語彙 PR

beforeとagoの違いって? どんな点が違う? 使い分け方は?

beforeとagoの違いって?「前」という意味の前置詞の正しい使い方
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

前・以前という意味の前置詞の正しい使い方


マリ
マリ
皆さんこんにちは。マリです。今回の記事では英語で「」という意味になる前置詞「beforeとagoの違い、正しい使い方や使い分け」についてお話したいと思います。

「before」と「ago」は両方とも「前」という意味になりますが、使い方は違います。とても似ている単語なので、多くの英語学習者が間違えやすい英単語だと思いますので、今回はこの二つの単語の細かい使い方を紹介したいと思います。

それでは、beforeとagoはどう違うのでしょうか。agoは、beforeよりも使い方が分かりやすいので、先ずは最初にagoの意味と使い方を紹介したいと思います。




agoの意味と使い方は?


agoの意味と使い方は?

ago」は「~年前」、「~週間前」といったニュアンスで使う単語です。発音は「アゴー」に近いです。この単語は必ず過去形の文章で使います。

そして、一般的には「○○ years ago」(~年前)、「○○ months ago」(~か月前)といった時間を表す単語の後で使います。例として、下記の単語の後で使います。


  • century = 世紀
  • decade =10年間
  • year = 年
  • month = 月
  • week = 週
  • day = 日
  • hour = 時間v
  • minute = 分
  • second = 秒



そして、「ago」は「a long time ago」といったフレーズでよく使う単語になります。また、「ago」は未来の話や現在完了形の文章で使えません。

それでは、文章の説明だけだとイメージしずらいと思いますので、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


agoの使い方 例文



A: When did you get your driving licence?
(運転免許はいつ取りましたか。)

B: I passed my test three years ago.
(私は3年前に運転免許試験に合格しましたよ。)



A: How long have you been living in this house?
(この家にはどのくらい住んでいますか。)

B: I moved here 6 months ago.
(6か月前に引っ越してきました。)



A: Where’s Mike?
(マイクはどこ?)

B: He went out about 5 minutes ago.
(約5分前に出かけたよ。)



A: When was this castle built?
(このお城はいつ建てられましたか。)

B: I’m not sure, but it was a long time ago.
(よく分かりませんが、かなり前に建てられましたね。)





beforeの意味と使い方


beforeの意味と使い方

before」は「ago」よりも色々な使い方が出来ます。「before」も「ago」と同じく「前」という意味になりますが、過去形だけではなく、色々な使い方があります。

例えば「before」は、副詞、接続語、前置詞として使う事ができます。つまり、とてもフレキシブルな単語です。

「before」は多くの場合、「現在完了形」と「過去完了形」の文章で使われます。

例えば、「I have never eaten this before」(私は今までこの食べ物を食べた事がありません)というような使い方ができます。この文章では「before」は「今まで」というニュアンスを与えます。

そして、「before」は未来形の文章で使う事ができます。例えば、よくある使い方として「before you go to bed, brush your teeth」(ベッドに入る前に、歯を磨きなさい)という文章で使う事が多いです。

この例では、「before」は「前置詞」になります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


beforeの使い方 例文



A: Okinawa is beautiful! Have you ever been here before?
(沖縄は美しいね! あなたはここに行った事がありますか。)

B: No, this is my first time visiting Okinawa.
(いいえ。これは初めてです。)



A: What’s this vegetable? I’ve never seen this before.
(この野菜って何ですか。見たことないね。)

B: It’s called goya. It’s popular in Okinawa.
(それはゴーヤですよ。沖縄で人気ですよ。)



A: When do you plan to get married?
(いつ結婚式を行う予定ですか。)

B: We want to have the wedding before the summer vacation.
(私たちは夏休みの前に結婚式を行いたいと思っています。)



A: May I take a bath?
(お風呂に入ってもいいですか。)

B: Yes, but you must take a shower before you get in the bathtub. That’s how we take a bath in Japan.
(いいですよ。しかし、お風呂に入る前にシャワーを浴びないとだめです。それは日本の習慣です。)





まとめ:「ago」と「before」の違い


まとめると「before」と「ago」は両方とも「前」という意味になりますが、使い方は大きく違います。

先ず「ago」は副詞で、必ず「時間を表す表現」と一緒に使います。そして、必ず「単純過去形の文章」で使います。

一方「before」の場合には色々な使い方があります。そして、beforeは副詞だけではなく、接続語、前置詞として使う事ができます。

「before」を副詞として使うと、殆どの場合「過去完了」や「現在完了形」の文章で使います。前置詞として使う場合には、どの時制の文章で使っても構いません。

それでは、今回の記事では「before」と「ago」の違いと使い分けについて紹介しました。他にも英語に関するこんな質問をしてみたい! という方は当サイトの英語ネイティブライターに連絡ください! 


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)