単語

houseとhomeの違いとは? 英語で「一軒家」は何と言う?

houseとhomeの違いと微妙な使い方の違い・ニュアンスの違いを詳しく解説します!



マリ
マリ
こんにちは。日本の学校で英語教師をしているマリと申します。皆さんは「house」と「home」という一見すると意味が似ていそうな単語の違いについてご存知でしょうか? 今回の記事では「houseとhomeの違い」、ニュアンス、正しいの使い方を紹介したいと思います。


私は英語を教えている生徒からよく意味が似ているが微妙に意味が違う英単語について質問をされる事があります。その中でも、わりと多かったのが「houseとhomeの違いは?」という質問でした。

これらの単語は、一見すると意味が似ていますが、ニュアンスと使い方が違います、そして、ネイティブの日常英会話にもよく出てくる単語なので、正しい意味と使い方を覚えておく必要があると思います。

以上の事から、使い方を間違えても意味自体は通じますが、その英語はネイティブにとってかなり「外国人」っぽく聞こえます。ですから、自分の英語力を磨く為にも、houseとhomeの違い、使い方をしっかりと覚えた方がより綺麗な英語を話せるようになると思います。

それでは、houseとhome違い、使い方、ニュアンスを例文を交えて詳しく解説していきたいと思います。






houseの意味と使い方



house(家)」とは建物の種類です。具体的には「一軒家」という意味になりますが、「テラスハウス」や「タウンハウス」のような「隣の家とくっついている住宅」も「house」と呼びます。

そして、アパートやマンションは「house」とは呼ばれません。つまり「house」とは「具体的な一軒の建物」という意味になります。




ネイティブのhouseの使い方の例文:



My house has three bedrooms.
(私の家には3つの寝室があります。)


There are many beautiful houses in this neighborhood.
(この近所には多くの美しい家があります。)


Why don’t you come to my house on Sunday?
(日曜日に私の家に来ませんか?)


My house was built 100 years ago.
(私の家は100年前に建てられました。)


My brother’s house is very small.
(弟の家はとても狭いです。)




houseに関連する英単語



housework:家事(名詞)

英語: My mother does all the housework.
日本語: (私の母親は全ての家事をしています。)


to move house:引っ越す(動詞)

英語: I am moving house next week.
日本語: (私は来週引っ越す予定です。)


to house ~:~の保管場所となる(動詞)

The Louvre houses the Mona Lisa.
(ルーブル美術館にはモナリザがあります。)



homeの意味と使い方


home」という単語は、自分の「住んでいる所」という意味になります。一軒の家やアパート、マンションは全て「home」の種類です。そして「home」は少し抽象的なコンセプトです。

何故なら「home」は住んでいる建物といった物体だけではなく、家族やペットも「home」という単語にも含まれるからです。

それでは、実際のネイティブの「home」の使い方を例文でみていきましょう。


ネイティブのhomeの使い方の例文:



All children need a good home.
(全ての子供には、良い(幸せな)家庭が必要です。)
※この「home」は「家庭」という意味になります。


I own my own home.
(私にはマイホームがあります。)
※「own home」というフレーズは日本語の「マイホーム」という意味になります。


Welcome to my home.
(私の家へようこそ。)

This house has been my home for 20 years.
(私はこの家に20年間も住んでいます。)


My boss has a beautiful home.
(私の上司はとても美しい住宅に住んでいます。)




この他にもhomeに関連した役に立つフレーズがありますので紹介してきます。

homeに関連するフレーズ



to go home:帰る・家に帰る(動詞)

Let’s go home now.
(もう帰りましょう。)

I need to go home early tonight.
(私は今夜早く家に帰る必要があります。)


to come home:帰ってくる(動詞)

You came home late last night. Where did you go?
(あなたは昨晩遅く帰ってきたんだよね。どこに行っていたの?)


What time will dad come home tonight?
(お父さんは今夜何時頃に帰ってくるの?)




at home:(家で~)

I stayed at home on Sunday.
(私は日曜日に家で過ごしました。)


I am at home now.
(私は今家にいます。)


Make yourself at home.
(どうぞ、楽にしてください。)
※これは決まり文句のようなものですから、フレーズとして使ってください。




homeに関連するその他の英単語


そして、上記で紹介した単語以外にも「home」に関連する単語がありますので、合わせて紹介してみたいと思います。


homework:宿題(名詞)

My son has lots of homework to do.
(私の息子は沢山の宿題があります。)


homesick:ホームシック(名詞)

I felt homesick when I first came to Japan.
(私は初めて日本に来た時、ホームシックを感じました。)




residenceの意味と使い方


皆さんは「residence」という単語を聞いた事がありますか? この単語は「住宅」、「」、「住んでいる場所」という意味になります。

この単語は少しフォーマルな言い方なので日常会話ではあまり使われません。しかし、ビル名に使われたり、法律の用語などで使われる単語です。そして、「residence」には「滞在」という意味もあります。

滞在中」は「in residence」という英語フレーズになります。また、「resident」という名詞は「居住者」という意味になります。


ネイティブのresidenceの使い方の例文:



Please write your name and place of residence on this form.
(この書類にお名前と住んでいる場所を書いてください。)


This house is the former residence of the prince.
(この住宅は王子の旧居です。)


I learnt to speak fluent British English during my residence in London.
(私はロンドン滞在中に流暢なイギリス英語を喋れるようになりました。)


He is not a resident of this apartment block.
(彼はこのマンションの居住者ではありません。)




houseとhomeの違い:まとめ


まとめると、「house」は具体的なビルです。もっと具体的に言うなら、「house」は「一軒家」という意味になります。「home」は自分が住んでいる住宅(一軒家、アパートなど)という意味になりますし、「故郷」、「本国」などの意味にもなります。

そして、「home」は副詞としても使われています。例えば、「go home」(帰る)、「come home」(帰ってくる)などの句動詞で使われる副詞です。

以上、今回はhouseとhomeの違い、使い方を紹介してみました。 英語の勉強に関する質問や英語圏のカルチャーに興味があって、ネイティブに質問したい事があれば、是非当サイトの英語ネイティブのライターにご連絡くださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。