使い分けの違い

boredと一緒に使う前置詞はどれ? bored with、by、ofのどれが正しい?

boredと一緒に使う前置詞はどれ? bored with/by/ofのどれが正しい?

英語で「退屈している」という意味の形容詞 boredと一緒に使うべき前置詞は?


マリ
マリ
皆さんこんにちは。マリです。今回は「boredと一緒に使う前置詞」として「bored with、by、ofのどれが正しいのか」というテーマについてお話してみたいと思います。


実は「bored」と一緒に使うべき前置詞を英語ネイティブでも間違っている場合が多いです。ですから、尚更英語学習者の方にとって間違えやすいと思います。

そもそも英語学習者にとって前置詞は全体的に間違えて使ってしまいがちです。前置詞を正しく使う事が出来れば自分の英語は、かなりネイティブっぽくなると思います。それでは「bored」と一緒に使う前置詞を紹介していきたいと思います。




bored withの意味と使い方


bored withの意味と使い方

この「bored」という単語は形容詞として使います。意味は「退屈している」、「○○に飽きる」という意味になる単語です。そういった”退屈した気持ち”を表現する際には「bored with ○○」というフレーズを使って気持ちを表します。

例えば「bored with this movie」は「この映画に飽きている」という意味になります。それでは、実際の使い方を例文で確認してみましょう。


bored withの使い方 例文



A: I’m bored with my job.
(私は仕事に飽きているよ。)

B: You should start looking for a new one.
(新しい仕事を探し始めた方がいいよ。)



A: You’ve been dating Mike for 10 years now. Don’t you get bored with each other?
(あなたとマイクはもう10年間も付き合っているね。退屈していないの?)

B: Of course not! We are soulmates.
(それはあり得ないよ! 彼は運命の人だから。)



A: I’m bored with life. Nothing is exciting anymore.
(私は人生に退屈しているよ。楽しいことなんかない。)

B: Let’s take a trip somewhere nice. That will make you feel better.
(どこかに旅行行こうよ。それで元気になるよ。)



A: Aren’t you bored with this computer game?
(このパソコンゲームはもう飽きないの?)

B: No, I’m addicted to it!
(無理だよ! もう中毒だよ!)





bored ofの意味と使い方(※ネイティブも使う文法的に誤った使い方)


bored ofの意味と使い方(※ネイティブも使う文法的に誤った使い方)

この「bored of」という組み合わせは英語ネイティブがよく使っていますが、実はこの言い方は文法的には誤りになります。

この「of」という前置詞を間違って使ってしまう理由は色々と考えられると思いますが、最も大きな理由としては、おそらく「tired of」という正しい表現の真似をしているだけなのではないかと思います。

bored ofは誤った英語ですが、英語ネイティブが会話で使ったり、ライディングでも使用する事がありますので、一応、それは分かった上で知識として知っておいた方がよいと思います。

実は「bored + 前置詞」の統計を観ると「bored of」という組み合わせが最もよく使われている表現です。ですから、いずれは正しい使い方として正式な英語になるではないかと思います。

bored ofの使い方 例文



A: I’m bored of this TV show.
(私はこのテレビ番組に飽きたよ。)

B: Let’s turn it off and go outside.
(じゃあ、テレビを消して外に出かけよう。)※ 誤ったです。



A: Don’t you get bored of going to the gym?
(ジムに行く事は退屈じゃないの?)

B: No, I love it. I love doing exercise.
(いや、大好きだよ。体を動かす事も大好き。)※ 誤ったです。



A: I’m bored of this lesson.
(この授業はつまらない。)

B: Yeah, this teacher is terrible!
(そうだよね。この先生はひどいね!)※ 誤ったです。




bored byの意味と使い方(文法的に正しい使い方)


bored byの意味と使い方(文法的に正しい使い方)

この「bored by」という言い方は文法的に正しい使い方です。誤った使い方である「bored of」ほどは使われていませんが、「bored by」を使っていると自分は正しい英語を使っているという事に満足できると思います(笑)。

それでは、実際の正しい使い方を例文で確認してみましょう。


bored byの使い方 例文



A: Why did you quit university?
(なんで大学を辞めたの?)

B: I was bored by the course. I’ve decided to work instead.
(講座に飽きていたからだよ。代わりに仕事をすることにした。)



A: Are you bored by this film?
(この映画は退屈なの?)

B: No, the film is interesting. I’m just sleepy!
(いや。映画は面白いよ。私は眠いだけです。)



A: Did you finish the book I lent you?
(私が貸してあげた本は読み終わった?)

B: I gave up halfway through. I got bored by the story.
(途中で飽きちゃった。ストーリーは退屈だった。)





まとめ:boredと一緒にい使う前置詞


まとめると、「bored」と一緒に使う前置詞は「with」か「by」になります。しかし、最近は英語ネイティブの人も「of」という前置詞をよく使います。

実は他の前置詞よりも「of」が使われる場合が多いです。「of」も耳にしますが、正しい言い方を使いたい方は「with」か「by」にしましょう。


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。