単語

「遊ぶ」は英語で何と言う? 英語の「play」の正しい使い方

「遊ぶ」は英語で何と言うでしょうか?日本人がよく間違える英語と正しい使い方

日本人がよく間違える英語・遊ぶは英語で何と言うのか?ネイティブ英語教師が解説



今回は、日本人がよく間違える英語について紹介していきたいと思います。私は、よく中学生の生徒にこのような質問を聞かれます。「遊ぶ」は英語で何と言うでしょうか?

彼らは、週末や夏休み・冬休み等の事について話したいと思っているのですが、「友達と遊びました」という英語の文章が中々頭に浮かんでこない人が多いんです。

また「遊ぶ」=「play」だと思っている人が多いです。勿論、「遊ぶ」=「play」も間違ってはいません。しかし場合によっては、違う動詞を使う必要も出てきます。



アメリカ人が好んでよく使うスラング「awesome」の意味と使い方、ニュアンスを紹介
アメリカ人が好んで使うスラング「awesome」の意味と使い方を徹底解説!「awesome」のスラングとしての意味と使い方を紹介 アメリカ人の明るい性格を代表する単語の一つは、何と言っても、この「aw...


ネイティブがよく使う英語「prefer」の意味と使い方を徹底解説します!
ネイティブがよく使う英語「prefer」の意味と使い方を徹底解説します!日常英会話でよく使う「prefer」とはどんな意味? 今回はネイティブの日常会話でよく使われる"preferの意味と使い方"を...




子供が玩具で遊ぶ場合の「play」の使い方



例文:

The children played with toys.
(子供達は玩具で遊びました。)



小さい子供の遊び(鬼ごっこ、隠れん坊など)の「play」



例文:

The children played outside.
(子供達は外で遊びました。)

The children played hide and seek.
(子供達は隠れん坊をして遊びました。)


「play」の「遊ぶ」は、子供について話す時に使う単語です。大人や10代の子達は「遊ぶ」という単語を使う場合、様々な表現として使います。

大人が娯楽としての意味で使う場合は、「play」という単語は使わず、具体的な遊び方を使ってその事を表現します。


例えば、大人が「私は土曜日に友達と遊びました」という場合。「I played with my friend on Saturday」というようにはなりません。

「play」は子供の単語で抽象的な表現なので、どうやって遊んだかをはっきり説明していません。もし大人が「play」という単語を使うような場合、他の表現を使って具体的に説明します。


例文:

I went to a bar with my friend.
(私は友達と一緒にバーに行きました。)


I went to a cafe and chatted with my friend.
(私はカフェに行って、友達と話しました。)


I hung out with my friend (at her house).
(私は「彼女の家で」友達と遊びました。)

※「hang out」は「遊ぶ」に近い英語のスラングです。遊び方をはっきり説明しなくてもいいです。「友達と一緒に時間を過ごしたけど、別に何もしなかった」というニュアンスが含まれています。


I spent time with my friend.
(私は友達と一緒に時間を過ごしました。)


そして、私は日本にいて、この言葉が度々耳に入ります・・・「彼は若い時に結構遊んだね」。(笑)

これはハッキリ言うと、どういう意味なのでしょうか?「彼はバーとクラブで飲んだりナンパしたりした?」のでしょうか?「彼はプレーボーイだった?」のでしょうか^^

もしこれらの事を説明したい場合には、英語でも色々な表現、婉曲的なフレーズがありますので、紹介してみたいと思います。


例文:

He used to enjoy partying.
(彼は若いときに「バーやパブ、クラブで」遊ぶのが好きでした。)


He used to be a bit of a ladies’ man…
(彼は若いときに「女の子と」遊びました・・・)



このような違いを使い分けて英語を話すようにすると、外国人やネイティブともっと楽しく英語が話せるようになると思います^^





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。