使い分けの違い PR

teacherとinstructorの違いは? 英語で先生や教授,講師は何と言う?

teacherとinstructorの違いは? 英語で先生や教授,講師は何と言う?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

英米で言い方が違う? teacherとinstructorの違いとは? tutorは先生という意味になる?


マリ
マリ
皆さん,こんにちは。今回の記事を担当するマリと申します。今日は私が英語を教えている生徒からよく質問を受ける「teacherとinstructorの違い」について、それぞれの単語の意味とニュアンスの違いについて紹介したいと思います。

実はこの二つの単語の意味は非常によく似ていますが、分野によっては使用する頻度、使い方が異なると思います。

英語で「teacher」という単語は、日本語で「先生」や「教師」という意味になります。そして、「Instructor」という単語は日本語で「教師、講師、指導員、先生」になります。

これらの単語を日本語に翻訳すると意味が微妙に違う事に気がつく方もいらっしゃると思います。それでは、teacherとinstructorの違いを実際の使い方と例文を通して紹介していきたいと思います。





Teacherの意味と正しい使い方


teacherとinstructorの違いは? 英語で先生や教授,講師は何と言う?

英語圏の国の小学校、中学校、高校の教師は必ず「teacher」と呼ばれます。イギリス英語やアメリカ英語、そして、他のどの英語圏の国でもこの単語の使い方は同じになります。

また、他のアクティビティー等を教えている人、例えば、ピアノの先生やギターの先生、ダンスの先生等も「teacher」と呼んでも大丈夫です。

それでは、実際にネイティブのteacherを使った例文を紹介していきます。



teacherの使い方 例文



My daughter is a junior high school teacher.
(私の娘は中学校の教師です。)


I worked as a high school teacher for 20 years.
(私は20年間高校の教師として働いていました。)


My piano teacher is very kind.
(私のピアノの先生はとても優しいです。)


Our dance teacher will retire next month.
(私たちのダンスの先生は来月引退するそうです。)


My English conversation teacher is from New Zealand.
(私の英会話の先生はニュージーランド人です。)



まとめると、「teacher」という単語が使える分野は以下の人達に限られます。


  • 学校の先生
  • ダンスの先生
  • 音楽(楽器)を教える先生
  • 言語を教える先生






Instructorの意味と正しい使い方


teacherとinstructorの違いは? 英語で先生や教授,講師は何と言う?

次の「instructor」という単語は、アメリカの大学で”スタートレベルの教授”をしている人を呼ぶ際に使われている「肩書き」になります。

そして、大学以外にも「専門学校の教師・講師」も場合によってこの言い方が使われます。


大学の先生のキャリアが進んでいくと、「professor」と呼ばれるようになります。しかし、一般的にイギリスの大学は違う言い方を使います。

イギリスの大学では、一般の教師は「lecturer」と呼ばれています。そして、イギリスの大学では、Professorという仕事は、とても高い地位についている人の肩書きという意味になります。


しかし、イギリスの大学でも実用的な分野を教えている先生の場合「instructor」と呼ばれる事もあります。

また、一般的にinstructorという単語は「実用的なアクティビティーを教える人」に対して使われています。

例えば、「dance instructor」というフレーズを使っても大丈夫ですし、「aerobics instructor」という言い方で使っても大丈夫です。

しかし、例外があって、「楽器の演奏を教える先生」の場合は、何故か分かりませんが、「piano instructor」という肩書きにはなりません。

そして、スポーツ関係の先生の場合は、「instructor」か「coach」と呼ばれています。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。



instructorの使い方 例文



I like my dance instructor.
(私は自分のダンスの先生の事が好きです。)


Our aerobics instructor is very strict!
(私たちのエアロビクスの先生はとても厳しいです!)


Our football coach worked in Brazil for ten years.
(私たちのサッカーコーチは10年間ブラジルで働いていました。)


She works as an instructor at a university in the US.
(彼女はアメリカの大学で講師として働いています。)


My friend is a ski instructor.
(私の友達はスキーインストラクターです。)




実はネイティブの私達は「instructor」という単語は滅多に使いません。日常会話では「Teacher」という単語をよく使っています。そして、スポーツの話をする時には「coach」という単語を使う事が多いです。

ですから「Instructor」という単語は日常会話にはあまり出ない気がしますね。Instructorという単語は主に「職種の名前」として使われている事が多いですが、英語圏のネイティブが話す日常会話の中では滅多に使われないと思います。





tutorの意味と使い方


teacherとinstructorの違いは? 英語で先生や教授,講師は何と言う?

もう一つの関連している単語として「tutor」という言葉があります。tutorとは、アメリカ英語で大学の講師という意味になりますが、「instructor」よりもランクの低い先生の事を指します。

そして、tutorという単語には、アメリカ英語とイギリス英語の双方ともに「家庭教師」という意味の使い方もあります。

また、イギリス英語では、「tutor」は「学校の先生」という意味もあります。例えば、「担任の先生」という場合「form tutor」という言い方があります。


tutorの使い方 例文



I work as an English tutor. I go to students’ homes and give them private tuition.
(私は英語の家庭教師です。私は生徒の家に行って個人授業を行います。)


My form tutor is Mr Smith.
(私の担任の先生はスミス先生です。)


If you have any problems at university, go and speak to the tutor in charge of your course.
(大学で問題があれば、自分の講座を担当している先生に相談してください。)





teacherとinstructorの違い:まとめ


まとめると、「teacher」は「学校の先生・教師」というニュアンスを与える単語です。楽器の弾き方を教える先生も「teacher」と呼ばれます。

また「instructor」は主にスポーツなどのアクティビティーを教える教師に対して使う言い方です。そして「tutor」という言い方もありますが、殆どの場合、この単語は「家庭教師」というニュアンスとして使われています。

他にも英語に関する質問があれば、当サイトの英語ネイティブライターに是非質問して下さいね! 必ず質問に答えます!

質問は以下のページのフォームからお願いします!


マスターランゲージに質問してみる

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)