教材レビュー

スポーツを通じて英語を勉強する方法とは? サッカーや野球で英語を勉強する方法

スポーツを通じて英語を勉強する方法とは? 趣味を活かした英語勉強法

好きな趣味やスポーツを通じて英語を勉強する方法を徹底解説します!


マリ
マリ
今回の記事を担当するマリと申します。今日はスポーツに興味がある英語学習者の為に「スポーツで英語を勉強する方法」を紹介してみたいと思います。


英語上達させる為には学習モチベーションを維持するために「英語の勉強を面白くする」という事がとても重要だと思います。英語力をアップさせるためには、とにかく「定期的に英語に触れて勉強し続ける」という事が最も大切なカギだと思います。

しかし、英語を勉強する際に学習の仕方が退屈でつまらないと感じてしまうと、英語を諦めたくなる人は多いと思います。そのため、自分にとって面白く興味のある勉強法・勉強プランを作る必要があると思います。

例えば、音楽に興味を持っている人は、英語の音楽を通じて英単語や文法、イディオムなどを覚えられます。また、映画が好きな人は英語圏の映画(ハリウッド映画)通じて、英会話を勉強した方がよいと思います。

そして、ファッションに興味を持っている人はファッション雑誌やファッションに関する映画を通じて英語を勉強できるでしょう。結局、どのような趣味があっても、その趣味を活かして英語を勉強する方法があると思います。

そして、今回紹介する「スポーツ」はかなり広いテーマです。その中でも今回は最も人気のあるスポーツ中心に取り上げて、個別の勉強法を紹介していきたいと思います。それでは、スポーツを通じて英語を勉強するにはどんな方法があるのでしょうか?





サッカーを通じて英語を勉強する方法とは?


サッカーを通じて英語を勉強する方法とは?

サッカーは世界でとても人気があるスポーツの一つです。しかし、サッカーと言えば「イギリス」のプレミアリーグは有名です。そのため、イギリス英語で書かれたサッカーに関する英語教材は多いです。

以上の事から、サッカーに興味がある英語学習者の方には色々な勉強法があります。まずはリスニング力をアップさせる勉強法を紹介してみたいと思います。


サッカーを通じてリスニング力をアップさせる方法


サッカーファンの学習者の方はサッカーを通してリスニングを鍛える方法がいくつかあります。例えば、サッカーのライブ試合のコメンテーターや、サッカーのポッドキャスト、サッカーに関するユーチューブビデオ、などのメディアは多いです。

特にライブ試合のコメンテーターが話す英語は最も自然な英語になると思います。試合中にコメンテーターは、かなりアドリブしながら話していますので、自然なリアクションやコメントがたくさん出てきます。

これは英語学習者にとっては、最も聞き取りにくいリスニングになると思います。しかし、コメンテーターの話は試合中の選手の動きに合っているはずなので、文脈で話の意味を理解できるはずだと思います。

プレミアリーグの試合を見るためには、DAZNというサービスはお勧めです。この動画サービスを使えば全てのプレミアリーグ試合を生放送で観ることが出来ますので、英語の勉強を楽しくできるはずです!

サッカーに関する英語ポッドキャストもいくつかありますし、これらは海外でとても人気があります。ポッドキャストの良い点はライブ(生放送)ではありませんので、もしわからない部分があっても、後で何回も繰り返して聞く事が出来ます。

そのため、初めて聞く際に聞き取れなかった場合、もう一度その箇所に戻って聞きなおしする事が出来ます。この繰り返すという学習法は英語のリスニング力アップにとても良い効果をもたらします。



ユーチューブにはサッカーに関する動画やチャンネルはいくつかあります。多くの場合、そういったチャンネルはファンの人達によって作られていますし、アマチュアっぽい感じなのですが、それぞれのサッカーチームは自分のユーチューブチャンネルもあります。

自分が好きな興味のあるチームのユーチューブチャンネルを探して動画を見た方がよいと思います。そうする事によって、選手や監督のインタビュー、試合のハイライト、プレイのディスカッションなど英語で聞く事ができます。


サッカーを通してリーディング力をアップさせる方法


英語のリーディング力が弱点という方であれば、サッカーを通じてリーディング力をアップさせるという事も可能です。イギリスの新聞には必ず、サッカーの試合のレポート記事がありますし、選手のインタビュー、ライターの意見などが非常に多く掲載されています。

サッカーに関するニュース新聞記事を読んで新しいボキャブラリーや、イディオムを勉強する事はとても面白いと思います。中級者や上級者レベルを目指している人は、イギリスのDaily Telegraphや、The Guardianはお勧めです。

