単語

ネイティブがよく使う英語「prefer」の意味と使い方を徹底解説します!

ネイティブがよく使う英語「prefer」の意味と使い方を徹底解説します!

日常英会話でよく使う「prefer」とはどんな意味?



今回はネイティブの日常会話でよく使われる“preferの意味と使い方”を紹介したいと思います! 「prefer」はネイティブの日常会話でよく使われる単語ですが、実は日本の中学校の英語授業ではあまり教えられていない英単語です。

以上の事からネイティブとの英会話ではpreferの使い方を覚えていくと役に立ちますので、必ず覚えておくべき単語の一つだと思います。

そして、preferの意味だけではなく、使い方や実際の会話上で使う際のパターンも合わせて紹介していきます!










「prefer」の使い方と例文紹介




「Prefer」という単語は「動詞」になります。意味としては「~よりも~の方が好き」という意味になります。

日本では、中学校2年生の英語の授業の時に「比較表現」を勉強しまうが、その際に残念ながら、この「prefer」という単語が紹介されていません。

それでは、例文を通して「prefer」の使い方を覚えていきましょう。



「prefer」の実際の例文:




実際の例文:

I prefer soccer to baseball.
(私は野球よりサッカーの方が好きです。) ※「prefer~to~」というパターンを覚えましょう!


She prefers watching TV to reading.
(彼女は読書よりテレビを見る事が好きです。)



もし、「~の方がずっと好き」というもっと強い表現が言いたい場合、「much」という単語を使います。


実際の例文:

I much prefer tea to coffee.
(私はコーヒーよりお茶の方がずっと好きです。)


「I’d prefer it if you ~」、「I’d prefer it if you didn’t ~」というパターンもとても役に立ちます。

これらのフレーズは「~して欲しいんですけど・・・」や「~しないで欲しいんですけど・・」という少し遠まわしなニュアンスの表現です。


実際の例文:

I’d prefer it if you took your shoes off.
(靴を脱いでくれればうれしいんですが・・・)


I’d prefer it if you didn’t sit there.
(あそこに座らないでほしいですよ。)



アメリカ英語の「prefer」の使い方



アメリカ英語では「prefer for 誰々 to~」というフレーズがよく使われています。

実際の例文:

My parents would prefer for me to go to college.
(私の親は私に大学に入って欲しいと望んでいます。)



そしてこのフレーズもよく使われていますので、あわせて覚えておきましょう!


実際の例文:

I would prefer to speak to you alone./I would prefer to speak to you in private.
(私はあなたと2人だけで話したいんですが・・・)



「Prefer」に関連する用語紹介



「Prefer」関連の単語は他にも沢山ありますが、「preferably」という副詞は特に使われていますね。

この「Preferably」という単語は「出来れば」や「なるべく」という意味になります。ビジネスシーンによく出てくる単語ですね。


実際の例文:

I need this report finished quickly – preferably by the end of the day.
(私はこのレポートを早く終らせて欲しいと思っています。出来れば今日中に終らせて欲しいです。)


I would like to live in England, preferably in London.
(私はイギリスに住みたいです。出来ればロンドンに住みたいです。)



英会話上達をメインに考えた文法パターントレーニング教材



以上、今回は「prefer」の意味と使い方を紹介してみました。もっと詳しく実際の英会話に役立つ基礎英語の文法パターンを勉強したいという方は、当サイトのライターが制作した「English Reboot(イングリッシュリブート)」というメソッド系の英語教材がお勧めです。

この教材では「中学校レベルの英文法」を12のレッスンでステップバイステップで学習していきます。この教材は、例文が豊富なのでどんな学習方法にも適しています。

リスニング力アップに効果のあるダイアログを使った学習、メソッド系のスピーキングの練習など。この教材ならではの様々な学習法がたっぷり入っていますのでお勧めです! 是非ご覧くださいね!




>> English Rebootの公式サイトで詳細をみてみる



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。