単語

「どういたしまして」は英語で何と言う? ビジネス上のフォーマルな口語紹介

「どういたしまして」は英語で何と言うのでしょうか?

英語で「どういたしまして」は何と言うのでしょうか?



今回の記事では英語の日常会話をする際に便利で使えるフレーズを紹介していきたいと思います。今日紹介する表現は「どういたしまして」という表現の様々な英語の言い方を紹介していきます。

日本の中学校の英語授業で「どういたしまして」は「you’re welcome」になると教えられていると思います。勿論、この言い方は正しい言い方です。

しかし、日常会話においてはそれ以外に数多くの表現が使われています。また「You’re welcome」は少し「フォーマル」な言い方なので、ここでは会話としてもっと「カジュアル」な言い方を紹介したいと思います。


おすすめ記事:




英語で「どういたしまして」という意味の「You’re welcome」


この言い方は少しフォーマルな言い方です。そして、「してあげた」というニュアンスが含まれている表現です。実は私はこの言い方はあまり使いませんが、この表現を使うネイティブは結構多いです。

それでは実際の使い方を例文を通してみていきましょう!


例文:

A: Thank you for the lovely meal.
 (ごちそうさまでした。美味しい料理を作ってくれてありがとうございました。)

B: You’re welcome. Please come again.
 (どういたしまして。是非また来てくださいね。)
 ※誰かの家で食事をした際のシチュエーション。




フォーマルな「どういたしまして」という言い方の英語表現「My pleasure」


この言い方は「you’re welcome」に最も似ている表現だと思います。そして少しフォーマルな言い方です。また、何かを「してあげた」(料理を作ったなど)際に使うような表現です。


例文:

A: Thank you for helping me choose my wedding dress.
 (私のウェディングドレスを一緒に選びに来てくれてありがとうね!)

B: It was my pleasure. I enjoyed it.
 (いいえ、こちらこそ。とても楽しかったよ。)




カジュアルな「どういたしまして」という英語表現「No problem」


この言い方はカジュアルな言い方で、何か「小さい頼み事」をされた際の返事として使うような表現です。

そして、オーストラリア人(オーストラリア英語)は代わりに「no worries」というフレーズ使います。


例文:

A: Thanks for lending me your pen.
 (ペンを貸してくれてありがとうね。)

B: Oh, no problem. I’ve got loads.
 (いいよ。ペンは一杯あるし。)


A: Thanks for the beer.
 (ビール、ありがとう。)

B: No worries mate!
 (いいよ。)




英語で「どういたしまして」という意味の表現「Don’t mention it」


この言い方は何かをお願いされて「いえいえ。大した事じゃなかったよ!」というようなニュアンスの表現になります。


例文:

A: Thanks for looking after my cat while I was on holiday.
 (旅行中に私の猫の面倒を見てくれてありがとうございました。)

B: Don’t mention it. I love animals!
 (いえいえ。私は動物が大好きだから大した事じゃなかったよ。)




「どういたしまして」という意味の英語表現「Anytime」


この言い方も何か「小さい頼み事」をされた後に返事として使うような表現です。そして相手に「いつでもいいよ」というニュアンスを伝える事が出来る表現です。


例文:

A: Thanks for the lift.
 (送ってくれてありがとう。)

B: Anytime.
 (どういたしまして。いつでもいいよ。)
※「lift」は「車でどこかに送る」という意味になる。


他には、「That’s all right」、「Don’t mention it」、「Sure」などのカジュアルな言い方もあります。


勿論、場合によっては「どういたしまして」のような表現を使わなくても済ませられます。

例えば、英語圏の国では何か買い物する際にレジをしている人と何回も「thank you」か「thanks」を言ったり、言われたりします。

ですが、このような際には「you’re welcome」のような言葉を言わなくても大丈夫です。こういったマナーは日本語(日本において)も同じ事ですね^^





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。