単語

「今日中に」,「今週中に」は英語で何と言う? ビジネス英話で役に立つ表現

「今日中に」や「今週中に」は英語で何と言う?

予定を伝える際に使う表現「今日中に」や「今週中に」は英語で何と言うのでしょうか?



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。イギリス人のマリと申します。今回の記事では、予定(スケジュール)を伝える際によく使う表現として「今日中に」,「今週中に」の英語の言い方を紹介したいと思います。


皆さんも日本語の日常会話、ビジネスシーンで「今日中に」や「今週中に」という表現をよく使うと思いますが、この英語の言い方をご存知でしょうか?

実はこれらの表現を英語にすると様々な言い方がありますので、この記事ではネイティブの使い方を例文を交えて詳しく紹介してみたいと思います。

そして、「今日中に」と「今週中に」だけではなく、それに関連する表現として「今月中に」、「今年中に」とった表現の英語の言い方も合わせて紹介してみたいと思います。





「今日中に」,「今週中に」という意味の「by the end of the day/week」


この「by the end of the day/week」という表現は日常会話で最もよく使われている言い方です。この表現はビジネスシーンや、学校の授業中などで使う事が多い表現です。

「by」という単語は「~までに」という意味になり、「the end of the day」は「一日の終わり」という意味になります。「end of the week」は「一週間の終わり」という意味になります。

これらの英単語を組み合わせると「一日(一週間)の終わりまでに」という意味になります。つまり「今日中に・今週中に」というニュアンスを与える英語表現になります。

また、この表現の代わりに「before the end of the day/week」という言い方をする事も出来ます。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


英語で「今日中に」や「今週中に」は何と言う?

ネイティブが「by the end of the day/week」を使う際の例文:



Please hand in this essay by the end of the day.
(このエッセイは今日中に提出してください。)


I need to finish this report by the end of the day.
(私はこのレポートを今日中に済ませる必要があります。)


Please send him this email by the end of the day.
(今日中にこのメールを彼に送ってください。)


We have to pay this invoice by the end of the week.
(私たちはこのインボイスを今週中に支払わないといけません。)


Please finish this spreadsheet by the end of the week.
(このスプレッドシートを今週中に終わらせてください。)


This project must be finished by the end of the week.
(このプロジェクトを今週中に終わらせなければなりません。)




「今日中に」,「今週中に」という意味で使える「today/this week」の使い方


この「today/this week」は「今日中に」,「今週中に」という表現として使いたい場合に、最もシンプルな表現出来る言い方になります。

「今日中に」という言い方は単純に「today」になり「今週中に」も同様に「this week」と言います。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


ネイティブが「today/this week」を使う際の例文:



I want to finish reading this book today.
(私は今日中にこの本を読み終えたいと思います。)


You should hand in that report today.
(あなたはそのレポートを今日中に提出した方がいいよ。)


I want to finish writing this essay today.
(私は今日中にこのエッセイを書き終えたいです。)


The teacher wants the homework finished this week.
(先生は宿題を今週中に済ませて欲しいと思っている。)


The contract must be signed this week.
(契約は今週中にサインしなければなりません。)


I need to schedule a meeting with my boss this week.
(私は今週中に上司と会議を予約しなけらばなりません。)




ビジネス英語でよく使う「今日中に」,「今週中に」という意味になる「before the day/week is out」


この「before the day/week is out」という言い方は上記に紹介した言い方ほどは使われていないと思いますが、英語圏のビジネスシーンの会話ではよく耳にする表現です。

「before」は「~の前」という意味になり、「the day/week is out」は「一日・一週間が終わる」という意味になる表現です。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


ビジネスシーンで「before the day/week is out」を使う際の例文:



My mom says I have to tidy my room before the day is out.
(私の母親は「今日中に部屋を片付けなさい」と言っています。)


I think I’ll be able to finish this project before the day is out.
(私はこのプロジェクトを今日中に済ませようと思います。)


I need to send this letter before the day is out.
(私はこの手紙を今日中に送らなければなりません。)


She needs to apply for college before the week is out.
(彼女は今週中に大学に申し込む必要があります。)


I’m expecting a reply before the week is out.
(私は今日中に返事が来る事を期待しています。)


You need to tidy your desk before the week is out.
(あなたは今週中に机を片付けなければなりません。)




イギリス英語の表現で「今日中に」という意味になる「before close of play」


この「before close of play」という表現はイギリス英語特有の表現になります。元々は、クリケットというイギリスの伝統的なスポーツの専門用語から来ているフレーズです。

そして、この表現はイギリスのビジネスシーンでよく耳にするイディオムです。この表現は必ず「今日中に」という意味になります。「今週中に」という意味としては使えません。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。






イギリス人がビジネスシーンで「before close of play」を使う際の例文:



It would be great if you could finish this document by close of play.
(この書類を今日中に済ませてくれればいいと思います。)

Could you send this letter to my client before close of play?
(この手紙を今日中にお客様に送ってくれますか?)




「今月中に」,「今年中に」は英語で何と言う?


「今月中に」、「今年中に」を英語にするためには、上記で紹介した表現に「day」や「week」の代わりに「month(月)」か「year(年)」という単語を入れ替えるだけで表現する事が出来ます。

つまり、下記の表現になります:

英語で「今月中に」と言う場合の表現

  • by the end of the month
  • before the month is out
  • this month


英語で「今年中に」と言う場合の表現

  • by the end of the year
  • before the year is out
  • this year



まとめ:「今日中に」と「今週中に」の英語表現


まとめると、三つの覚えるべき表現があります。

  1. by the end of the day/week
  2. before the day/week is out
  3. today/this week


以上の三つのフレーズを覚えておくと「今日中に」、「今週中に」を簡単に英語で言えるようになります。これらは日常英会話やビジネスシーンでも使える便利なフレーズなので是非この機会に覚えてみてください^^


こちらのビジネス英語に関する記事もお勧めです:

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。