単語

ネイティブがよく使う preferの意味と使い方、I’d preferの意味とは? 

ネイティブがよく使う preferの意味と使い方、I'd preferの意味とは?

日常英会話でよく使う「prefer」の意味とは?



スコット
スコット
皆さん、こんにちは。カナダ人の英語教師のスコットです。今回の記事では、ネイティブの日常会話でよく使うpreferの意味と使い方、関連表現として「I’d preferの意味と使い方」を例文を交えて詳しく紹介してみたいと思います。


この「prefer」という単語はネイティブの日常会話では、とてもよく使われる単語ですが、残念ながら日本の英語の授業ではあまり教えられていません。

以上の事から、ネイティブとの英会話で「preferの使い方」を覚えおくと役に立ちと思いますので、必ず覚えておくべき単語の一つだと思います。

例えば、疑問文の「would you prefer ~?」というフレーズはよく使われますし、「I’d prefer ~」という表現も日常英会話でよく出てきます。

今回の記事では例文を通して「prefer」の様々な使い方を紹介すると共に、preferの関連する「preferable」や「preferably」などの単語の使い方も紹介してみたいと思います。





preferの意味と使い方


ネイティブがよく使う preferの意味と使い方、I'd preferの意味とは?

Preferは動詞で「~よりも~の方が好き」という意味になります。

日本では、中学校2年生の英語の授業の時に「比較表現」を勉強しますが、残念ながら、その際に「prefer」は紹介されていません。

ネイティブの日常会話で「prefer」は多くの場合「prefer ~ to ~」というパターンで使われます。それでは、実際のネイティブのpreferの使い方を例文でみていきましょう。




英語ネイティブのpreferの使い方の例文:



I prefer soccer to baseball.
(私は野球よりサッカーの方が好きです。) ※「prefer~to~」というパターンを覚えましょう!


She prefers watching TV to reading.
(彼女は読書よりテレビを見る事が好きです。)

He prefers Japanese food to Chinese food.
(彼は中華料理より日本食の方が好きです。)




もし、「~の方がずっと好き」というもっと強い表現が言いたい場合、「much」という単語を使います。

ネイティブの「much prefer」の使い方の例文:



I much prefer tea to coffee.
(私はコーヒーよりお茶の方がずっと好きです。)

I much prefer this job to the last one.
(私は前の仕事より今の仕事の方がずっと好きです。)







I’d preferの意味と使い方


この「I’d prefer it if you ~」、「I’d prefer it if you didn’t ~」というパターンも英会話の際にとても役立つと思います。ちなみに「I’d prefer」は「I would prefer」の省略になります。

この2つフレーズは「~して欲しいんですが・・・」、「~しないで欲しいのですが・・」という少し遠まわしなニュアンスになる表現です。

そして「I’d prefer ~」は少し「優しく注意する」という言い方です。また、それ以外にも「自分の考えを主張する」という言い方としても使えます。

この「I’d prefer」という表現はビジネス英語では、よく使われていますので、仕事で英語を使う方はこの言い方をマスターした方が役に立つと思います。


ネイティブがよく使う preferの意味と使い方、I'd preferの意味とは?

ネイティブの「I’d prefer」の使い方の例文:



A:Would you like tea or coffee?
(紅茶かコーヒーか、どちらを飲みたいですか?)

B:I’d prefer juice, if you have some.
(もしあれば、ジュースの方が好きですが。)



A:Would you like a lift home?
(家に送りましょうか?)

B:I’d prefer to walk, actually. I’m trying to do more exercise. Thank you anyway.
(実は、歩いて帰りたいと思っています。私は運動量を増やそうとしているので。でも、ありがとうございます。)



I’d prefer it if you took your shoes off.
(靴を脱いでくれればうれしいんですが・・・)


I’d prefer it if you didn’t sit there.
(あそこに座らないでほしいですよ。)


I’d prefer it if you used black ink, not blue.
(青いインクではなく黒いインクを使ってほしいんですが。)


I would prefer to speak to you alone./I would prefer to speak to you in private.
(私はあなたと2人だけで話したいんですが・・・)






アメリカ英語のpreferの使い方


アメリカ英語では、よく「prefer for 誰々 to~」というフレーズが使われています。

それでは、実際のアメリカ英語での使い方を例文で確認してみましょう。


アメリカ人のpreferの使い方の例文:



My parents would prefer for me to go to college.
(私の親は私に大学に入って欲しいと望んでいます。)

My dad would prefer for me to become a lawyer but I want to be an artist.
(父親は私に弁護士になってほしいと望んでいますが、私はアーティストになりたいです。)




疑問文で使う「prefer」について


「prefer」は肯定文だけではなく、疑問文でよく使われます。最もよく使われているパターンとしては:

  • 「Which do you prefer, A or B?」(あなたはAかBか、どちらの方が好き?)
  • 「Which would you prefer, A or B?」?」(あなたはAかBか、どちらの方がほしい?)
  • 「Would you prefer ○○?」 (○○の方がほしい・好きですか?)


上記のパターンは日常英会話、ビジネス英会話でもよく使われますので必ず覚えた方が良いと思います。


「prefer」の疑問文での使い方の例文



Which do you prefer, soccer or baseball?
(あなたはサッカーか野球のどちらの方が好きですか?)

Which would you prefer, tea or coffee?
(あなた紅茶かコーヒー、どちらを飲みたいですか?)




「Prefer」に関連する英単語


「Prefer」に関連の単語は他にも沢山ありますが、「preferably」という副詞は特によく使われています。

この「Preferably」という単語は「出来れば」や「なるべく」という意味になります。ビジネスシーンでよく出てくる単語ですね。


ネイティブのpreferablyの使い方の例文:



I need this report finished quickly – preferably by the end of the day.
(私はこのレポートを早く終らせて欲しいと思っています。出来れば今日中に終らせて欲しいです。)


I would like to live in England, preferably in London.
(私はイギリスに住みたいです。出来ればロンドンに住みたいです。)




preferの意味と使い方:まとめ


まとめると、「prefer」という動詞は「~の方が好き・ほしい」という意味になります。様々なパターンで使える日常会話で役に立つ英単語です。

そして「prefer」は日常英会話だけではなく、ビジネス英語でもよく使われていますので、ビジネス英語を使う機会が多い英語学習者は必ずpreferの使い方を覚えておいた方が良いと思います。


英会話上達をメインに考えた文法パターントレーニング教材


以上、今回は「prefer」の意味と使い方を紹介してみました。もっと詳しく実際の英会話に役立つ基礎英語の文法パターンを勉強したいという方は、当サイトのライターが制作した「English Reboot(イングリッシュリブート)」というメソッド系の英語教材がお勧めです。

この教材では「中学校レベルの英文法」を12のレッスンでステップバイステップで学習していきます。この教材は、例文が豊富なのでどんな学習方法にも適しています。

リスニング力アップに効果のあるダイアログを使った学習、メソッド系のスピーキングの練習など。この教材ならではの様々な学習法がたっぷり入っていますのでお勧めです! 是非ご覧くださいね!




English Reboot 公式サイト


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。