単語 PR

「遊ぶ」は英語で何と言う? playは英語でいつも「遊ぶ」になる?

「遊ぶ」は英語で何と言う?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

英語で「遊ぶ」は何と言う? 友達と遊ぶ、遊びに行くは英語のスラングで何と言う?



カイリー
カイリー
皆さん、こんにちは。オーストラリア人のカイリーと申します。今回は日常会話でも頻繁に使う「遊ぶ」という意味になる英語を紹介してみたいと思います。

皆さんは「遊ぶ」を英語で何というのかご存知でしょうか? 多くの方は中学校の英語授業で「遊ぶ」は「play」という言い方になると覚えたと思いますが、実は英語では「遊ぶ」が必ず「play」になるわけではありません。

「遊ぶ」のニュアンスによっては、英語で違う言い方をする必要があります。そこで今回の記事では「遊ぶ」の様々な英語の言い方をネイティブの使い方と共に紹介してみたいと思います。

まずは、日本語で「遊ぶ」という場合には様々な意味と使い方があります。例えば、以下に例をあげると・・

  • 子供が玩具で遊ぶ
  • 外で遊ぶ
  • 友達と遊ぶ
  • バー・クラブで遊ぶ
  • 女・男と遊ぶ



このように日本語の「遊ぶ」という単語は以上のような使い方があります。日本語では上記のシーンで「遊ぶ」という動詞を使いますが、これを英語にするとシーンによって違う動詞を使うという必要があります。

それでは、これから「遊ぶ」という意味になる英単語を紹介しながら、実際のネイティブの使い方を例文を通して紹介していきたいと思います。





英語で「遊ぶ」という意味・言い方になる「play」


「play」は英語で「遊ぶ」という意味になりますが、この使い方はかなり限定されています。例えば、英語で「play」は主に「子供が遊ぶ」というニュアンスを与えます。

そして、「子供」は「赤ちゃんから小学生」くらいの年齢になります。ですから、中学生、高校生、大人の「遊ぶ」は別の違う言い方を使う必要があります。

また「玩具で遊ぶ」というニュアンスも「play」になります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文でみていきましょう。


「遊ぶ」は英語で何と言う?

ネイティブが「play」を使う際の例文:



The children are playing outside.
(子供たちは外で遊んでいます。)


They have gone to the park to play.
(彼らは公園に遊びに行きました。)
※小さい子供の場合


Let’s play with your toys.
(あなたの玩具で遊びましょう。)


My daughter likes playing with dolls.
(私の娘は人形遊びが好きです。)


My husband often plays with our son after work.
(旦那は仕事の後によく息子と遊びます。)
※「旦那」は大人ですが、息子(子供)と遊んでいるので「play」という動詞を使えます。




「遊ぶ」という意味になる英語「hang out」


皆さんは「hang out」という句動詞をご存知でしょうか? 「hang out」はとても役に立つ表現だと思います。場合によっては、日本語の「遊ぶ」と同じ意味、ニュアンスになります。

例えば、中高生や大人が言うような「遊ぶ」は英語で「hang out」になります。大人や中高生の多くの人は玩具では遊びませんし、公園で鬼ごっこをして遊ばないので「play」という動詞を使いません。

大人の遊ぶとは、友達と話したり、映画を観にいったり、食事をしに行ったりするようなことです。こういった「遊ぶ」は英語で「hang out」と言います。「hang out」の過去形は「hung out」になります。


ネイティブの大人が「hang out」を使う際の例文:



先生:What did you do in the summer vacation?
(あなたは夏休みに何をしましたか?)

生徒:I hung out with my friends. We went shopping, watched TV, chatted and so on.
(友達と遊びました。私たちは買い物に行ったり、テレビを観たり、一緒に話したりしました。)



Do you want to hang out at the weekend?
(週末に遊びませんか?)

Where do you usually hang out?
(あなたはいつも何処で遊んでいるの?)

She’s been hanging out with Mike a lot recently.
(彼女は最近マイクとよく遊んでいるよ。)

I don’t have any plans this weekend.  I’ll just hang out with my husband at home.
(私は今週末とくに予定がない。旦那と家でゆっくり過ごすと思う。)




「遊ぶ」という意味の英語「spend time (with)」


もう一つの「遊ぶ」と同じ意味になる表現は「spend time with 人」です。この表現を直訳すると「人と一緒に時間を過ごす」という意味になります。つまり、遊ぶという意味です。

そして、「spend time ~ing」という表現も使えます。これは「~をして時間を過ごす」という意味になる表現です。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


ネイティブが「spend time」を使う際の例文:



Let’s spend time together on Friday.
(金曜日に一緒に時間を過ごしましょう。)


David has been spending a lot of time with Mary recently.
(デイヴィッドは最近メアリーとかなり時間を過ごしている。)


I spent time with my friends in the summer vacation.
(私は夏休みに友達と時間を過ごしていた。)


I usually spend time with my husband at the weekends.
(私は週末いつも旦那と時間を過ごす。)


Let’s spend Saturday night together.
(金曜日の夜一緒に過ごそう。)




「遊ぶ」という意味の英語「go to ~」について


実は日本語の「遊ぶ」はかなり曖昧な言い方だと思います。英語では「遊ぶ」という表現を使う際にはより具体的に「遊び方」を言う傾向があります。

たとえば、バーで友達と遊んだ場合には「went to a bar」という言い方を使います。買い物に行ってその後カフェで話したといったような「遊び方」の場合には「went shopping then went to a cafe」という具体的な説明を使います。

以上の事から、英語で「遊ぶ」と言いたい場合には「具体的に何をしたいのか?」という事を考えてから、英語で具体的な遊び方を言ってみましょう。


ネイティブが「go to」を使う際の例文:



Let’s go clubbing on Saturday.
(土曜日にクラブで遊びましょう。)


I went shopping on Wednesday with my best friend.
(水曜日に友達と一緒に買い物に行きました。)


I went to my friend’s house on Sunday.
(私は日曜日に友達の家で遊びました。)


I’m going out for drinks with my colleagues tonight.
(私は今夜同僚と一緒に飲みに行きます。)


Where do you usually go out at the weekends?
(あなたは週末いつもどこで遊んでいますか?)




「遊ぶ」に関連する英語表現


  • go clubbing = クラブで遊ぶ
  • go out for drinks/go drinking = 飲みに行く
  • hang out at home = 家でゆっくり過ごす
  • talk with friends = 友達と話す
  • go out for coffee = コーヒーを飲みに行く(カフェで)
  • go out for a walk = 散歩に行く
  • go to the movies = 映画を観に行く(映画館で)
  • go out for a meal/eat out = 外食する(レストランで)
  • go shopping = 買い物に行く



まとめ:英語で「遊ぶ」は何と言う?


まとめると、子供の遊び方について話す際には「play」という英単語を使えます。しかし、大人(中高生等)の遊び方について話す際には「hang out」や「spend time」などの言い方を使います。

しかし、最も良い言い方は「具体的に遊び方・遊びの内容」を説明する事です。例えば、「go clubbing」(クラブで遊ぶ)や「go drinking」(飲み会に行く)などの具体的な説明を使った方が英語では良いと思います。

それでは以上になりますが、英語の勉強に関する事や、英語圏の国のカルチャーについて質問があれば、当サイトのネイティブのライターに是非ご質問ください! 必ずお返事します!


📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)