その2つの新聞は無料でウェブサイトから読む事が出来ますし、書かれた記事のライティングの質もとても良いです。もう少し簡単な英語の文章を読みたいという方は、The Mirror 、The Daily Mail等のオンライン新聞の方が記事のレベルは簡単です。

本当の英語初心者には新聞記事のリーディングは難しいかもしれません。そういった際に日本人の英語学習者向けの教材はお勧め出来ます。教材を使えばもう少し簡単な例文を通してサッカー用語や英語の文法を覚える事が出来ます。



created by Rinker
¥1,400
(2020/12/02 09:51:40時点 Amazon調べ-詳細)








野球を通して英語を勉強できる方法


野球を通じて英語を勉強する方法とは?
日本では、年代にもよりますが、サッカーよりも野球の方が好きという方も多いと思います。野球というスポーツは日本では歴史が長いと思いますのでファンも多いですね。以上の事もあり、日本では野球ファン向けの英語教材も多いです。

しかし、自然な英語を勉強したいなら、ネイティブのメディアを使う事をお勧めします。サッカーと違って、野球はヨーロッパでは全く人気がありません。野球の本場といえば、アメリカですね。そのため、殆どの野球に関するメディアはアメリカから来ています。


野球を通じてリスニング力をアップさせる方法


サッカーと同じようにポッドキャストは特にリスニング力を鍛える練習に良いと思います。ポッドキャストを通じて野球選手や野球専門家の意見などを聞く事ができます。

ポッドキャストの良い点はミュージックプレイヤーに入れておけば、いつでも何処でもリスニング出来る事です。

そして、ライブではないので、何度も簡単に繰り返してポッドキャストを聞くという学習効果の高いやり方も実践できます。以下にお勧めの野球に関するポッドキャストを紹介します。




野球を通じてリーディング力をアップさせる方法


野球も世界ではサッカーと同様にとても人気のあるスポーツなので、野球に関する新聞記事や雑誌は数多くあります。そのために、野球ファンの英語学習者は色々な情報資源を教材として使えます。

アメリカの各有名新聞は、MLBの試合のレポートを必ず書いていますので、好きな野球チームのレポートを使い、それをリーディング教材として使えます。

この「MLB.com(The Official Site of Major League Baseball)」というウェブサイトを使えば、アメリカのMLBに関する様々なニュースを読む事が出来ます。

全てのMLBのチーム情報はこのサイトに掲載されていますので、好きなチームの情報を簡単にピックアップする事ができます。

そして、以下の教材も野球で英語を勉強する際にお勧めです。この教材を使えば、野球に関する用語やイディオム、役に立つフレーズを勉強する事ができます。

全て日本人の英語学習者向けに作られた教材なので、英語初心者であっても理解出来て、とても役に立つ教材だと思います。


created by Rinker
¥1,862
(2020/12/02 09:51:41時点 Amazon調べ-詳細)






他のスポーツを通じて英語を勉強する方法


ゴルフを通じて英語を勉強する方法とは?
上記では、サッカーと野球という二つのメジャーなスポーツを通じて英語を勉強できるアイディアを紹介してみましたが、実はこれ以外にも、どんなスポーツや趣味であっても、その好きな事を通じて英語を勉強する事は可能です。

英語の情報資源や、英語メディアを使えば、英語ネイティブと同じように趣味を楽しみながら英語の表現、フレーズ、イディオム、ボキャブラリーを自然に吸収する事が出来ます。

自分の最終目標にもよりますが、「英会話が出来るようになる」という事が最終的な目標であれば、「リスニングの量を増やす」という勉強法が最もキーポイントになると思います。

以上の事から、ネイティブと英会話が楽しめるようになりたいという目標がある方は、どのようなスポーツや趣味であっても、リスニングの量をとにかく増やす方法を探す必要があります。

そういった際に私が特にお勧めする方法としては、ライブで試合をみる方法、ポッドキャスト、ユーチューブのビデオを使った方法をお勧めします。ボキャブラリーを増やすには、新聞や雑誌の記事を読む事をお勧めします。

英語ネイティブ向けのメディアは日本人の英語学習者(特に初心者~初中級者)には少し難しい場合がありますので、英語レベルがまだ低い人であれば、基礎的な文法とボキャブラリーから勉強し始めた方がよいと思います。

そんな際にお勧め出来る教材が「English Reboot」という会話メソッド系の教材です。この教材を使えば、中学校レベルの英語文法をメソッドを使って復習しながら勉強できます。

その教材を全て勉強し終えた後に英語ネイティブ向けのスポーツのメディアを使って勉強していくという方法でもオッケーだと思います。

それでは、以上になりますが、英語に関する質問があれば当サイトの英語ネイティブライターに是非質問して下さいね^^。 必ず質問に答えます!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。