアメリカ英語よりもイギリス英語の方が近いです。

オーストラリア英語には、オーストラリア英語特有のユニークなボキャブラリーが沢山あります。そして、オーストラリア英語特有のスラングや口語もあります。

最も有名なオーストリア英語の特徴は、「単語を省略する」という事です。オーストラリア人は単語を短く省略する事が好きです。

例えば、「barbecue」は「barbie」になり、「afternoon」(午後)は「arvo」になります。「biscuit」(ビスケット・クッキー)は「bikkie、biccy」になります。

実はイギリスでは、オーストラリアのテレビドラマは人気がありますので、イギリス人はオーストラリア英語のスラングに詳しいですが、アメリカ人に通じない場合が多いと思います。



オーストラリア英語の発音とイギリス英語の発音はどんな所が似てる?


オーストラリア英語の発音とイギリス英語の発音はどんな所が似てる?
イギリス英語とオーストラリア英語の発音(訛り)はかなり似ています。もちろん、イギリス人とオーストラリア人は直ぐにお互いの英語を区別できますが、オーストラリア英語とイギリス英語の訛りを区別できないアメリカ人は多いと思います。

イギリス英語の発音とオーストラリア英語の発音が似ている理由としては、オーストラリアが元々はイギリスの植民地だったからです。そして、最近までオーストラリアへ移住したイギリス人はとても多かったです。

実は初めてオーストラリアに植民地を作った人たちはイギリス人でした。ですから、オーストラリア英語の発音はイギリス英語がルーツです。それが時間の経過と共にユニークな訛りが進化してきました。

しかし、そうは言ってもまだまだオーストリア英語にイギリス英語の要素が残っています。例えば、アメリカ英語は「rの発音ありの訛り」ですが、イギリス英語とオーストラリア英語では単語の最後の「r」を発音しません

そして、オーストラリア英語の母音の発音はイギリス英語に似ています。例えば、「o」の発音はアメリカ英語では「アー」になる場合が多いです。

アメリカ人が「dog」と言うと「ダーグ」という発音になります。オーストラリア人とイギリス人は「ドッグ」に近い発音を使っています。(カタカナ読みに近い)

さらにオーストリア英語の訛りについて詳しく知りたい方は、当サイトのライターが作ったオーストリア英語のバイブル「オーストラリアイングリッシュマスター」という教材はお勧めです。

この教材では、オーストラリア英語の発音、スペル、ボキャブラリー、スラングなどが詳しく紹介されています。数多くのダイアログを通して、リアルなオーストラリア英語が紹介されますので、オーストラリアに行く予定のある方、オーストラリア英語に興味のある方にはお勧めの教材です。

そして、リスニング学習用の音声も付属しています。音声はネイティブのオーストラリア人のナレーターを使ってダイアログ作っていますので、リスニング練習にはピッタリです。是非ご覧くださいね!

オーストラリアイングリッシュマスター公式ページ



まとめ:イギリス英語とオーストラリア英語がどのくらい似てるの


まとめると、オーストラリア英語とイギリス英語は全体的にかなり似た英語です。しかし、かなり似ているからと言って全く同じというわけではありません。

オーストラリア英語にはユニークなボキャブラリーが沢山ありますので、オーストラリアに行く予定がある方は、オーストラリア英語を事前に勉強しておいた方が良いと思います。

もちろん、イギリス英語の知識があれば、オーストラリア英語も分かりやすいと思いますが、今までにアメリカ英語しか勉強した事がない人は、オーストラリアに行く前に聞き慣れておいた方が良いと思います。

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは多いです。初めてオーストラリアに行く方はオーストラリア英語を聞いてびっくりすると思います。これはイギリス英語でも同様です。

そして、近年TOEIC等の英語試験では、オーストラリア人のナレーターも使われていますので、オーストリア英語が聞き取れるようにしておくと役に立つと思います。

もっと他にもこんなオーストラリア英語が知りたい!といった質問がある方は是非ご連絡くださいね!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。